2018/06/13

雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ


(画は、昨日のものを手直してみた。画用紙いっぱいになって、大きすぎてファイルアップロードできなかった。どうして修正したらいいかわからない)


森田童子のうたで、
いろいろなシンガーや評論家で、人気が高いのが、
「雨のクロール」
である。

はじめ、
明るい楽しい調子で、うたがはじまる。


  夏の川辺に 二人は今日別れる
  ぼくは黙って 口笛吹いた
  ウフフフ~ ウフフフ~

森田童子が、もちろん女性だが、自分のことを「ぼく」と
表現して、
ぼくと君がおりなす、恋唄や心の葛藤や、絶望、失敗や生と死をテーマにして、つむぎだす


  君は花がらのワンピースおいて
  静かに涙色のまぶしい水の中
  ウフフフ~ ウフフフ~

花柄のワンピースをおいてなのか、脱いでなのか、主観と客観がキャッチボールする。
「静かに 涙色のまぶしい水の中」
などのキーワード選択は、いわゆる詩人としての天才性を発揮する。
泳いでいるのか、泣いているのか、雨の中でぬれているのか?



  雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ
  雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ

あまりにも、
有名なふれーーずになった「雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ」
普通、
女子というものは、可愛く平泳ぎでおよくというのは、私のジェンダーへの決めつけか?

男性みたいに豪快に腕を高くあげた泳ぐクロールは、とってもきれいネというのもスポーツアスリートの視線だ。
池江りか子まではいかなくとも、
大きな速いクロ―ルの動きがみえる。

おそらく森田童子は、
シンガーソングライターだけども、運動関係も運動神経が高度だろうと感じさせる。歌のテンポやリズム感からそう感じる。

彼女の動画をさぐっていたら、
夜行①②③というのが、あって、珍しく、彼女が唄を歌うシーン、歩く、動く、語る、しゃべるシーンがあった、
貴重な動画だ、

それで、何度も繰り返して観てみたが、
カーリーヘアと大きめのサングラスでかくした素顔のシルエットは、どの角度からも、
美人であった。
鼻が高い、唇のかたちがかっこいい、すらりとした顔のシェイプからすると、美人である。
他の寫眞のい薄いサングラスからもつぶらな瞳の三日月がみえる。
また、違うユーチューブで、ラジオの語りだとか、インタビューに応える彼女の言葉、間合い、受け答え、気取らず、優しい、あたたかいそれらをきいていると、
かなりの偏差値の高い頭脳を感じる。

頭脳を感性が上回った、全曲集だが、
変に媚びを売らない、自分をぶらさず生きていこうとした不器用な姿をかんじる。


おっと脱線した。

最後は突き落とされるように、
テンションがかわる。びっくりする場面転換だ。

彼女(君)が亡くなったのか、ぼくの死の予感か??病気か、事故か?


森田童子のうたは、ある解説においては、

すべて、葬送曲だといわれている。哀しいとか暗いとかだけの決めつけのイメージでは計り知れない、青春の時における友人の死を
まっすぐに受け止めて、
さけてとおらない、
真っ正面にすえて、堂々と、独特のウイスパーボイスで唄いあげる。



  夏がめぐりめぐってもぼくはもう決して泳がないだろう

★最後の一節に、
ぼくは、もう決して、〇〇をしないだろう。
ぼくは、これにこだわって、この方向に泳いでいく、

決して、時代や人々や、権力や、嘘欺瞞に争いながら、レジスタンスの道を走っていくだろう、走っていこう

という明確な決意がみえる。

だから、
森田童子というにんげんは、
後年、思わない病気に遭遇したのだろうと想うが、シグナルのドラマのように、過去は変えれなかったのだろうと想う。

彼女は、
この2018年4月の春に、逝去してしまった。

素敵な女性だっただろう、
優しいお母さんであっただろう、
深いおばあちゃんだったかもしれない。。。



「たとえば、僕が死んだら、、、、そっと忘れてほしい」

という名曲の唄が聴こえてくるが、
おそらく、ほんとうのファンは、ひきずってひきずって、ひきずりたおして、、忘れられないだろう。

なみだが、繰り返されるクロールのように、津波る(ほとばしる)。
津波は使ってはいけないことばではなく、人間にとっていちばん大事な感情のほとばしる涙の洪水だ。(最近はほとばしらないやつが多すぎる砂漠の世界だ。ー初めてつくった私の造語だ。人間は水でできている。)


それで、いいじゃないか。


合掌
◆ーーーーーーーーーーーー

雨のクロール (1975年)

唄  :森田 童子 
作詞:森田 童子
作曲:森田童子


  夏の川辺に 二人は今日別れる
  ぼくは黙って 口笛吹いた
  ウフフフ~ ウフフフ~


  君は花がらのワンピースおいて
  静かに涙色のまぶしい水の中
  ウフフフ~ ウフフフ~


  雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ
  雨に君の泳ぐクロールとってもきれいネ

  夏がめぐりめぐってもぼくはもう決して泳がないだろう
2018/06/04

愛情は、、、金では絶対、、、、買えません




数千億あっても、、、、愛は買えない


拝金主義の負けだ、、、、、もってけドロボー




2018/05/22

スポーツはなんの為にあるのか





あらためて、おもう。

「スポーツを、

不純なものに使わないでほしい。」



就職のための評価物、基準、駆け引き、

高校大学名を売る。

次の生徒学生募集のため
2018/05/04

危ない兆候、ギャンブル依存症~派手な生活をしたいー桃田



危ないのではないかと
感じる。
桃田賢斗は、たしかカジノ関係ではなかったか?
賞金を思い切り使いたいという破天荒な気持ちは、ギャンブル依存の兆候であり、治らないとされているものだ、
今まで抑えていたものが、
また爆発すると、子どもたちの目標どころか、また泥沼におちいる。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントン・スーパーシリーズファイナルの男子シングルスで初優勝した桃田賢斗(21=NTT東日本)が
「目に見えるぐらいの派手な生活をしたい」と喜びを表現した。
14日、女子シングルス初優勝の奥原希望(20)らと開催地のドバイから成田空港に帰国。
優勝賞金8万ドル(約960万円)の使い道を聞かれると、
「僕が派手な生活をして、子どもたちが憧れてくれればいい。見本になりたい」と迷いなく答えた。

 桃田にはバドミントンを人気スポーツにしたいという強い思いがある。
「プロ野球、サッカー選手と張るぐらいの収入を」と望み、決勝直前の心境を「(賞金を)めちゃめちゃ意識してました」
と素直に明かした。
憧れのサッカーブラジル代表のネイマールのように実力も人気も華やかな生活も手にしたいといい、

「派手な洋服を着て、夜の遊びをしたいですね」とちゃめっ気たっぷりに笑った。
2018/04/26

山口達也個人の問題はあると想うがそれらを産出しているものを解決しないと完治しない




なぜ、山口達也メンバーと、
メンバーをつけて呼称するのか、よくわからない。


したことは悪いとして、謝罪も保障もされるだろう。
CM等への違約金が3億ん円だという問題も、出来うる解決策はあるだろう。


でもでも、
一番気になる点は、

〇酒癖が、異様にわるかった。

〇病院にもいっていた、安定していなかった


の点であり、

1) つまり、アルコール依存症などが考えられ、
覚せい剤薬物の問題と同じで、治療に困難性があるということであり、それらを
どう周囲が知っていて、どういうフォローがあったのか、判然としない。なぜなら、個人の努力では解決できない壁があるし、だからこそ、周囲の理解と協力はどうだったのかと思う。

2) トキオの活動などは綺麗ごと過ぎて、
それに、偽善性欺瞞性はなかったか?嘘は無かったか?東北震災の復興に名を借りた便乗商法やテレビづくりが無かったか?

3) 今後も含めて、病院の治療などを
オープンにしていかないと、山口達也だけの問題だけではなかろうと思える。有名人の依存症治療や自分のプライドをすててかからないと困難性を究める。これまでも金メダリストや凄い著名なアスリートや芸能人などの依存治療の問題がたくさんあった。

4) トキオなどのメンバーはある意味、
犠牲者でもあるが、それまで、全然知らなかった、止められなかったではすまされないという責任がつきまとう。国分はけさの番組はなみだを堪えていたが、ある意味、よく知らなかったと逃げていて、責任転嫁がぬぐえない。こんな場合、レイムダックの山口達也には、誰も味方をしなくなる。バンドメンバーなどの友情なんて、しょせん嘘っぱちで、軽すぎてありえない。