FC2ブログ
2018/08/18

巨人菅野、久々に勝てるか、何処かに落ちていないか巨人の矜持




菅野 対 山井

菅野、最近の粘投にわりには、勝ち星が1か月半ほどついていない。

双方、好投手同志、投手戦が予想されたが、
山井のコントロールが悪く、
2回ウラ、
ノーアウト満塁のピンチがあった。
巨人にとっては願ってもないチャンスだったが、小林凡打、菅野併殺打で、0点におわった、

ノーアウト満塁はなかなか得点が入らないというが、巨人については、
いつものことでした。


そう思っていたら、
3回ウラ
田中ヒット、マギー左中間に2ランホームランで、2点先制。
岡本四球に、阿部が2球目の低めをすくいあげて、華麗にバットを空中に反転させる、ライト上段に2ランホームランで、4点目。
続く長野が、レフト最上段看板直撃にソロホームランで、5点目追加。中日投手山井からミツマに交代。小林ヒット、菅野ヒット重信2塁打で1点追加。
巨人6-0中日

7回ウラ
マギー死球、岡本バットの先でイレギュラーで出塁、長野フェンス直撃2塁打で1点追加で7点目、
巨人7-0中日

6回ウラ
マギー四球、岡本2球目ど真ん中ストレートを、左中間一番深い処スタンド中段に2ランホームラン(クリーンアップ揃い踏みプラス長野)

珍しすぎる、
辛い試合を勝てるチームにならないと強くなっていかない。大味でホームランが多すぎる大当たりの試合など2試合も続かない。並が必ずある。それでは、宿敵広島に勝てないのだ。
巨人9-0中日

★それにしても、
6回まで菅野は中日を1安打0点に抑えているところが素晴らしい。
今日はよもやの逆転負けは無く、勝てるでしょうが、
明日が大事だ。
巨人の今年の好不調の波は、ちょっとよくて直ぐに悪くなるというパターンが続いている。

高校野球の金足農業高校県立の矜持(全国の農業高校を代表して闘っているという誇りがあるのだ。)を見習ってほしい。

もう何処に行ったか知らないが、
どこかに「巨人の矜持」が落ちていないか???

次は、
菅野 対 松坂の黄金対決をみたいものだ。


★★
結果)
陽岱鋼も、ど派手にバックスクリーンソロホームランをかっとばした。
全部で15安打5ホームラン、全員安打だったが、明日はわからない。
巨人10-0中日

2安打完封(平田だけ~サイクル安打をうっているだけに絶好調)に仕上げた菅野、静かだったが、奥
底に気迫があった、9回に152キロが出た。

菅野の横顔のおもかげは、人形浄瑠璃だ、、端正な面の底に夜叉がかくれている。

★明日の先発発表
巨人今村信貴(左) 対 中日藤崎健人(右)
今村のス大胆なピードさをつけた緩急のある投球は見ものだ。
2018/08/12

やはり負けない広島 対 やっぱり勝てない巨人




巨人菅野への、「ノーノー」への希望期待は、、
うたかたに消えた。
完全に、
外れた。

広島は桁外れの攻撃力を有している。
特に今年は。

大瀬良のスクイズバントで、、1点。
3番丸の、逆方向ライトへの天才的なホームランの1点、合計2点、のリードされたが、菅野は粘った、、、、、


どころか、
広島のエース大瀬良が、「ノーノー」をしそうになった。

菅野が先に降りたあとに、やっと巨人の反撃がはじまった。
山本2塁打のあと、菅野に代わっての代打大城が、左中間真っ二つのタイムリー2塁打で、1点差にくらいついた。
でも追加点はぶちぎられた。


9回2死の土壇場になって、
陽岱鋼が、ライトによく伸びる起死回生のホームランを打って、やっと、同点に追いついた。
この瞬間、菅野の負けが消えた。


あとは、双方の、
12回表裏まで、決め手を欠いて、引き分けになった。

巨人、2対2広島
結局、
やはり負けない広島 対 やっぱり勝てない巨人、

だった。

明日の先発は、
巨人今村 対 広島福井

だ。どちらも好投すれば、面白い展開だが、

広島の対投手対策、攻略作戦、打者の能力が一枚も二枚も上なのだ。
2018/08/11

菅野、ノーノーたれ





鬱憤晴らしだ、

菅野よ、広島をノーノーの完封したれ。
2018/08/08

反応、バット一閃、ライトに消える男の決勝3ラン。39歳のいぶし銀





久しぶりに、
5番ファーストのスタメンをもらった阿部慎之助(4番岡本はレフト)、
いきなり、初回にこたえを出した。

1・2番倒れ、マギーヒット、岡本2塁打で、2死3塁2塁のチャンスに、

カウント2-2から、外角高めを、バット一閃、引っ張った。

ボールは消えるようになくなり、ライト中段に飛び込んだ、先制3ランホームランだ。これで勝負は決まった。

こたえる
先発吉川光男は、好投して後ろにつなげて、
3-1で勝った。

お立ち台で、久々に、
元祖最高です男が、「最高でーす」
を連発して叫んで、
テレビの解説者席に、原辰徳と松井秀喜が居たことを知っており、喜び、その二人の前で打てたことを報告した。二人から祝福をもらっていた。
往年の荒ぶる巨人軍メンバーである



阿部慎之助39歳、
こういう男が、どこかのだれかとはちがい、「歴史の男」である。
海の向こうの16歳も違う大谷の3ランとも、また味わいが違う、いぶし銀の本塁打だった。

★阿部慎之助(阿部主将)は、最後の最期まで、光り続けてほしいが、
安倍晋三(安倍首相)こそは、早く、終わってほしい。

「もりそばもかけそばも喰らいながら歴史にも残らない膿だらけの男」
として、明日正午でも辞任してほしい。
共同記者会見は要らないから、3分間の声明だけでいいから。
(誰も面倒見ないから、楽になって欲しい、ついでに安倍昭恵氏もつれて、長州にでも帰ったらどうですか?)
2018/08/05

今村左腕、不屈の無四球初完封。


(胸を張って、のこり試合、頑張ろう)



つい先日、
菅野が珍しく、5回におわっていた理由がわかった。
ユーチューブで、見えた。
内角、ベースをちゃんと通過しているストライクをボールと言われ、
今度は、明らかなど真ん中ストライクを、ボールと呼ばれて、菅野はオーマイガットをしていた。
意欲を失ったのだろう。
最近のユーチューブは、その日に、アップされるのが珍しくない。

==============
今日は、
巨人の今村も、中日の山井もふんばっていたが、
今村が無四球と一枚上だった。山井は悲運の好投手だとおもう。

9回 6奪三振 被安打6失点

攻撃は、
四回に
マギーが左中間にソロホームラン、その後、マルティネスが、タイムリーで、合計2点だった。

初の完封だった。
9回無失点の快投。三塁を踏ませない投球で、プロ初完封を飾った。 無四球がチームの気をよくさせて、最後まで粘れた、
つか、
抑えは今はボロボロで、だれにも頼れないのだ、甲子園投手みたいだ、完投完封するしかない、

きょうは、今村が完封してくれた。