2017/10/21

羽生は飛ぶための屈伸だ




一喜一憂すな。
不動心が大事だ。

羽生は、2位だったが、

いいことよ、

そんなに簡単に優勝は戻ってこない。


今後、精進して、ぴょんちゃん五輪には、ぴょんと飛びまくって、ちゃんと併せる。
2017/10/21

ありか??あごの内川王手をかけるー4試合連続ホームラン(史上初)未だかつてない





5回表、
楽天は4番ウイ―ラーのタイムリーで、3-2と勝ち越したのも、つかの間。

6回裏の
先頭打者は内川、1-1から、3球目をレフトスタンドに、4試合連続(史上初)のホームランで、
同点に追いついた。

と、
思っていたら、次打者中村が、いきなり初球をライトへ弾丸ライナーのホームラン(2試合連続)で、勝ち越した。相手楽天の梨田監督は唖然としていた。


中継ぎが失点ゼロでつなぎ、
最後のさいごは、やはりサファテさまが抑え、1点差を守り切りました。

王手です。
2017/10/21

あごで打つ内川がソフトバンクを生き返らせたか?


(下書き)


九州の雄ーソフトバンクは、

昨日の、楽天にリードされていた。
内川は、
強気の豪腕楽天則本から、初球のカーブ111キロを、

ものの見事に、レフトスタンドに叩き込んだ。度肝を抜いた当たりだった。
逆転3ランである。

のち、再び楽天に追いつかれて、5-5になるも、

当たっていなかった中村が復活して2ランをライトに狙いすましてたたきこんだ。(これも内川効果だ)
これで逃げ切った


内川が評価されるのは、
明るさやあごだけではもちろんない。

第1戦で、負けはしたものの、1本ホームランを打ち込んでいたことだった。
これで、
静まり返っていたヤフオクドームは生き返った。

そして、第3戦まで、内川3号である。


今日の試合も、
軽く、ライトに軽打してひっと、チャンスメイクして、岸を攻めて、1点を捥ぎ取った。
その次の回に、デスパイネがホームラン。
内川は侍ジャパンのクリーンアップである。本当に勝負強い。


しぶとい楽天も追いついてきた。


なかなかに、面白い展開だ。
2017/10/20

ソフトバンク内川、意地で2号





どちらも、らしさを発揮して、粘り勝ちした。

面白い


広島2-6横浜

ソフトバンク 1-2 松井


それにしても、
ソフトバンク内川は恐るべき打者です、もう2号です。
柳田の代わりには充分なっています。
解説の小久保さんが、内川は現今の右打者で、ナンバーワンだと言っていました。
2017/10/18

男気があるか~黒田博樹





全世界が驚いた、
前例がない、

メジャーの何十億円を蹴ってまでも、

日本のなかの地元広島に低賃金で、帰るという、

世間は男気
といった、

世界にこの単語が知れ渡ったが、意味合いを理解できた外国人は居なかった。



社会契約説のビジネス社会の野球では、だれもわからないだろう。

手指が黒くなるほど、
完投し続けた

身体全体が真っ黒に日焼けするまで、投げ込む。


彼の後ろ姿に感動した選手たちが、今の広島を造り上げた。
今一番、
勢いのある2チームの横浜と広島がぶつかる。

筒香にも宮崎にも男気はあるだろう。



今、選挙ごっこを、やっている政治家さんたちには、金目当てではない男気は、絶対にない。