2018/06/10

サッカーのサポーターの狂乱ぶりがわからない。




日本サッカー男子のサポーターたちの

気持ち・情熱もわからんではないが、

眼の前の日本イレブンの実力を受け入れて、


こっぴどく批判しまくる、
選手を殺しまくるような不適切発言は、暴行罪に等しい。


★、まあ、
想い出すことに、南米の国だったかな?
A級戦犯になった選手が、母国に帰って、凶弾に倒れたことがあった。

昔から、
サッカーの勝ち負けで戦争を起きてきた歴史もあるが、あくまでも、スポーツなので、
狂乱ぶり狂騒ぶりは、それ以上ゆきすぎたら、

日大のアメフト部の間違った指導者と反則タックルと同じだということだ。


2018/06/09

おかしなこと???




①テリー伊藤が、
テレビタックルに出場していた、日大の危険タックルの問題に対して、
いけしゃーしゃーなことは言っていたが、日大卒だとか日大OBという立場での物言いがなかった。おかしいね。逃げだね。???
「昔から、巨人の星とかあって、日本人はスポ根が好きで、スパルタが好き」という発言があった。また、「スポーツ庁に、日大が呼び出されて、3人頭下げていたけど、ああいうのがおかしいのであって、大学内の自治でやれるんだから、やってしまえ。と言っている。」という発言に関しては、
これはテリー伊藤は、まったく頭がおかしいね。大学自治内でやれない大変な問題になっているから、おおごとになっているのであって、矛盾しているのである。チグハグ、でこぼこ、あんぽんたんというしかないね、テリー。内田監督と同レベルがもっと酷いのかもしれません。
最後まで観ていたが、終始一貫、日大の悪質指導の是非を問わず、どうでもいい評論をしているだけで、日大OBという立場の発言も無かったし、責任感は全くなかった。大物ビートたけしや野村さんに忖度しながら、ぺこぺこしていた。テレビ界から、テリー伊藤を追放せよ。




②栄氏が、
レスリング指導者で、職場復帰と出てきたが、おかしいのではないですかね?伊調パワハラ問題は全面解決したのかい???
永久追放ではなかったのか?


③再び、日大のこと、日大理事長~我関せずの態度。相撲取り?滅茶苦茶な相撲取りと滅茶苦茶なアメフトはよく似ていますね。
しかも、この日大理事長は、反社会勢力の寫眞があり、恐るべき背景がある。


2018/06/03

すべる外人(げいにん)芸人コンビ・マギーとゲレーロ 「キマグレ―ロ」





「キマグレ―ロ」の特長
4タコが多い、
時々、打つ、
想い出したようにホームラン、
期待した時には、ほとんど失敗、
勝ち負けがかかったときには、必ずすべる
お金だけはとても高い
もうすぐサヨナラだろう。
早出特打ちを数少なくするが、長続きしないので、またもとに戻る。
巨人不調の原因はこれだ。

◆==============

きまぐれの意味)

き まぐれ [0] 【気紛▽れ】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ

気が変わりやすいこと。その時々の気分や思いつきで物事を行うこと。また,そのようなさまや,そういう人。 「 -な男」 「いちじの-」

(自然現象などが)その時々で変わりやすく,なかなか予測できない・こと(さま)。 「 -な天気」

「気紛れ」に似た言葉

突然の欲望 ー衝迫 ・心のはずみ ・ 衝動 ・ 気まぐれ ・ でき心 ・ 出来心
突然の予測できない変化を招きやすいー 気まぐれ
奇妙な、想像力に富む、または気まぐれなアイデアー 物好き ・ 酔狂 ・ 移り気 ・ 気まぐれ ・ 粋狂


★ すべる外人より、すべらない外人助っ人がほしい。
ジャッジと、スタントンと、トラウトを引っ張ってくれば、優勝できるかもしれない。

1番トラウト
2番ジャッジ
3番スタントン
4番岡本
5番坂本

で行こうか。
2018/05/31

雨にずぶぬれのサポーターのブーイングの気持ち、わかります。





日本 0対2 ガーナ

ガーナって強いのですか?

日本が相も変わらず、拙攻なのか?決定力が無いのか?


ワールドカップロシア大会は、大丈夫でしょうか。
2018/05/30

スポーツ庁長官鈴木大地は、なにやってんの?






関学連は、早速、声明文を発表して、

内田井上氏を除名処分とした。


ところが、
スポーツ庁長官は、
それに、乗っかって、何か抽象的な声明を
発表したらしい。


何やってるんですか?
スポーツ庁は?
鈴木長官は?


度重なるスポーツ界における不祥事に関して、

解決の方向性が、見えない、見えてこない。

わずか2年後に控えた
東京オリンピックは、
行事消化か?
ただのお祭り か?
景気浮揚だけか?
メダル集めか?
勝つ為には手段を選ばずか?


今回は、「スポーツ権のおおいなる剥奪や、スポーツ文化の大反省」という大問題を含んでいる。

一番大きな転換点を、重要視しないと、
またふたたび、旧態依然とした軍事教練的な部活動という大きな枕木が何段も山のように横たわることになる。

それらの封建制のピラミッドを、一段一段片付けて、解決するには、多くのスポーツの犠牲者が出ないといけないのか?
ほんとうに、政府や内閣府やスポーツ庁という象牙の塔は、
スポーツする子ども達学生のそばには、いない。

口出しや命令だけはして、金銭経済は保証しない、メダルを増やしたいだけである。

日本人全体のスポーツ総保障社会は、あと百年ぐらいかかるのか?
鈴木大地は、本気か?
ふりをしているだけか?

安倍晋三は、誰かがメダリストになったときに、直ぐに電話をして、目立つだけか?
多く金メダルを獲ったら、直ぐに国民栄誉賞に推薦をしいて、自分のてがらにしたがる。
メダルをとっていないけど、評価されるべき国民栄誉賞なみの人物は、「地上の星」として、巷に存在している。


鈴木大地さん自身も、金メダリストなので、
縦社会の重層構造に、ただ組み込まれているだけか。それなら、やめてもらったほうが早い。

日本に、、、真のスポーツは、未だ生まれていない。