FC2ブログ
2019/05/24

坂本が無理してるみたい、腰の爆弾2


(野村克也がベタ褒めしたという、坂本勇人の好調時の連続写真、内角のさばきが天才)


ーー坂本勇人が、明日からの首位攻防戦の3連戦のときに、ひょっとして休むかも知れないなあ。ーー
菅野智之の二の舞にならなけりゃいいが。


開幕以来、出塁記録を続けた頑張りが、

ここに来て、


腰に来ているみたい、、、

疲労困憊が、腰部に来ていて、
今日の第1打席ー当たり損ねで、ピーゴロだった。
1番打者の田中俊太が、左中間真っ二つの2塁打を打った後の大チャンスだった、

こんな、気持ちのないバッティングをしたことが無い主将坂本。
少なくとも、2塁田中を3塁に進塁させるバッティングはするはずだった。

腰に疲労感が来るときに、
スポーツマンとして、どうしようもなくなる、全ての力の蝶番(ちょうつがい)である腰、
粘れなくなって居るので、
引っ張りも流しも、センター返しも、出来にくい、


合わせて、
守備のショートの守りも、キャッチングから、スロイングにかけて、粘り強さが無い、
ぶっきらぼうな
投げ方になる、エラー性でもあり、一塁手の岡本も下手だし、気が利かないし、エラー処理も足が遅いし、どんくさだし、大量失点になりそうだった。岡本はサードで下半身を鍛えさせたがいい。

🔶そして、同時に、
坂本も落ちて来たが、丸も落ちて来て居る。
〜1回表ー巨人攻撃の続き、
何とかする筈の丸も落ちて来て居るので、三振。
あてにならない4番打者の岡本さん凡打で、チェンジ。2塁打田中の大チャンスを潰してもうた。ー


4番打者の岡本の、相乗効果もないので、
坂本と丸の2人だけに、実質、負担がかかりすぎて居るのだ。
精神的圧迫(プレッシャー)が来て居るのだ。


①1番打者が固定できずに、
吉川尚故障後、山本も、重信も、田中も、初球から、大振り狙いばかり、四球を狙い、多投させて疲労させて、足やバントで揺さぶれない、出塁率が低いので、坂本と丸がその役目を果たさないといけなくなる。

②4番岡本は、
前述したが、まったくあてにできない、期待できない、夢もチボーもない、笑顔もない、およそブスくれ顔、
長打はわすれて、時々センター前ヒットだけ、走って遅いし、超鈍足で、タッチアップも出来ない、太りすぎ。後ろの走者が追い越ししそう、タッチアップ出来ない、今日でも、3塁打を打った亀井がすぐ後ろに迫った3塁打。下半身の筋力がないから、打球はラインドライブする、手打ちでこねくりまわすから打球が上がらず、ホームランにならない。走り込みしてるのかなあ。岡本さん、西武のどすこい山川は太ってるけど、がんがんホームラン、打ちまくってるけど。岡本さんは、どんなトレーニングしてはりますか❔


③5番打者、6番打者も、
ゲレーロもビヤヌエバも陽岱鋼も亀井も中島も、、大物ねらい、一発狙いで、時々、ホームラン1発のソロだけ、あとは、波だらけで、併殺打だらけ。センター返しや逆方向への打撃が出来ない。ヒットの固め打ちできない。

④7番も8番も、
やっぱり、大物1発狙いで、センター返しや逆方向へのチームバッティングができない。重信も。田中も飛距離が伸びたのかもしれないが、今はその打撃は違うよなあと思うことが多い。
大城なんか、原びいきで、小林けたくって、よく起用され、打順をあげられるが、全然打てない、ホームランはただの
1発だけ、いつも狙っていて打てるわけがない。もっとそれなら、打撃を練習し直して欲しい。カバーリングや盗塁刺しは下手であるので、真面目にやってほしい。

🔶あえていう。
ホームランは、坂本と丸と岡本と5番打者に任せて、
そのお膳立てをコツコツしなさい。出塁率をあげなさい。
早打ちせずに、多投させて、疲労を引き出して、
足やバントを駆使して、チャンスを多く作って欲しい。

そうしていくと、ーー
派手に勝つ巨人ではなくて、滅多に負けない巨人に成長していき、
其れが、
初めて、広島に対抗出来うる球団になるにではないかと思える。


2019/01/18

わからない




画が大きすぎて、画像にならない

というのがわからない。
2018/10/09

瞑想しよう





瞑想は、、、良いみたいですね〜〜
2018/10/06

台風をとおざけて




台風でも、、、今日の草鞋を、、はいてゆく



大嵐なら、、、休むことも、、明日の道



雨宿り、、、、、人生何処かに、、、、、休み石



台風なら、、、朝から一杯、、、呑んどこかあ


焼き芋で、、、、ビデオいっぱい、、、、借りてきて
2018/09/16

金曜日の赤蜻蛉






金曜日 はしゃぐ子らの声 赤とんぼ



(金曜日の夕方、、やけに子どもらのはしゃぐ声が大きくなる、、、、ああ、そうか、3連休かあ、

空には、
赤とんぼが舞いはじめた。)