FC2ブログ
2020/03/14

新型コロナ撃退大作戦ー本部長ー気仙沼産 昇り龍の松


(家のなかで、そうじをしていたとき、
葬式の帰りにもらったものの紙の箱を、ふと壊してみた
すると、その紙箱に、
綺麗な桜模様があった。黒いバックに桜が散りばめられている。それに墨絵風ー気仙沼産、龍の松(りゅうのまつ)くんを、あしらってみた。)



気仙沼から、、、全国と世界へ、、、


春を呼ぶ昇り龍の松、、、、より、伝えたい。


今、全世界を震撼させる困難と、、人類が戦い始めた、、、、


新型コロナウイルスに、負けるな、

お互いの国々の悪口を言うな、
批判もあかん、

医療技術や医療状況のそれぞれの違いがある。

日本の学校は、
一斉休校ではあるが、子どもたちも闘っている。

公園でも、広場でもすきまでも、遊びながら、遊びの天才こどもたちはたたかっている

不登校の子どもも、病人もたたかっている。

親たちも、仕事をうばわれ、たたかっている。

高齢者たちも、
注意しながら、がんばっている、たたかっている。


生きているだけで、闘っている人々もいる。



ホームレスのひとびとも、寒さと飢えにたたかいながら、地域支援や子ども夜回りに助けながらも、
今夜の夜と、段ボールにのりながら、たたかっている。

しんどいなあ、、


お客さんが来てくれるような商売のところも、たいへんだ。
今日の週末の金曜日、疲れていた妻とひさびさに、レストランに行った。やはりお客さんはすくなかった。

わたしは、ブログをつくりながら、
家事を一所懸命にしながら、たたかっている。今日はお風呂場のカビ汚れを取り回ったー妻がよろこんでくれた。
この2週間の間、2キログラムも減量できた。
家事でも、きびきびきびきび、いそいそと動いたからであり、巨人軍の丸を真似して、菜食主義に切り替えたからである。
すこぶる、体調はいい、
腰は少し痛くなったが、毎日毎日、家事をしているー
生きがいみたいなもんである。


警察官も、
必死にがんばっている。
取り締まりしながら、みんなに嫌われながら、たたかっている。


アスリートやスポーツマンも、
試合が出来ないながら、必死に頑張っている。
試合という目標や、具体的な応援支援がないなかで、やり続けることは、とてもつらい、途中、投げだしたくなる。
でもでも、
君らの努力が尊いのだ、君らの具体的な練習姿のと心の姿勢に、感動していて、励まされているひとびとが、周囲に何千万人もいいるのだ。
がんばろう、、、、


東京五輪に、
照準を合わせてきたアスリートたちは、中止や延期やその他の場合と、、たたかっている。
やるしかない、
眼の前の練習を積みかさねるしかない。

もし、
最悪、中止なら、それは天命であろう。
ネクストチャンスを待つしかない。

それだけ、
平和や、感染病のない状態というのは、人間にとって、大事なのだ、
当たり前とおもっていたことが、一番大事なのだ。

だから、
日々を大事におくろう。

奇跡はまつのではなく、奇跡をおこしていく準備をしていくのだ、
あらゆる準備だ、

その日のために、
復活の日のために、

明日のために、、、、、、、、、

ひとまずの健康をたもちながら、
手洗いをしながら、
マスクをしながら、

たがやしていこう。


2020/03/10

一億総コロナ暗黒時代に突入か??ー日本最悪日本沈没ー復活の日は来るのか?





専門家会議発表、

尾身副座長の意見。

「正直言って、わからないのです。

数か月か半年、あるいは年を超えて、長期化する、、、、

インフルエンザのように、温かくなったら、消えていくようなウイルスではない。、、、、」


これは、
甚大なることだ。
日本人を超えて、地球人類最大最悪の感染病蔓延。

★ー日本の検査数は、
未だに、7000件という実態は、いったい何なのか。


(日本最悪脚本をかいてみます。)

プロ野球・Jリーグ開催時期延期の問題ではない、
東京オリパラは、はるかかなた。もうできない。

日本経済大危機、世界大恐慌、
北朝鮮のおくにのひと、怒り狂ってイライラして、ミサイルぶっぱなし、AIが自動反応して、報復のミサイル反撃、つまり世界3次大戦勃発、
スターウオーズ、
子どもが学校に行けなくなる、オンライン学習始まるが、格差がうまれ教育困難時代、
何処に行っても疎開はない時代、
北海道は、全員民族移動、施設は中国資本が買い占め、京都その他の観光地もすべて同様な状況で、中国資本が買い占める。
日本一億ホームレス時代、
日本一億総コロナ時代、
日本人約半数の5千万人の死者か。
すべての医療手段破壊、

再び、復活の日の実写映画版、草刈正雄再登場、

新型コロナーワクチン、治療法確立研究グループーノーベル賞、
2020/02/26

何のその、、、鎖骨骨折、、、自己治癒力




鎖骨骨折、、菜七子カムバック、、、3月末


無観客でも、、、何でもいいから、、、気丈に騎乗


落馬してもなお、、、、馬上ゆたかに、、、美少年
(もちろん、男相手に100勝以上をあげる藤田菜七子は、美しい女性であるが、
あまりにも綺麗なので、
美少年と表記してみた。性別を超えたアスリートである。-

正に、男前な女前なのだ。
もちろん、下記の民謡の田原坂から、パクってみた。)

今年、2020年 2月 15日の小倉競馬第5レースで、
ランサムトラップに騎乗した藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=が向こう正面で落馬。
左鎖骨骨折と診断された。

16日に騎乗予定だった8鞍は全て他の騎手に乗り替わる。

28日にサウジアラビアで開催される騎手招待競走出場は絶望的な状況。
さらに、前の馬と接触したことで過怠金5万円の制裁も科され、デビュー5年目で初めての骨折は痛い経験となった。

 白く、もやがかかったような薄曇りの小倉競馬場に戦慄が走った。
藤田菜七子騎手が、馬の右側から1回転するような形で落馬。
激しく地面に叩きつけられた。
しばらく動けずにうずくまった後、担架に乗せられて救急車で救護室まで搬送。

場内のエックス線検査で左鎖骨骨折と判明した。

 自厩舎のランサムトラップに騎乗し、道中は中団を追走していたが、
残り800メートル付近で、前を走る馬と接触。
痛々しいシーンのパトロールビデオで放映されると、場内に心配の声が上がった。
====================================

いつか、
聴いたことがある。骨折などの大怪我でも、、、本人の強烈な意思で、完全治癒を半分の時間でかちとるということ。
池江りか子も、
右に同じなのだと。

ーーーーーーーーーーー

熊本民謡 田原坂
  
               雨は降る降る 人馬(じんば)は濡れる
               越すに越されぬ 田原坂
               右手(めて)に血刀(ちがたな) 左手(ゆんで)に手綱(たづな)
               馬上ゆたかな 美少年 

幼少の頃から,
西郷隆盛に指導を受け、城山での死の瞬間まで西郷に付き添い、深く尊敬し続けた村田新八は享年42歳でした。

その長男・村田岩熊も享年19歳という若さで戦死しました。
彼もまた,
米国留学帰りの前途有望な若者でした。

民謡・田原坂に歌われる”馬上ゆたかな美少年”のモデルではないかと言われています。
2020/02/21

ちょうど一年前の、西川史子医師の証言を、再び



以前から、ぼんやりと
つたえられていることがあった。

スポーツマンは、風邪ひきやすい、病気になりやすい、
激しい練習や試合の後に、身体を痛めやすいー

などと。

日本において、
スポーツ文化が、未だ、科学的なものとしてとりいれられている割合が少ない現今の世の中、

スポーツ医学も、まだなじみが薄いのである。

従って、
日本の優れているとされる医学の生粋を、
スポーツ医学に注入して、

もっともっと、健康的な練習、治療に変革して欲しいものだと、切に思う。

ーーーーーーーーーーー
2019年 2月17日の日曜日の朝、
ドクターの西川史子先生が、テレビ番組で、のたもうた。

西川史子は、
医師の立場から、

「スポーツ選手って、酸素をたくさん吸ってたくさん吐いてる、
活性酸素も発生するので、
あと体にムチ打ってるので、病気になりやすいんですよ」
と、スポーツ選手の傾向を説明。


一方では、
「私たちが思うような、こうやって良くなっていくよねって曲線より超えて、
スポーツ選手の人、びゅっと(急激に)良くなるんですよ。

それは持って生まれた、努力するとか鍛錬するものじゃなくて、
細胞レベルで素晴らしいものを皆さん持っていて、
それは医学の力とか関係なく」

という傾向もみられるという。



 以上のことを踏まえて、
西川は、
「絶対に私は良くなるなと思っていたので、しばらくは治療に専念しなきゃいけないですけど、スポーツ選手の力はすごいと思います。」
と、
池江璃花子の回復を信じていた。

====================

そうして、
見事に、一年ののち、

西川医師の予言通り、
池江は、復活した。

テレビに出演した池江は、筋肉がげっそりおちて、見違えたが、

夢と目標は、すでに、
東京から、パリへ、
そしてそのネクストへ、照準を定めていた。

ひとまわりもふたまわりも成長した池江がみられそうだ。

西川医師はじめ、
優れた科学者が、証明して、まもってあげている。

日本医学界の優れたわざが、スポーツ医学を推進して、スポーツ科学を支える。

がんばろう、日本。
2020/02/19

死にたいと思ったときが、、、あった。





静かだった、、

一瞬っl、誰❔と思った。

髪の長いスリムな少女が、、熱血松岡修造と、対面し対談をしていた。


丁度1年前に、、白血病を宣告されたオリンピアンだった。

所謂、、ガン宣告である。


抗がん剤との戦い、、、
三日間も、、食べれないい日が何回も続く。

私の教え子も同じような

たたかいに苦しんだ。

そうして、、若いちからは、病魔の悪魔にうちかってきた。


死にたいときもあった、、、

と、
つぶやいた。
あの池江りかこが。


そして、
24歳のパリオリンピックの金メダルを目指すと言い切った。
ダメなら、
28歳のオリンピックも目指すと、、、、、

付け加えた、


何と爽やかで、たくましいのか。

あの筋肉ウーマンだった身体は、、、、げっそりとなっていたが、、もうもちろん、
筋トレを始めている。。

(*゚▽゚)ノー池江。
俺も、、頑張っている。

茶碗洗い、食器洗い、家の掃除、トイレ掃除、風呂掃除、妻との向き合い、妻の肩こりのマッサージ、料理覚え、
不登校LGBTの子どもへの関わり、現役教師との話し合い、ダイエット、ラグビートレーニング、サイクリングトレーニング、絵画をかいて子どもらを励ますこと、絵本や書籍の読み聞かせや朗読、独り芝居、、、、


池江は、、あらためて、、おいらの星であり、目標だ。