FC2ブログ
2018/10/18

わからん? なぜに田口を替えたのか?



今日は、ギリギリ勝てたか?
と思えた。
田口強気の好投、ジョンソンノーノーかも知れない好投から、1点をもぎ取る。

それなのになぜ、
結果論ではないが、
なぜに、
好投田口を替えたのか?
高橋由伸監督の、真意が分からない。


勝ちを落とした巨人、

7回ウラ、
田口が出てこない事実に、場内が騒然となった。アナウンサーと解説者も唖然とした。
若い畠が出てきた。7回は無事だった。しかし、

8回ウラ、回またぎで畠投手、
2死から、
一つの四球の隙からひっくり返す広島
四球を選べる松山、盗塁する上本、引退を決めた新井の2塁打同点タイムリー、四球を選ぶ田中、
鮮やか左中間3ランホームランを打てる実は長距離打者の菊池、
なんちゅう鮮やか逆転劇


ピンチはあったが、きっちりと抑えた中崎

巨人1ー4広島


●もし、あのまま、
7回から、
田口で行って、逆転負けされても、文句は言えないし、言わないだろう。
田口でいくべきだった。
由伸監督の明らかな采配ミスである。
畠、上原に交替する科学的根拠がなかった。

🔷お立ち台に登った
抱き合った新井さん(みんながそう呼ぶ)と菊池選手は、大人と子どものようだった。
こんなに、違いがあったかと思って、調べたら、
新井さん(189センチー102キロ)、菊池(171センチー72キロ)である。
デカイお兄ちゃん新井さんは引退だが、チビッコの菊池は、ワールドクラシック野球では、守備力で、日本の忍者として恐れられているが、打撃では、実は四番を打てる長距離打者なのである。

巨人が敵う相手ではない。


2018/10/16

デスパイネ もう3発ーシリーズ男間違いなし。




三つとも、失投だと思います。
日ハムの捕手というか、投手というか、甘いのではないですか。

解説者は、
みんな同じ高めですよ。
と言った。

1戦目ー1回ウラ
外角高めかボール〜満塁ホームランを右に。これで、試合は決まった。

2戦目ー負け。デスパイネ2塁打の1安打。

3戦目ー4回ウラ
真ん中高めをバックスクリーンに叩き込む。

ーーーー6回ウラ
内角高めを今度はレフトスタンドに引っ張り放り込む。

シリーズ男間違いなし。打率545、本塁打3点。


「デスパ、いいね」
です。

●西武は実は、防御率が1番悪いのです。だから、ソフトバンクの投手が鍵です。
その上での打撃戦が楽しみですね。柳田の復調が大事です。

2018/10/15

圧巻芸術、ボール半個の出し入れ‼️



まるで、
世界新をだしたマラソンランナーみたいであった。
長丁場の完投を目指して、緩急を駆使していた。

フォームが、ゆっくりとしていた。
身体が、左右前後にブレていなかった。

つまり、何と言っても、身体と精神が落ち着いていた、
心技体の一致ショーだった。
もしや、ノーノーや完全試合を成せなくとも、、、今回も大崩れはしないだろうという安定感があった。

終盤になって、3連続完封は文句は無い。

あらためて、一夜経って、、


凄え、記録だ。
ヤクルト強力打線を、圧巻ノーノー完封劇にかたづけた。

なかなか人を褒めないぼやきの、あの野村監督が、
「今日の菅野は自分をちゃんとコントロールしていた、途中経過から、
完全試合をもありえると予想して、勝利を確信していた。、、、こういう投手を今一度、受けてみたい。」
と絶賛していた。

終盤になっての、サード前のバント処理と送球など、フットワーク軽く、足腰バランスなど文句なく、一級品であり、
藝術品であった。

日本代表のエースであることは、間違いが無い。

ああいう投球をされたら、強打広島や豪打西武とも、おいそれとは点数が取れない。

この菅野の好影響が、下克上への完成に近づくだろう。

10月17(水曜日)から、広島舞台でファイナルステージが始まる。


2018/10/10

イチローストレッチは、股関節がよおく伸びるんだね





このイチローストレッチは、、よおく、股関節が伸びるんですね。


ラガーーマンも、よくやるんです。
これがあ、とても気持ちいいんですね。


100mメートルスプリンターも、股関節が瞬間に開いて閉じる柔軟性は一番重要なんですね。

全身が蛸のようになる他のストレッチも、
忍者の要素なんですね。怪我しない要素でもあります。

2018/10/06

大坂なおみ 、、、メンタルのブレ、、 波高し




大坂なおみは、
決勝進出ならず、ランキング20位に、ストレート負け。

未だ安定しない、メンタル。

天気晴朗なれども波高し。


錦織は、

決勝に進出。優勝に王手‼️