2017/03/25

へそを隠しなさい、雷様にとられるよ



はい、隠しますが、強いスパイク打てません。


======================


少し、調べてみました

身を低くすることで雷を回避できるという理由


かがんだり、伏せたりしてヘソを守るポーズは高い所に落ちる雷から身を守ることができる


雷は
木のてっぺんなどの高い所によく落ちるから、雷が鳴っている時は体勢を低くして移動、あるいは地面に伏せていれば大丈夫、というのを昔の人は経験的に知っていたのです


雷さまがへそを取る理由として、
姿勢を高くしていると雷に撃たれやすく、身を伏せている(へそを隠した状態)と安全だったので、雷さまは人間のへそを取って殺すのではないかと考えられていたからだという説があります。



ヘソを隠すときは
姿勢が前かがみになり、頭の位置が低くなります。雷はより高いところに落ちる性質がありますから、ヘソを隠せば、雷に打たれる確率が減るんです



人はへそを隠すとき、
へそを下に向けると思います。へそを下を向けた姿勢が雷から身を守るのに都合がいいとされて言い伝えられたとも言います。この理屈ならヘソを隠せじゃなくても「雷が鳴ったら靴ヒモを結べ」でもよかったわけです。



「雷臍を取るといふ事。
雷の臍をとるといひて、小児などを警(いまし)むるは、雷震のときは俯伏(うつぶせ)するものは死せず、仰仆(あおむけ)するものはかならず死するによってなり」とある


江戸時代後期の儒学者で
詩人の管茶山の『筆のすさび』(1857年)という随筆書の中にこう書かれているそうです。この一節を参考にすると、あおむけの方だけ死ぬというのは納得いかない・・・?


子供にお腹を冷やさせないようにする教育上の理由があった


雷雨で急に気温が下がり、
お腹を出していた子供がお腹を冷やさないように言い聞かせたらしい

「雷がへそを取る」 という言葉はもともと、
雷がなって夕立がくると急に気温が下がり、お腹を冷やすおそれがあるので、裸でいる子供に着物を着せたことからおこった言葉

=================



わかったような、わからないような、
でした。

雷のようなスパイクや、スマッシュや決め業を出すときは、

へそを出していいという特例があってもいいかな?
引退会見、
お疲れ様。

功労賞をもらって、良かったね、いつか、コートに帰ってきてください。


2017/03/24

241mも飛ぶスーパーマン




高梨と伊藤の争いなんか、数メートル差のみみっちいもんじゃい。



レジェンド葛西紀明さまは、241メートルも、

飛んでいるんだ、

スーパーマン以上じゃないか。
2017/03/24

久保、天才か、 原口、大迫、綺羅星の如く




久保は、
日本サッカー界の、救世主になれるのかもしれない。

香川から酒井宏樹の右の高い位置に入れて、
スルーパスを久保裕也に、出した、
久保裕也ワンチャンスを、
いきなり、右一閃、角度がない処から、1点決めた。

動きがきれきれっで、
攻守ともに回転しまくり、無駄なものがない、
一見、小柄に見えるが、178センチはある選手だ、動きが軽快だ、牛若丸だ。


2点目は、

右の方から、
左にワンタッチツータッチで、正確なクロスを上げて、今野に合わせた。

今野は、
久しぶりだが、ベテラン宜しく、体幹が以前より安定していて、堂々としたプレイで、正確な胸トラップで落とし、足で合わせたシュートを決めた。

久保は、長友を即座にカバーして、
左に回り、クロスを上げるという、縦横無尽な動きも見せて、アタックもデフェンスもがんがん向かっていた、
俗にいう、アタックだけで前に居て下がってこない従来型のフォワードとはわけが違うレベルだった。

良さの核は、
強靭な体幹の強さだとみた。
もう夜中だったので、
久保の1点と動きだけで、ビデオ録画をセットして、安心して寝た、朝からの国会中継などで、視聴力が疲れ切っていた。



前線は、
原口元気もいるし、大迫もいるし、香川もいる、

綺羅星の如く、居並ぶ新星たちだった。


中でも、久保は、確実に点数に結び付けて決めるところは、ため息が多かった男子サッカー界においての、今後の救世主になりうるだろう。

敵地における2点は珠玉の大活躍だった。
2017/03/23

天然で、、、いいね😊







試合前は、

膝サポは、足首くるぶしに、

肘サポは、手首に、
おろしているから、、、、しまっていないようで、より大きく見えています。

サオリンは、185センチだから、こうみると、200センチ超ですね。


それでもって、エースで、キャプテンで、天然でした。


だから、
いいね。

2017/03/23

嘘の戦争かな???





国会中継

質問する議員は、特に与党方は、テレビマスコミ等を気にしながら、

していた、
何が狙いなのでしょう。

籠池さんの答弁は、にわかに、信じがたい物語だった。



権謀術数
といいたいが、

何か、全てのレベルが低いような感じがする。


嘘の戦争、

嘘 対 詐欺 対 権力 対 威嚇 対 裏切り 対 不正不公平アンフェア、、、

途中でねてしまった。


WBCは、全勢力をもって、アメリカがプエルトリコを封じ込めたね、
圧巻でした、
当然、全員がバリバリのメジャーリーガーというのは、ハイレベルだし、
投手は、打たれりゃ、即交代だった。

今後の4年後は、
日本も、メジャー組を総動員して、本当の全日本軍を作らないと、世界のレベルについていけないだろう、



高校野球は、

秀岳館高校が、圧巻だったが、
熊本県出身選手は、わずか1名というのは、やはり気になる、、、のは私だけか???



スポーツの
権謀術数のほうが面白い。

証人喚問は、小人(しょうにん)関門(カモ―ン)だった。
2017/03/23

筋肉ぶち切る背筋力




サオリンさまが、
全日本で、まだ12番をつけているころ、若いころですね。

おへそ出すの気にせず、打ちまくっていました。

これだけ、
後ろに仰け反って、アタックするんですね。

その昔、

横山樹里さんという、パワーアタッカーは、ジャンプして、アタックをするときに、
自分の背筋力があまりにも、
強いものだから、

背中の筋肉を切って、故障しました、

それだけ、
全日本級は凄いのです。