FC2ブログ
2018/10/16

南野3試合連続、大迫半端ないゴール、堂安初、南野2点目ー合計4ー3ウルグアイ




世界ランキング5位の
ウルグアイに勝てたら、、ホンモノだ

前半ー10分
中島から縦パスを受けて、南野ゴール(3試合連続)
日本1ー0ウルグアイ

ウルグアイゴール
日本1ー1ウルグアイ


前半ー36分、大迫ゴール

日本2ー1 ウルグアイ


今、前半43分

日本 2ー1 ウルグアイ

ーーーーーーーー

後半はウルグアイは、いきなり、レアルマドリードのメンバーを投入してきた。

怒濤のように攻めてきた。遠くあの日の、日本海海戦のように世界のバルチック艦隊から、一斉砲撃の艦砲射撃が続いた。
何本も大きいみずばしらがたった。

(後半もかいていたが、
編修できずにねていた。)



とにかく、
最後の結果はランキング5位に勝った、、

奇跡だ。
それほど凄い。

艦砲射撃の大きな大砲のひとつ、
あの勇者カバーニは、コンドルのように悠然と日本ゴール近くをまっていた、不気味だった。
反撃は、そのカバーニの位置と粘りで押し込んだ。
日本2--2ウルグアイ
動転の喉元に食らい付かれた。


ところが、
その大きなコンドルに対して、動きの速い零戦のようにヤタガラスは、飛び回った。
動きが速い、ターンが小気味良い、小さい日本人は切り返しがはやい。ノートラップで、ワンタッチで繋いでゆく。身体がウルグアイの方向にむいていく。

今日のやたがらすは飛び廻り方が違う。
ジャイアントきリング
右から攻め上がり、二十歳の堂安が、酒井とワンツーで抜き上がり、左足で強烈なシュートをぶちこんだ。
日本3--2ウルグアイ
再びみたび、1点差をつけた。

中島が、マシンがんのようにシュートを撃ちまくった。
ウルグアイの艦砲射撃に対抗して、みんながシュートをたたきこむ。

ベテラン長友は、相手のバカにしたコンタクトプレイに、スーパーさいやじんの闘いでディフェンスする、倒れない。


焦るウルグアイを、
おいてけぼりにして、またも攻め上がり、堂安が中央から、シュート。
こぼれ球を、ちゃんと詰めていた南野がシュート。決まった。
日本4--2ウルグアイ

またもや、2点差。
最終は、ウルグアイが3点目を追い上げて、


日本が、辛くも逃げ切った。。。


凄いなあ、ジャパン。
ヤタガラスが、、、ジャイアントキリングをやってのけた。
2018/10/13

つええー、ソフトバンク、初回で決まりか



パ・リーグファーストステージ
(ヤフオク!ドーム)

ソフトバンク 対 日ハム

1回表
ミランダから、、日ハムの安打製造の近藤が先制ホームラン。

1回うら
日ハムのエース上沢から、上林2塁打、明石四球、中村ラインぎわでぼてぼてヒットでノーアウト満塁、柳田右にタイムリーで1点。
なおも続く満塁で、デスパイネがライトスタンドに、満塁ホームランで、大観衆大喜びの一挙合計5点で圧倒。
日ハム1ー5ソフトバンク

これで、きょうは決まりだと思う。
2018/10/05

大坂なおみ、フルセット死闘の末、ベスト4 / 世界ランキングは4位





大坂なおみ、中国オープンで、4強をもぎとった。


中国の強豪を、
2時間半超過の、3ー6、6ー4、7ー5のフルセット死闘の末、逆転で打ち勝った。
この逆転勝ちは、さらに自信をつけるだろう。

なぜなら、相手が中国選手で完全アウエーであり、プレッシャーが半端なかった。
途中で泣いたり、ベイジンコーチから、アドバイスをもらった。
喜怒哀楽ありながら、波を乗り越えていくことは素晴らしい選手である。



8日の世界ランキング発表で、
4位になる予定だ。
2018/10/04

女子バレーセッター一番手は、誰か?







てっきり、
セッターは、宮下遥だと思っていました、が、しかし、

他のセッターを複数使っていますね。


宮下遥は、
故障か?
他国から研究されているから、外したのか?

実力で外したのか?

セッター上がりの中田久美監督のお考えなのでしょう。

宮下遥の長所と短所を踏まえて、全日本を外しているみたいだ。厳しいねえ。


しばらく様子見かな?


2018/10/04

原辰徳第三次政権でいいのか




やはり、また原辰徳氏に頼るしかないのか⁉️

保守的な巨人、

哀しいかな巨人軍は与党だから、

安倍一強ならぬ安倍第三次政権ごときにあやかろうとした。

原第三次政権になるのか、
期待した松井秀喜は、コーチには入るのか、どうなのか?

首脳陣一新体制が必要だろうし、
巨人の中の新しい輸血の血液交換も必要だろう。もう、古い旧態依然とした巨人主義からの脱却が、肝心。

風通しのいい球団にする必要がある。

それならば、あらためて、
原辰徳氏で良かったのかということになる。

原辰徳氏が、今の所、最善となれば、同時に、次期監督候補を育成しながらというおまけがつくだろう。



🔷何れにしても、
巨人監督の課題は、「常勝巨人軍」であることの宿命を負っている事には、変わりはない。

でも、昔の強かった巨人軍に戻るのではなく、
広島や、ソフトバンクや西武などを凌駕する攻撃力、守備力、投手力、機動力、逆転力などなどが必要となることが必至の課題となる。

つまり、新巨人軍の建設、革命である。

スローガンの言葉を持ってくると、拘りすぎて、看板倒れになるので、
要は、革命である。


それしかないし、今の巨人の容体は、相当な重症である。癌でいえば、ステージ4である。
新しい免疫療法などで、命が回復するか?



⭐️それならば、
しつこくいうが、
松井秀喜新監督の方が、お客やファンは帰ってくるだろう。