2017/05/21

WBA会長が疑惑の判定と認め、怒りと謝罪を表明、再戦指令



さすがに、
WBA会長だ、見る目を持っているとみた。
でも、再戦指令なのか?疑惑判定でジャッジ処分で、勝利変更で、村田諒太チャンピオンではないのか???

あのカウンター一発のダウンで、
殆ど決まっていた。何度ビデオを見直しても、圧倒しまくっている。エンダムは、びびりまくって、防御の打ち逃げ(相撲でいうところのかけ逃げ)、
抱きつきクリンチばかりだった。

どうして、こんな人がチャンピオンになるのか、
3人のジャッジが、全て7ポイント以上離れているはずである(3-0)で、村田の勝利である。

言い訳をしなかった侍村田諒太は、自己主張していい、反省など要らない。


※================
下記記事をそのまんま、
引用参考とした。


WBA会長、村田―エンダム再戦指令 ツイッターで「怒りと謝罪」表明

スポニチアネックス 5/21(日) 8:51配信


WBA会長、村田―エンダム再戦指令 ツイッターで「怒りと謝罪」表明


 ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定12回戦
(20日、東京・有明コロシアム)で村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に1―2の判定で敗れた結果に対し、WBAのヒルベルト・メンドサJr会長が“再戦指令”を出した。


 メンドサ会長はツイッターで、
自身がつけた採点表を公表し、
117―110で村田の勝ちとした上で、
「DIRECT REMATH(再戦)」と書き添えた。

「私は公正な採点が下すことができないスポーツに怒りと不満を覚える。
私の採点では村田が117―110で勝っていた。
村田諒太と帝拳プロモーション、日本のボクシングファンにお詫びしたい。
ひどい判定がもたらすダメージをどう回復させたらいいか、言葉が見つからない。
私はチャンピオンシップ委員会に再戦を要求する」

と声明を発表した。

 村田―エンダム戦は。
ジャッジのラウル・カイズ・シニア(米国)が117―110で村田を支持したが、
グスタボ・オパディージャ(パナマ)は116―11で、
ヒューバート・アール(カナダ)は115―112で、いずれもエンダムを支持。

帝拳ジムの本田明彦会長は「これまでで一番ひどい採点」と怒りをあらわにし、「リマッチ?やりたくないですよ」とWBAへの不信感を示していた。
2017/05/20

ジャブが有効打??村田判定負けに疑問あり








WBA世界ミドル級王座決定戦において、

村田諒太の、
( 1-2 )の判定負けに、納得がいかない。

割れること自体、おかしいことだが、

3人の審判の採点点数にも、疑問がある。
ジャッジ3人の採点は
村田● 111―116〇 エンダム、
村田● 112―115〇 エンダム、
村田〇 117―110● エンダム、

だった。
(ジャッジペーパーを見直しても、おかしい)

エンダムひいき目にみても、判定トータルで、村田が負けるわけはない、だから、7ポイント差をつけたジャッジが、正確、科学的あり、合理的で、ゆえに、
判定
村田〇 (3-0) ●エンダム
だった。




みんな、ええっと言った。
日本国中、ええ、なんでと思っただろう。


相手選手エンダムの手数が多いなんて、ふしぎなことだ。アマチュアの判定ではないし、ネコパンチであり、

一発もクリーンヒットなど当たっていない。
(私もボクシング経験者だから、身をもってわかるが、何が当たっていて、当たっていないのか。
クリンチしていたのは、相手だけであった。)

明らかに当たっていたのは、
狙い撃ちの音がするパンチ、

村田がダウンを奪ったもの、
また、相手がロープに助けられたものなど、村田が当然、大差の判定勝ち( 3-0 )の筈だった。

どうなっているんだい?


村田サイドは、スポーツ裁判所に、裁定を申し込み、
そのあいだに、リターンマッチを申し込み、綺麗なKO勝ちしかない。
2017/05/19

マギー達磨、大車輪!!


(ちなみに、巨人軍は紳士たれという押しつけがあり、マギーも鼻ひげやあごひげは綺麗にそりこんでいる、が、顔の雰囲気は、相手が手も足も出せないような、達磨さんというイメージなのだ。)



巨人マギー、5月4割越えの大車輪の獅子奮迅のうごき

横浜ー巨人戦

井納とマイコラスのエース同士の投手戦。
序盤中盤まで、動かず。

中味は、延長戦まで、もつれた。

ずっと、言ってきたマギー四番説が、この試合も動き出す。

2回表左中間を真っ二つに引き裂き、センターが必死でおさえた。相変わらず打球がするどい中安打

次は、空振り三振
7回先制点の起点となる四球選択、リードする
9回犠飛、再び、同点となる当たり、センター奥に綺麗にうちかえす。

10回表、満塁から、三遊間に2点タイムリーで、決勝となる。

なんという頼もしさ。

前前記事で、
村田・亀井を生かしてくれ
と言ったが、

マギーがこんな大活躍だと、彼とは変えられない。
マギーの長所は、
打撃だけではない、
守備が堅実で、送球が安定している。
先日の解説では原辰徳さんが、そこんところをえらく褒めていた。

派手な送球など要らないのだ、確実さが、ナインや投手を安心させる。
前回もふれたが、

投手がピンチの時に、坂本主将以外に、自ら歩み寄ったのは、マギーだけだ。
野球をよく知っている。

村田も、亀井ももちろん、守備も送球も抜群だ、
村田と亀井と吉伸監督との「出場機会についての十分な話し合い」が必要だ。



引き合いに出す、
大田はきょうも、うった。
6戦4発の大当たりで、自己最多の5号だ。
のびのびしている。

マギーは、
背中にしょっている33番は、かつて、「四番サード長嶋」といわれたミスターが、監督時代につけていたものだ。
マギーを四番に据え直して、
「四番サード・マギー」
という響きを聴きたい。


尚且つ、
いうならば、
マギーとこの画の達磨さんの風貌は、
かの、
ベーブルースにも見えるから、凄いのだ。

2017/05/14

あえて、清宮と勝負




5月14日(日曜日)母の日、
熊本藤崎台野球場、

招待試合

早稲田実業高校 対 秀岳館高校


秀岳館高校は、9回の表、
5-1と早稲田実業をリードしていた。

二人を打ち取った、
次打者をうちとると、勝つ。

投手は左の強気の投手、田浦。

強打者の清宮幸太郎に廻さなくて済む。

鍛治舎監督は、伝令を出した。

敬遠しろ、

つまり、
清宮に廻せということだ。
田浦はすんなり受け入れた、投手として、望むところだ、最後に清宮と勝負をしたかったのだろう。


普通なら、前代未聞だ、
熊本野球界の指導者なら、こんなことはしないというか、

出来ない。

おそらく、
鍛治舎監督の計算によると、
ホームランを打たれても、2ランで、5-3で、負けることはない。田浦なら後続をきってとれる、
まさかに、
逆転の動きがあっても、そのときはそのとき、
まだ9回うらの試合が出来る、

甲子園に向かって、
東京の強豪校と練習試合が出来るなんて、そうはない。

田浦対清宮
の場面が、ためしとして、一番スリリングな状況で、練習できる、データが取れる、実際、この夏の甲子園で、
再びこの対決が出来るかもしれない。

もうひとつは、
ファンサービスだ。
粋なもんだ。



いいではないか。

清宮は一瞬、不思議な、顔をした、そして、結果は、強い当たりの
1塁ゴロだった。


いいんではないか。
批判する人がいたら、

いなかもんとしか言われないと思う。
2017/05/11

勝ち負けがつかない日、我慢我慢、切り替え





(言い訳の巻)

好投手は、よく被弾する、、

コントロールがいいので、絞られやすい。

ダルも田中も、菅野も時々、被弾する。


トータルとして防御率はいいのだが、、、、

どちらも、
味方が、
ある程度、点数をとってくれないと勝てない。

まあ、
9回二死までノーヒットや完全で、
1点でも取ってくれれば、勝てるときもあるが、

それは、
まれで、

全体として要所を締めるときはしめて勝てるためにも、ある程度は点数をとってくれ。