2017/02/24

マギーが張り切っている



マギーがコンスタントに打って、
周囲がぼちぼちと打てば、優勝間違いなしだ。

==================================

13年に楽天を日本一に導き、
4年ぶりに日本球界に復帰した巨人のケーシー・マギー内野手(34)。

「第87代4番」への思いや、日本球界で成功するための秘訣(ひけつ)、高橋監督と星野仙一氏の違いと共通点にいたるまで、新助っ人が語り尽くした。



 早朝の室内練習場に、打球音がこだましていた。
バットを振り回していた大きな人影の正体は、マギー。

那覇キャンプがお休みだった23日も、休日返上で約40分間、ボールを打ち続けた。

 「気が向いたから、部屋にこもっているより動いたほうがいいと思ってね。
『こうしたらどうかな』『ここをどうしたらいいかな』と。確認したいことがあったから。宮崎では体が重たかったけれど、沖縄に来てからは良いよ」



 今季は4番候補として期待されている。
開幕戦でその座を任されれば、「第87代」の4番打者となる。

 「ジャイアンツの4番バッターが、アメリカ大統領のようにナンバリングされているのは知っている。

その候補に挙げてもらえるのは、すごく光栄なこと。
阿部さんも村田さんも、巨人の看板である素晴らしい選手。
ライバル意識を持つよりは、自分のベストを尽くして、一緒に戦いたい。

ジャイアンツ87人目の4番バッターになれるかどうかは監督が決めることだけれど、プライドを持って、みなさんをガッカリさせないようにしっかり仕事したい」

 久々の日本生活。グラウンド外では多少の苦労もあるというが、それも楽しみの一つだという。

 「日本語ができないのが一番の問題。
例えば、行きたい所に行くときも、正しい方向に進んでいるのか分からないことはよくある。

もちろん通訳に電話することもあるけれど、そういう時は自分でなんとかしたいんだ。

バッターボックスに立っている時だって、誰も助けてはくれないだろ?
 日本人は、外国人に優しい。

聞けば親切に、とても丁寧に教えてくれるから、そこまで不自由は感じないよ」


 楽天時代の13年には打率2割9分2厘、28本塁打、93打点をマークし、日本一の立役者となった。
日本で成功できた要因は、「日米の違い」を意識しすぎなかったことだという。

 「日本の投手は変化球を巧みに使い分けてくるとか、スプリングキャンプのやり方や試合前の準備などの違いがあったりするけれど、いざ試合が始まれば、野球もベースボールも同じ。

『相手が投げて来たボールを打つ』という本質に違いはない。

そう思えたことが大きいね。」
2017/02/22

165mも飛ばさなくてええ。




巨人の
ギャレットも、

165メートル弾


誰が測定したんか?
大谷の場外160m弾11本のほうが、やっぱり凄いような気がするが。


そこまで飛ばさんでも、125mぐらいで、ここ一番でホームランを打って、チームに貢献した方がいいと思います。

ギャレットとしては、
元四番の意地として、

坂本
阿部
マギー
村田
・・・


何人も四番打者のライバルが多いです。

大事なのは、自分の打順で、きちんと打つことです。
2016/09/09

嫌われ巨人の快進撃。明日、広島と全国の野球ファンに叩かれろ。




私は巨人が好きだ。

アンチ巨人は実はファンというわけでもない、
根っからの巨人ファンだ。

川上監督の時代から、熊本の風土は、当たり前に巨人ファンだった。
何度も、
巨人ファンを辞めようと思ってきた、

でも、哀しいことに、

小さいころにしみついたものはなかなかに離れないということだ。


でも、最近、変わってきた、野球ファンであり、スポーツファンである。
正義ファンである。
だから、巨人のかさをきてえばり、長嶋さんや王さんの威光を浴びて、肩でかぜをきり、ひとをおどし、不埒な悪行三昧の張本は嫌いだ。

張本こそ、日本のスポーツ界から、喝をいっぱいつけて、追い出したいと思っている。

そうでないと、

日本のスポーツ科学界が、伸びていかない、旧態依然とした、精神力重視のド根性主義は、もう、昭和に終わっている。


むかし、
市民球団の象徴である広島が優勝した時の監督は、古葉さんで、熊本出身だった。

今年は、

広島に優勝させたいと、スポーツファンとして思う。

数年前は、田中が居る楽天だった。巨人は応援しながらも、楽天に勝つべきだと思っていた。



どこかが、
連覇する時代は終わった、ソフトバンクも、孫さんなどが、金などにものを言わせて、強引に、優勝を取っていく姿勢は、いつかどこかでみた巨人である。

9月9日、

その巨人の
嫌われものが、快進撃


長野が先頭打者ホームラン。

阿部もヒット。

村田は、ど真ん中をスリーランホームランで、
1回の表から、

巨人 4対0 ヤクルト

広島から移籍している大竹が堂々と好投している。いまんところ。
山田は調子がいいが、

この序盤の4点は大きい差だ。

試合が無い、

広島は、

もちろん
勝って、

東京ドームで胴上げ、祝杯をあげたいところだ。

話は変わるが、

高畑の大声のあいさつは、謝罪にも何にもなっていない、

開き直りのこけおどしである。

案の定、

合意だった

数千万円もの慰謝料???

ものを言わせて、


強引になし崩しを図ろうとしているものだ。

こういう作戦を
お金持ちは、

弁護士と立案するから、世の中おかしくなる。

========

実況中継にもどる。

バレンティンのPゴロ、惜しかったねえ、

見事なダブルプレイでした。

ピンチの後には、
チャンスありで、
亀井が、
ど真ん中高めの甘いスライダー125キロを、

一振りで、
ライトスタンド。

4回表に、

巨人5対0ヤクルト。


誰もかれも打ちそうですね。


そして、広島戦のときには、マークされて、打てないのだよね。きっと。

クライマックスシリーズは、好調横浜の筒香やロペスに、本塁打を浴びるでしょう。

ロペスは、感情的に打つからね。凄いわ。


明日の
10日(土曜日)

巨人マイコラス 対 広島黒田

の先発予想です。


マイコラスさんは、

最近、良いのか悪いのか、
感情的にいらいらしているから、

田中、菊池たちがゆさぶり、
丸が打ち、新井が打ち、鈴木が神ってるから、


そして、

男気代表、
黒田に、
全国から、応援が、集中するでしょう。

どんな展開になっても、
広島が最後には、笑って、胴上げしているでしょう。

2016/06/16

日本人のスポーツマン全体に、イチロー効果!



前記事をやっとかいてほっとして、
テレビをひねった。


また、

巨人が負けています。

5対6です。まだ6回ですから、坂本の逆転ホームランに期待します。
(これは、後で考察すると、この瞬間ではなく、8回ウラに対する予言だった。昨夜も村田のフォームに対して、いっていたが、絶好調のときからすると、少し低調気味になっていた坂本勇人のボールへの見送り方見逃し方がいいのだ。期待ばってんが。)


小林が同点犠牲フライを打ちました。
6対6の同点です。


でも、
巨人マシソンに対して、楽天の誰かが、ホームランを打って、再び、1点リードされています。


一喜一憂はしません。

今日の今朝早くのニュースはイチローでした。

努力し続ける天才は、
2安打打って、

タイ記録・・・4256本(当たり損ねのぼてぼてのバントのようなボールが一塁線に転がってのヒットでした)

新記録・・・・4257本(まさにチームメイトが9回にぎりぎり廻したチャンスでした。~~まさにバットの真芯にあてた、1塁線に素っ飛ぶライト線ぶっちぎりの、大2塁打でした。
とても、42歳の打球とは思えない。)



一気に、片付けてしまいましたね。

千万両役者ですね。

エックスメンです。米辛口記者に、モーツアルトと呼ばれたバットマンといよりは、アーチストである。


そして、

案の定、

記者会見は、

クールにニヒルに語っていました。

ピートローズのやっかみも、
全然気にしていないというのは、、言い過ぎでしょうが、

イチロー自身も、少年時代から、笑われて、馬鹿にされてきて、悔しいので・・・頑張ってきましたと、謙虚かつ本音を語っていましたね。

イチロー自身は、

人種のるつぼのアメリカ社会というか、スポーツ社会において、
「人種差別」に対して、

ほとんど、軽く、勝っています。

目標や価値観を大きなたかいところにおいているからです。



イチローは、
一喜一憂していません。

リスペクトしています。イチロー様、数字の高さではなく、求めている理念の高さにです。


(追記の追記)

8回になって、楽天投手は、昨日打たれた青山を出して来ています。
勝ちパターンなので、昨日を払しょくするためにも出してきました。強気の梨田監督采配です。

でもでも、橋本到がまたヒットを打って、チャンスを作ると、犠打吉川で進めます。


何と
キャプテン坂本が、内角低めの美味しい処を、逆転2ランホームラン打ちました。坂本の大得意のところです。簡単なボールではなかったんですが、
敢えて言うと、青山の失投です。坂本のあのコースは投げてはいけません。

子どもたちに対する内角打ちのお手本です。

スタンド中段に飛び込みました。
所謂「打った瞬間」という当たりです。音の響きで分かるんです。テレビを観ていても、ただ聞き流していても、素人の私でもわかるのです。


相次ぐ逆転劇ですが、まだ1点差ではわかりません。
楽天にオコエが火をつけているからです。

双方のファンや野球ファンにとっては、面白い展開です。

一喜一憂しません。

その後、次打者4番長野がヒットを打って、阿部の初球、ライトに大ファウルでした。阿部は表情を変えません。こんな、逆転劇がお互いに出るのは、

スポーツ分析においては、
イチロー効果が出ているのです。

みんな
スポーツマンが、「特に日本人のスポーツマン」が、「俺たち、やればできる」の効果が出ていると思われます。

「スポーツにおけるピグマリオン効果」
です。

みんなイチロー42歳の後輩でもあり、弟子でもあります。

大ファウルを阿部が3本も打ちました。無表情です。

一喜一憂していません。

阿部は結局空振り三振で、これで終わりかと思ったら、
福島県のスター鈴木尚広が、三遊間を抜いてヒット。

松本哲也の当たりもギリギリヒット、プラス悪送球で、
長野ホームインこの回、3点目で、
9-7で2点差をつけた。これは大きい。

この1点は、相手はギャフンとします。

そして、とどめのとどめは、小林のショートへのヒットで、10-7、

合計4点の大逆転劇でした。

これは凄い、
勝利が近づいてくる。

9回表の、
澤村劇場は、しないでね。ゴメンねごめんねで、
頼みます。

一喜一憂いたしません。

強気の澤村が抑えてくれた。

お立ち台は、
ヒット4安打の橋本到が一番手。こんなのが、イチロー効果なんです。

そして、
大御所の坂本が、打ったインコースを、素直に、誇っていました。
この日、珍しくヒットを打ってなかった坂本キャプテンが、

見事な逆転2ランホームランを打ってくれました。

明日に向けて

一喜一憂しませんが、
吉伸監督はニコニコしてください。

吉伸さんは、イチローより年下なんですよ。はい。(勿論、吉伸もまだまだ現役でやれたはずでしたが、監督にいきなし指名され、専念に切り替えました。)


イチローはまだ打っています。
堂々と。

あの益々締まった身体を観るにつけ聞くにつけ、スポーツマンの高齢新記録を作るのは間違いないと思えます。

このイチローはレギュラーではなく、

代打なんですよ。

時々打たせて、世界新記録なんてのは、神の世界です。

一番びっくりしているのは、メジャーリーガーだし、アメリカ人自身ではないですか?

だって、
日本のゲームはメジャーより、
30試合も少ないので、

A・ロッドいわく、

初めから、イチローがメジャーになっていたら、
4600本は超えていると認めたのです。

同じチームでした選手は、心の中で認めているのです。

後はへたなプライドが、無視させているのです。

日本人にとっては、
ちゃんちゃらおかしい矛盾です。