2017/10/05

こんな、素早い





廻し蹴り、

みたこたあ、ありません。

2017/09/23

セピアとは、イカ墨



セピアとは、
イカ墨のことでした。
あの黒色を、顔料として使っていたんですね。

======================

セピア(sepia)とは、
イカ墨のこと。

ギリシア、スペインやイタリアなど一部の国ではコウイカそのものをも指す。

耐光性・耐水性のあるイカ墨由来のインクが、
漬けペン用として長く使われておりその色味についてセピア色と呼ばれていた。

その後、イカ墨インクは粒子の粗さゆえに万年筆を詰まらせる事もあり消えていったが、

初期の白黒写真の経年劣化が鶏卵紙由来の黄ばみと画像の退色が進むものでその色味がセピア色であった。

それゆえに古写真由来の懐古的な事を示すイメージ色としてセピア色が定着した。
2017/09/21

波がある





時々、数枚も描きたくなる、


ときおり、なあんもかきたくないときがある、


コンスタントに出来ない、、、、それでもいいか。


感情の波にまかせて、筆が動く、、、、、かつてのゴッホたちもそうだっただろう。比較するには足元にも及ばないが。
2017/09/13

蛍火にうかぶ乳首がみえることって、何か問題?





尾野真千子は、もともと大胆である、
性格と人格なのだろう、高校生のときから、デビューしてきた。


普通の日本人の女優やタレントなら、
しない演技、
ヌードシーン、とりわけ、乳首などが見えるシーンに、どたばた大騒ぎする、
ネットが、
先にばたばたしながら、SNSなどで、流言飛語のように飛び交い、
何の責任もない、うわさが闊歩し始める。

リベンジポルノなどの土壌育成とおんなじである。

テレビや映画などの持つ芸術性や、追求したいテーマってなんなのかな?

時々思う。
脚本家や監督は何の作品をもって、訴えたいのかなと感じます。


昨日、9月12日深夜
放映された「うちのがやがすみません」で、ゲスト出演した
水原希子さんが、
言っていました。

ちっちゃなことなんか気にしない、へっちゃら、、、


モデルなんで、バックステージで着替えるんで、
乳首がみえることなんか、おしゃれのひとつと考えています。
世間の人がおどろくとか考えていない。

と述べていました。
彼女は父アメリカ人と母韓国人のハーフですが、
ふつうの日本人の狭い枠組みを、はずれているほど、スケールがでかい。
別に〇〇人などの出身や国籍などはどうでもいいが、日本人そのものが、スケールが小さいのではと何度も想う、
最近の不倫騒ぎなども、そのうちの一つである。

なにがおかしいのだろうと感じる。


今や日本では、
テレビではある種の規制などがあり、悪い意味でかたくなり、芸術性や文化性やリアル性などの追求をどこかにやっている。
2017/09/12

大汗かいたろう




大汗かいたろう

母の口癖を、ようやくいう齢になりましたね。


長澤まさみさん、

色っぽく、大人っぽくなりましたね。

しゃべくりで、しゃべりたおしていました。

ミュージカル・キャバレーも素晴らしかったらしいし、

いつか、
テレビで、
弾き語りをしてくれましたね。
ドラマ「若者たち 2014」でした。
(やらせでも、何でもなく、本人がギター弾いて、唄っていました。哀しいラブソングでした。)

この
「ステイ(アイミスユー)」リサ・ローブも、とってもじ~んときましたね。
聴いている満島ひかりが、本気で泣いていました。