FC2ブログ
2018/10/18

やはり、広島は強かった。




巨人が逆立ちしても、、
勝てそうもないね。


広島野球は、全員野球で、波がありません。
巨人は大波小波で、一喜一憂です、
1回ウラ
タナキクマルで内野ゴロで、先制点。計ったように狂いが無い。

4回ウラ
鈴木誠也が、特大2ランホームラン、
7回ウラ、丸がソロホームランの駄目押しを打つ。

投手は、
大瀬良が、ぶれない、継投も間違いない。
たまらんわ。
巨人杉内いわく、
インコースの内角をついていたので、凡打を取った。

後半、
6回表、
チャンスボールのとき、
岡本が珍しく打ちそこねた。
内角を何度もえぐっていたので、体の開きが早くなり、好球を打ちあぐねた。
データ通りの計算だろう、
岡本はCSに入って、ずっと無安打、
巨人は、岡本は、自分を立て直せるだろうか?

答えは、
否である。
今、岡本を立ち直らせる打撃コーチは巨人には存在しない、あるとすれば、落合か長嶋茂雄終身名誉監督だけである。
岡本に過度の期待をかけずに、
他の打者たちに、狙い球を絞らせていくしかない。


第2戦の明日
広島に強い田口がおさえて、もしや勝ったとして、

第3戦目に、
菅野が、また、ふたたび、奇跡のノーノーを成し遂げて、
坂本もマギーも岡本も阿部も長野も、亀井も、陽岱鋼も、小林も、ホームランを
長岡の大花火のように打ちまくって、大勝できたとしても、
その先の展望が見えません。
成績は2勝2敗で、やっと、並びます。
でも、
広島は、データ分析して、巨人のホームランバッターの弱点をつきます。

怖いのは、ホームランの大砲ではなく、
マシンガンの炸裂と機動力です。
それが、巨人と広島の差です。


このあと、
巨人が、勝てる気がしてこない。
巨人にキセキがおきたとしても、それをひっくり返す超奇跡を起こすのが、
広島である。

広島というチームは、負ける気がしない。今年こそは、セ・リーグ優勝まちがい無しでしょう。
広島が、4連勝でいく可能性大である。



2018/10/14

CS初のノーノー達成 巨人菅野 ヤクルト完封‼️金剛力士像に見えた







何と言っても、
菅野の安定感。投げて着地が実に落ち着いている。、

解説者の江本孟紀は、辛口毒舌で有名。
その江本が珍しく何度も褒めた。

分業が増えて、最近、10完投とか、目指さない。

それに対抗していくかのようなー投げ方だった。
7回初めまで、みんな黙っていた。
2死までいって、山田の登場、粘りに粘られて、
7球目のフルカウント。
最後の8球目のスライダーが落ちすぎた、ワンバウンドで四球、、、、、
(普通なら、真ん中に投げてしまいますよね、それを、三振獲りに行った。

惜しくも外れた。)

これで、パーフェクトが止まった。
しかも、次はバレンティン、この四番も粘ったが、三振に斬ってとった。


9回最後は、坂口、曲者だ、
でも、ライナー性のセンターフライを陽岱鋼が、片手で取り切った。

ノーヒットノーラン達成‼️
113球、27人打者。

勿論、
お立ち台は、菅野ひとりで。

高橋由伸監督と1日でも長くと、寅さんのような人情話を語った。

巨人はこれで、2連勝で、CSファーストステージを突破。
広島で、
闘う。

2018/10/14

ホームラン攻勢、進撃の巨人





菅野3回まで、パーフェクト。
片や、ヤクルト原は、
長野のホームランのあと、
巨人1ー0ヤクルト
「長野だけにしか打たれていません」と、アナウンサーはかばっていましたが、

4回表
解説者の2人(大矢、江本)は、
「原には、次の点数を取らせたらいけないというープレッシャーがある。」
と言った途端、打球音がした。

と、
いうやいなや、
3番マギーに初球ど真ん中、カキーン、左中間に舞いました。
巨人2ー0ヤクルト

マギーへの一球、こういうのを、失投と言います。次の岡本は凡フライ。(バットが下から出ているという指摘)
阿部が四球で歩いたら、(ファーストストライクを、ぶーんと振ってくる。巨人の積極性ーびびって四球になる)
長野三振してホッとしたら、
亀井が、初球内角低めを一閃。ライトスタンドに、打ってすぐにわかる2ランホームラン。
亀井は、イチローが認めた男です。
巨人4ー0ヤクルト

菅野4回終わって、依然パーフェクト。

解説者江本氏が「菅野のバレンティンへの攻め方が、参考になると解説ーアウトロー〜インハイ、芯に当たってもファウルになる。」

この5回ウラ、
菅野3人で斬って取って パーフェクト街道は続く。
2018/10/13

巨人勝った、進撃の、エンドラン決まる。




当然、ヤクルトは、
ここ数年勝てなかったジャイアンツキラーの小川が先発。小川に対して、8連敗中だった。ライアン小川という異名である。

巨人先発は今村。

第1打席は、坂本勇人は、見逃した三振。しかし、
田中俊太の相性の良さが出た、
四球を選び、その初球目に、軽く盗塁をしてしまった、おそるべきルーキーだ。すかさず、マギーが右中間を超すあたり、簡単に1点ものだったが、ライトが補球するかのように見えて、
田中の判断だが、一旦ストップして、引き返そうとした分、遅れた、そして、3塁止まり。
ここで、
岡本が、犠牲フライを大きく打ち上げて先制した。
この辺が、岡本の非凡なところだ。
巨人1ー0ヤクルト


すぐに、ヤクルトに追いつかれたが、
巨人1ー1ヤクルト

坂本勇人キャプテンが、内角を2球攻められて、外角低めに落とす球を、身体を泳ぎごしになりながら、
レフトに強引に引っ張った。
このへんが、坂本主将の頼りになるところで、非凡のなかの非凡です。
巨人2ー1ヤクルト
で、1点リード。

先発左腕今村は、ガッチリ好投したー
バレンティンや山田らを抑えた。


5回2死から、
引き受けた上原は,魂の投球を続けて、フォークで落としまくり、ガッツポーズを繰り返した。
次の6回も頼まれ、引き受け、雑草魂で、巨人ナインと神宮球場の巨人ファンに完全に火をつけた。
流れが完全に変わった。

7回表
先頭の長野がヒットに出る。続く陽岱鋼の2球目にー
高橋由伸監督は、勝負をかけた。
伝家の宝刀というべきヒットエンドランである。(いや、巨人にはそんな武器はなかった)

陽岱鋼への2球目は、外角に落ちるカットボールをうまく掬い上げた。
勝負強い陽は、センター返しをして弾き返した。

長野はセカンドを蹴り、サードベースまで届く勢いだった。
決して足が速くはない長野は、
サードベースコーチが腕をぐるぐる回した。

長野は、躊躇なく、サードベースを蹴りあげ、まっしぐらに進み
本塁に突入した、セーフ。
巨人3ー1ヤクルト

巨人側はお祭り気分の3点目。
このヒットエンドランは、王者広島のような技であり、
金足農業高校のツーランスクイズのような完成度だった。

このあと、小林がバントで陽岱鋼を送る。ここで、小川がついに交代。
いけいけどんどんになった巨人は、亀井がポテンヒットで、1点追加で。
巨人4ー1ヤクルト.

あとは畠と山口が抑えた。
勝利投手は、上原だった。

明日は、
巨人菅野 対 ヤクルト原
であるが、

勝負はわからないとしかいえない。
雪辱に燃えているヤクルト打線はこわいでしょう。





2018/10/10

巨人最終戦で3位もぎ獲った、岡本ソロ&2ランだめ押し





巨人ー阪神戦



巨人、勝ったみたいですね。


打ち勝ったのかな?
16安打も打った、いつもその半分ぐらいでいいのに。
(メッセンジャーからの10安打、4失点を獲った)

流れは、
伝統の一戦よろしく、シーソーゲーム、
6回ウラに、巨人4-4阪神と追いつかれた、、、

勝負は終盤に入った。(追いつかれた直ぐ次のイニングが大事なのだ)

四番打者岡本は、
7回表に、0-1のカウントから、ドロンと落ちる真ん中低め135キロスライダーを掬い上げ、レフトスタンドギリギリにへ32号ソロを運んだ。まるで井上尚弥の強烈なジャブパンチだった。この後、小林がスクイズを決めて、3点差にした。

8回表には、先に、マギーがタイムリーを決めて1点追加。その打者マギーの代走吉川大を置いて、
そして、岡本この2本目。内角攻めに負けず、ねばりに粘って、8球目150キロ内角ストレート高めを
一番深い左中間に見事に打ち返し、33号2ランホームランとは、恐れ入った。これで、5点差をつける強打だった。昨日のボクサー井上尚弥の二つ目のような駄目押しパンチで、相手をノックアウトした。
巨人9-4阪神になった。

強烈なだめ押しだった。

岡本は、由伸監督からの巨人さまへの唯一の置き土産だ。
この一年間、波も少しくはあったが、よく我慢して、四番打者にすえ続けた。ようやく花開いてきた。

🔷最終日を持って、
岡本和眞は、3割(309)、33本(本日2本)ー6位、100打点(本日3打点)ーバレンティンの131店には遠いが2位・全試合出場、高卒4年目の史上最年少の金字塔を打ち立てた。(全試合出場というのは高評価である)
向こう10年間つづく四番打者であるし、
侍ジャパンの四番に座るという話を元阪神牛若丸の吉田氏が言っていた。


課題だった巨人投手陣は、
メルセデス→畠→山口俊→菅野とつなぎ、8安打散発の4点に抑えこんだ。菅野は最後の9回ウラを3人でノーヒットで締めくくった。菅野智之は、最多勝も防御率も最多完投も、完封も
沢村賞の選考基準を十分に満たしている。
こんな沢村賞の菅野や史上最年少記録の岡本や、打率2位の坂本がいるチームが、やっと、3位だから、信じられない。


これで、
クライマックスで、先ず、ヤクルトに勝つことだ。そして、あらためて、王者広島の胸を借りて、思い切って勝負しよう。そうでないと、セリーグファンに失礼だ。
そしてそれでないと、また、来季にはどの監督で、巨人復興に向け、繋がらない。


阪神金本監督は、地元甲子園だけに、さぞ、悔しかっただろう。


🔷クライマックスの3位に浮上した巨人は、
2位のヤクルトの本拠地の神宮に、乗り込んで、たたかう。
10月13日(土曜日)18時より
10月14日(日曜日)18時より