2017/12/05

盲目だからこそ、高い感性があるらしいい




途中でやめときゃ、よかったが、
悪い癖で、感覚でぬってしまった、失敗作ですね。



綾瀬はるかの、イチ


座頭市でもあるのだろうが、
盲目の女性の場合、ごぜになる、女性同志、一列になり、諸国をねりあるく、
そのうちに、必ずやいじめがある、

女性が襲われる場合もある。

イチの逆手切りの迫力がいまひとつ出せなかった。
塗ればいいという問題ではない
2017/11/04

深遠なる新日本風土記




毎週金曜日よる9時に、癒されています。



新日本風土記においては、


いつも深遠なる日本の文化を魅せられて、感動します。

背景の「あはがり」という朝崎郁恵さんのうたには、涙いたします。
2017/10/20

背中で勝負




選挙に、背を向けたら、

悪事千里を走る、かな?
2017/10/18

何度も歌詞が変わったメロディー






珠玉のレジェンド名曲
〜メロディー

あの熊本市民会館ホールの、2列目の距離感んで聴いたこの曲は、忘れられない。

歌詞が何度も書き直されているというように、本人にもこだわりが強い一曲、また、聴いているわれわれそしてどなたの人生の曲がり角の風景が、滲み出て来る。、、、、、


メロディー


歌:玉置浩二
作詞:玉置浩二
作曲:玉置浩二


あんなにも 好きだった きみがいた この町に
いまもまだ 大好きな あの歌は 聞こえてるよ
いつも やさしくて 少し さみしくて


あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
ぼくたちは 幸せを 見つめてたよ


なつかしい この店の すみっこに 置いてある
寄せ書きの はじのほう きみと書いた ピースマーク
みんな 集まって 泣いて 歌ってたね


あの頃は なにもなくて
それだって 楽しくやったよ
メロディー いつのまに
大切な ものなくした


あの頃は なにもなくてh
それだって 楽しくやったよ
メロディー 泣きながら
遠い空 流されても


きみのこと 忘れないよ
いつだって 楽しくやったよ
メロディー 泣かないで
あの歌は 心から 聞こえてるよ


========================

⬛️
  いつも聴いている「あんなにも好きだった君がいたこの街にいまもまだ大好きなあの歌は聞こえてるよ。いつも優しくて少し淋しくて」までは同じなのですが、
その次「君のこと覚えてるよ。いまもまだ一人じゃないかと。メロディ、泣きながらあの歌は君だけを見つけてるよ」というふうに続いているこの歌詞。


この曲は本人の思いいれも強く、CD発売までに何度も歌詞を書き直していたのです。
あなたの掲載の動画はリリース前の歌詞です。

しかし実はさらにもう一種類の歌詞がありました。
つまりCDも含めて3種類の歌詞のバージョンが映像として存在するのです。

もう一つは1996年にNHKで放送された「玉置浩二37歳のメロディー」という番組で歌われていました。

石川鷹彦をギターに迎えて北海道羅臼にて赤い服を着て歌っていた映像です。この直後に現在の歌詞になり今に至ります。

残念ながら私は再放送を録画予定でしたが、近鉄の野球デーゲームが長引いてつぶされ・・再放送もなく録画できませんでした。サビも結構違うものでした。YOUTUBEにもその番組のUPはありましたが今は削除されています。

===================
だそうです。
2017/09/22

大仏の    仰ぎて照らし    月光に




もうすぐ、中秋の名月は10月四日、


遥かに月を仰いで   合掌するや、高徳院鎌倉大仏


先日、
プレバトで、1位になった句は、
千原ジュニア

「大仏や  拝むボクサー  朝の月」

だった。
プロボクサーがタイトルマッチに、走り込み、大仏の前で、合掌し、明日の勝利を祈るという構図だった

師匠・夏井いつき先生は

上手いです、良い句ですね、大仏の前に人を配する、大の前に小ですね。
ただひとつ、「拝む」が、神頼み・他力本願過ぎる、弱っちいので、もっと前向きな言葉、
すると、
千原ジュニアが、「にらむ」といった。
「えらい、そう、分かっていれば、使えばいいでしょう。もったいない。」
(なぜか、
1位と最下位を繰り返すジュニア)


「睨む」がいいでしょう。

「大仏や  睨むボクサー  朝の月」

になった。

見事な、雄々しい、勇ましい句だ。