FC2ブログ
2020/06/08

熊本の夏は、だご暑か(ぬっかあ)




クーラーつけて、

扇風機まわしても、、、まだまだ、暑い、、、、


放っておいた壊れていた扇風機を、自分で修理して、、、


廻したんだけど、、


やっぱり熱い、、、

熊本は、内陸部だから、
めちゃくちゃ、、、、あちいいいいいいいー。


風が、相変わらず吹かないから、火傷するように、あついのだ、

しかも、
梅雨入りで、、、ムシムシ、、蒸し蒸し、、、、

無視無視したいが、、、


此ればかりは、、
どうにもならない、、


熊本の夏、、、、

でも、まだ、6月だよ、、、

どぎゃんかせんといかんばい。


クーラーのフィルターを掃除しても、、駄目駄目。



妻に、
新しいクーラーを、交渉しているが、、、

他に、
テレビ、ベッド、マッサージ機、、、なども壊れて、、、

かさんでしょうがない。

2020/04/14

風邪は万病のもと





晴れたり、曇ったり、雨ったり、冷えたり、風吹いたり、、、


風邪をひく、


風邪は、万病のもと

万病のその病気は、コロナに近づく、


コロナになったら、
病院からも避けられる、


どうなっているんだ。日本は。

家族からも避けられる。


友達がなくなる。

2019/12/30

温故知新で復活していく





熊本城は、、、、

ーー行形で復活しています。


熊本県民も、、、ぼちぼちと元気になっています、

地球の裂け目の断層帯がとおった大動脈のような流れも、、、阿蘇も、益城も、小川も、、



いちばん、だいじなのは、熊本のこどもたちです。


もちろん、
日本全体の子どもらも、
世界の子どもらも、、、です。

熊本城は、
現代の武器の人工関節をいれて、
復活しようとしています、、、

支えているのは、日本一美しい石垣といわれているものです。
地震がおきたときに、一隅を照らす一組の石垣が、全体をささえている姿で、全国に感動をおこしました。
あの当時、どこからどうみても、不思議でした。

石工たちの匠たちの見事な技術でした。


温故知新です。

古きを温め、新しきを知るーーいい言葉と概念です。


これがあれば、永遠に生きていけるものなのだと感じます。