2017/08/21

松山千春のおしゃれなミニコンサート




千歳空港で、大阪行きのANAの飛行機が、
出発前に、とまどった。

よくあることだが、

乗客はいらいらしだした。

乗客が、必要以上に、いらいらして、暴れ出すと、二重の混乱になる。


一人の男が、
すっくとたって、CAと交渉して、
機長から、許可をとりつけた。

CAのよく使うマイクをもってして、
なだめる挨拶から、

唄のプレゼントをしたそうな。

まさに、大空に飛びたてない大地の不穏な空気の中で、

いちじんの風をふきとばした。
乗客から、
やんやの喝采がおきて、
無事に大阪にとびたち、到着したそうです。


( ◆ ちなみに、、
この行動に対して、水道橋博士がテレビ番組で、「では、芸能人はみんな一芸を披露しないといけないのか」と、反論したらしいが、
的が外れ過ぎて、
論議にもならない、

だれも、期待してないし、芸人や芸能人のみんなに期待もしていない。
水道橋博士さん、

それ、やっかみですか?理屈っぽく過ぎて、あんたには何も期待しません。)



大空と大地の中で

作曲:松山千春
作詞:松山千春


果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か 幸せを
自分の腕でつかむよう

歩き出そう 明日の日に
ふり返るには まだ若い
ふきすさぶ 北風に
とばされぬよう とばぬよう

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう
自分の腕でつかむよう
2017/08/21

唄はいい





うたをうたってみよう


表情は、どうでもいいや。

いや、

唄わなくてもいい。

脳科学者の中野信子も、金髪のかつらでいって、独りカラオケをする。
たまには、ぶっちゃけたいらしい、情熱大陸でやっていたーユーチューブにある


カラオケでなくてもいい、
ギターでも、
アカペラでも、

大絶叫だけでもいい、
般若心経でもいい、

自分らしくあればいい。
誰が認めなくてもいい。


2017/08/20

割り箸ペン画  錦帯橋




鵜飼船    いってみたいな   錦帯橋
2017/08/20

ラフスケッチが好きだ





幽霊船では、ない
2017/08/20

課題があるね




メダルが、
少なかったのは、何か、


課題があると思います。
2017/08/20

広陵の中村は、その価値がすでに5本を超えている




大会で、4本なのか、5本なのか、
本塁打は本数ではないだろうと思う



本塁打の価値は、

どんな場面で、どう打ったか、
勝利の局面で、どう影響があったか
どれほど、チームの士気にかかわったか

などである。

従って、

広陵の中村の本塁打は、その価値が極めて高い。