FC2ブログ
2018/12/10

日本の速攻や忍者プレイでは、敵わないのか



熊本で開催された。

女子ハンドボール
決勝
日本 25=30 韓国

前半は、速攻やスカイぷれーなどで、1点リードしたが、

後半になり、
逆転リードされ、7連続得点され、、大幅に圧倒された。

終盤になり、
日本が、5連続得点をして
くらいついたが、時すでに遅しだった。

韓国は、
体格とパワーに勝り、

大会を連覇して優勝した。


日本は、連続準優勝だった。
壁は高かった。

2018/12/09

紀平梨花、最初こけるも、立て直すブレない復元力






優勝すること、
金メダルをとること、
勝つ事、
には、其れだけの必然がある。
16歳で初出場で、初優勝、、
ロシアの国民も魅了した。

まるで、スカートをはいた羽生結弦だ
と言わしめた。


のびしろいっぱい



ザギトワ、2位
足、怪我ーテレビのケーブルでひっかけて負傷。
〜どれほどのものか?分からないが、言い訳だ。
紀平と同じ16歳、口惜しさを表していた、捲土重来を期しているでしょう。
終生のライバルになるでしょう。


宮原知子6位
メンタルが課題?

今更ジロー、ノーミスの代名詞はどこに行った。
2018/12/09

注射を打って強くなる高校駅伝チーム




高校駅伝の強豪校における


鉄剤注射は、如何なものか????



スポーツ界のドーピングと、おんなじゃあないですか?

勝てば官軍負ければ賊軍ですか?
2018/12/09

紀平梨花 、ザキトワ抑えて初優勝、真央以来




16歳で、
シニアになり、初の快挙。

ジャンプだけでなく、表現力、芸術性高く、
音楽に関しての感性が素晴らしい。
筋肉の疲れ具合で、ストレッチ、睡眠時間など細かに配慮する。

ザキトワに、高得点差つける

紀平梨花〜233.12点
ザキトワ〜226.53点

2人の得点差〜6.59点
2018/12/08

「 みちのくひとり旅」は、、山本譲二の旅そのものだった




山口県出身の、

田舎の野球少年だった。


若き頃、夜汽車に乗って、東京をめざす、


歌手を目指すが、さっぱり、

酒に溺れる日が続く、、

身体を壊して、

田舎に帰る、


父親と医者から見放される。

でも、
母は、近くの漢方薬を、求めて歩く、

山本は服用して、なんと2日後から、快復に向かう。


それから、
懲りずにまた、夜汽車に乗り、都に向かう。


ギター弾いて歌うという[流し]の仕事を、
なんとかもらい、

その流しを続ける。


すると声をかけてきた人がいた。
「歌手になってみないか?」

という、
「はい。」
願っても無い誘いだった。
その声の主は、

浜圭介という作曲家だった。


翌日に、浜圭介邸にいった、
玄関で迎えてくれた人は、
奥村チヨだった。

はいっていくと、

歌ができてるよと、浜圭介先生が言ってくれて、歌手の修行が、、、
スタートした。

だけど、
鳴かず飛ばずで、数ヶ年。


行き着くところがなくなった
山本譲二は、、

決心して、、、
北島三郎氏のところに、
通い始める、、、


その後、

運命的に、かの名曲(みちのくひとり旅)
という楽曲に出逢う。
、、、、、、、、、

山本譲二の話は面白いねえ。笑いと涙が同時に出てくる。
もう数年で、
七十歳になるそうだ。

2018/12/08

横綱の張り手は暴行である。




白鵬は、、毎回、暴行しているのとおんなじだ。


立会いでずらす、
誤魔化す、
立会いで何と変化、


張り手、カチ上げ、くり返し、、


態度が横着、

相手を舐めきっている、


勝負が終わって、ダメ押し。


正々堂々ではない、
見苦しい、
横綱としてのプライドがない。


横綱相撲が取れない。

もう、横綱取り消し、引退勧告の処分じゃないの?