2018/06/16

天才、神様、怪物‼️ いきなりハットトリック〜オレがロナウドだ、そう、あんたが大将⁉️





イベリア半島戦争ー
一回戦から、こんな組み合わせ

ポルトガル 対 スペイン

1点目、
ロナウド左から切り込んで、絶妙に倒れて、
PKもらい、落ち着いて右へ、(GKは左へ飛んだ)、確実に決める。このへんの正確さがロナウドが冷静でありコンセントレーションが高い。エースの誇りだ。

2点目、
低空飛行弾丸シュート強烈すぎるう、ースペインのGKがミスとネットには有ったけど、
あれは、
世界の誰でも、とれんわ。

低空飛行で、ブレ球よ。だあれも、とれまへん。

ポルトガルの1点リードで、
前半折り返すが、
後半スペイン無敵艦隊が王者の牙を剥く。
2点入れて、逆転して、スペインの俄然、勝ちムード。


そのムードを、
最後の最後にひっくり返すのは、ロナウド王子さまだった。

フリーキックをもらい、
ジャンプする多人数の壁を、大きく巻いて右から円弧を巻きやがる。

やけにカーブのRがきつい弾道がブレーキがきいて、ゴール右隅に突き刺さる。

キーパー、一歩も動けず。
(いや、実は録画を見直したら、右に一歩動いているがそれだけで跳べない、跳べていない、ジャンプもパンチングもできていないのだ。むしろ、心と身体が反応して萎縮している。それだけ高速フォークで突き刺さっているから、全く動いていないように見える。誰も届かない。)だから、見送る。

これが
3点目だった。


同点ゴールになり、

ポルトガル 3対3 スペイン

の、ドロー引き分け、勝ち点1点ずつ。
それにしても、

いきなり、どこのスターが、3点も入れますか?
どこにそんな石川五右衛門のような斬鉄剣の斬れ味があるでしょうか。
このロナウドの切れ味の秘密は、膝下の足の振りの速さなのです。だから、あんなシュートがうまれるのです。
その陰の努力は、筋トレや食生活なんだそうです。


ロナウド選手は、たとえば腹筋を1日に三〇〇〇回もするそうな。
だから、
こんな彫刻の身体。

よし、俺も明日から、1日30回しようっと。

2018/06/15

新怪物か、シンゴジラか、いつの間にか 首位打者、三冠王も狙えるよ








3割4分3厘
ーいつの間にか、首位打者、
打点も本塁打もねらえる・・・・・つまり三冠王。
最近5試合ー5割7分9厘。


凄いねえ、新四番打者、岡本和真。


巨人で怪物の異名がついていたのは、

王貞治、
江川卓、
そして、清原和博。

元祖ゴジラの松井秀喜から、
コーチングを受けたことが大きいのか、
新怪物、新モンスター、シンゴジラになってきた。


この若き四番打者は、シェアな打撃も披露するし、チャンスに強い、びっくりするようなホームランをも打つ。バットが内側から出てきて、最短距離でスイングする。
切れない当たりが、打った瞬間に歓声がわいて、飛んでいく。

岡本が首位打者で、2位は坂本勇人、、、、、
ふしぎだが?

なんで、巨人は最下位におちたりしてるの??


今日のロッテ戦は、
巨人 5-0 ロッテ
と、
菅野が、鬼の反逆の完封をやってのけた。
まるで、金剛力士像の阿形と吽形の形相が、相前後してみえた。
ロッテの強打者の猛者たちを、ギアの上げ下げで斬り捨てた。
9回6安打散発9奪三振で余裕の完封だったー7勝目。


キマグレ―ロの御二人さんは、お休みちゅうで、
どうでもいいが、

3番打者ー陽岱鋼が軽いスイングで、がんがん打ちまくる。
タイムリーのあと、
ライトに軽~くホームラン。

陽のフォームをよく見れば、
発達しまくった大腿四頭筋から大殿筋、腹筋背筋のパワーで、振っているのが分かる。
台湾生まれの天才だと思う。
(いつか、バラエティのテレビで、
長嶋一茂が、
「スポーツは、パワーフロムレッグスという言葉があるぐらい、すべての力は、下半身から来るんです。」
と言っていた。
彼自身は極真の達人でもあるがゆえに、そこは説得力はある。天然ではあるが。)


★岡本和真も、今後、波があると考えられるが、サードを守っている下半身の力があると、
長続きして、
成長していくのではないか。



2018/06/01

松坂大輔、、、がんばれー






理想的なフォーム、
少しやせよう、

球団はもうかんけいなーい。

みんな応援していまーす。
2018/06/01

あなたがあげるわけでは、ないのだよ。





国民栄誉賞受賞を授与することは、

ときの政府にはなんのかんけいも無いことだが、

何か、勘違いをしているひとがいる。
自分が、自分のポケットマニーの中から、くれてやるというふうに思い込んでおられるのか?
あなたは、只単なる小役人だろう、
単なる公務員だろう、公僕だろう。選挙に落ちれば、ただの浪人にすぎない、

なぜ、そんなに偉そうか???
なぜ、
大事な賞の授与のタイミングをつかさどっているのだ、わからん。選挙の手段にしているにしかみえない。



自分たちの人気や支持率が下がった時に、
利用する。
冬季五輪が終わって直ぐにしたらよかったろうに。
授賞者のひとの
がんばりに人気に、国民の関心をそらして、それにのっかり、

自分の職責をごまかす。


むしろこの賞の恩恵をもらっているひとは、じぶんがまねいたばい菌や毒素で、化膿している個所が重傷で、ひどくて、

膿がひどいひとだろう。
治療不能だろうが、腹を切腹すりゃあ、どうにかなるかもしれない。


このお人は、日頃から、大うそばっかりで、
武士の一分がない。
責任とる潔さもない。
腹かっさばく勇気もない。

★ この画の映画においては、
主人公の木村拓哉、妻役の檀れいの演技がひかった。
この映画のころから、
考えるようになった「武士の一分(ぶしのいちぶん)」とは、「人間としての一分」なのだろうが、
それらを
なくしながら、世の中、拝金主義に陥り、
こころをなくして、
みんながみんな、自己中心主義で、自分ファーストになっちまっている。

自分ファーストのために、立場なり、スポーツなり、自分のともだちなり、かぞくなりを利用しているだけのように思う。
哀しいなあ。

2018/05/29

シグナル、死んだ刑事がよみがえる。 刑事が部下の刑事を殺す。内通者はだれか?




シグナル、


面白いねえ。

過去と通信できることによって、

捜査中に事件にまきこまれ、亡くなった刑事【桜井美咲(吉瀬美智子)】が蘇る。

ここいらで、キャスト紹介

★シグナル長期未解決事件捜査班キャスト一覧
1三枝健人(坂口健太郎)
2大山剛志(北村一輝)
3 桜井美咲(吉瀬美智子)
4山田勉(木村祐一)
5小島信也(池田鉄洋)
6 中本慎之介(渡部篤郎)ー管理官~この人が曲者、政治家と内通している。
7 岩田一夫(甲本雅裕)ーこの個性的な脇役俳優を知っていましたか?177センチの剣道四段の武闘派です。あのブルーハーツ  の甲本ヒロトは実の兄です。
8 安西理香(青野楓)ーどこかでみたことがあるなあと思っていたら、私は画を描いていた。この美女は、大人しそうにしていますが、実は169センチアクション抜群の空手美少女黒帯です。後半はハイキック全開のシーンがあるかもかも。
9 加藤亮太(神尾楓珠)

★この日、5・29火は、
  岩田係長(甲本)が腹部をさされて殺されるシーンが出てくるが、末期のこえを振り絞って、自分は大山を殺したと、三枝(さえぐさー坂口健太郎)に、衝撃の告白をする。
テレビの後半、
その大山が殺されて埋められている現場を、掘り当てて、その痕跡と証拠の大山の手帳を、坂口と吉瀬が発見して、嗚咽する。


いいね。