FC2ブログ
2019/06/24

かるい若者ーバカモノ




ときどき、
スマホ片手の若者たちの、言動の軽さが、、軽薄短小さが、、気になる事が多くある。

お笑い芸人たちの、闇営業ー謹慎処分の問題について、、

「謹慎、重いですねえ、早く出て欲しい」
「当分謹慎処分、期間はまだわからない、早く出てきてほしいですねえ」

などと、
いう男女の若者たち、彼らには、
面白けりゃいい、楽しけりゃいい、人気があればいい、笑えればいいーーーー

という、
見方が固定していることに、恐ろしさを感じる。

自分たちのおじいちゃんおばあちゃんたちが被害にあったお金が、芸人たちに渡っていたと言っても、、

恐らく、ピンとこないのでしょう。


私は、軽い若者を馬鹿者と呼んでいる。


反社会勢力と繋がる問題だと考えれば、
覚せい剤薬物問題と同じで、刑事事件であるべきであり、

芸能事務所が処分を下すべき問題ではなくて、

警察、検察当局が逮捕すべき事例である。
2019/06/12

岡本和真を、野村克也監督にきびしく指導してもらいたい




一頃の、日本シリーズの宿敵だ。
この第一戦において
西武は、、宿敵ー巨人をのんだ。
圧倒した、
点差以上に差があった。


ーー岡本和真は、、まだ甘い。ーー



● 反撃機のビッグチャンス時期だった。
唖然とした、
初球に手を出して、
あっさりと併殺してしまった四番と呼びたくない岡本の、馬鹿さ加減に、天を仰いだ。
なでしこジャパンのスコアレスドローみたいに、
茫然自失となった。



ーーーーーーーーーーーーー
野村克也氏も、バッサリと斬った。


  巨人は0-1の4回、一死走者なしから、
坂本勇人の四球、丸佳浩の安打で、一、二塁のチャンスを作ったが、

4番の岡本和真は西武先発・佐野泰雄が投じた初球のチェンジアップに手を出し、
最悪のダブルプレーに倒れた。

 この打撃に野村氏は、
「大不満ですよ。
今日に限ったことじゃないけど、岡本のプレーを見ていると、
野球とはどういうスポーツか聞いて見たい。

頭のスポーツじゃないのかと。
何にも考えていない。

来た球を打つという。
(ボールが)来たから打ったらショートゴロ。
ランナーが一塁だとか、何も考えずにバッターボックスに打っているからこういう結果になるんですよ」
とボヤいた。

 それでも野村氏は、
「岡本には毎日反省野球。マンツーマンでいいからやってみたい」
と岡本を指導してみたいと話していた。
2019/06/03

岡本和真2軍に落とす、岡本和真より山下航汰






巨人打線で、
何度もいってきたこと。

【結論】岡本和真を、2軍に落とす。
理由ー
(もう、堪忍袋の尾が切れた、
本人のため、長い野球人生を、考えるとき、鍛え直す時間が必要だ。
ひょっとしたら、4番打者は落とされないという、自負があるのかも知れない。
何の根拠も無い自信があるのだろう。
巨人軍の4番という看板は、これでは恥ずかしいし、
事実、負けるし、
広島、阪神に追いつけない。)

4番打者は、今の成績からすると、坂本勇人しか居ないだろう。

ーーーーーーーーーーー

①右ー左、重盛ー(場合によっては、亀井、育成ドラフト1位の山下)
②二ー左、田中ー(場合によっては、山本、増田、
③中ー左、丸ー
④遊ー右、坂本ー
⑤一ー左、大城ー中島
⑥三ー右、ビヤヌエバー中島
⑦左ー右、ゲレーロー増田、
⑧捕ー右、小林
⑨投ー右、菅野

🔶DHの時は、
投手の代わりに、スーパーサブの阿部慎之助か、陽岱鋼を入れて、打順をあげる。


🔸🔸山下航汰 ー
高校通算75本塁打を誇る健大高崎・山下航汰は、巨人に育成1位でプロ野球界に進む。支度金200万円、年俸240万円で仮契約。

ダルビッシュ有選手(カブス)も巣立った中学硬式のオール羽曳野ボーイズ(大阪)の出身。
「足を使った野球を学びたい」と“機動破壊”が持ち味の健大高崎に進学を決めた。

1年春からベンチ入りし、昨春の選抜大会では2本の満塁本塁打を放ち勝利に貢献。
1大会2本は史上2人目の快挙だった。
高校通算本塁打は75本、スラッガーとして全国の注目を集めた。

🔸176センチ、80キロ、18歳。外野手内野手、右投げ左打ち
2019/05/16

リアル二刀流、マエケン打って投げて勝つ‼️5勝目

(時間がなくて、雑な下絵のまま、のっけました。)






マエケンこと、前田健太は、桑田二世と、高1から、呼ばれていた、

投げて、エース、
打っては、ホームランをかっ飛ばしていたからだ、

広島カープに入団してからも、二刀流の実力を見せつけていた。


今回は、
投げては、6回2/3で、12三振ー無失点、其の12奪三振の全てが、空振り三振だった。
ゾーン状態だろうと推察出来る。
ひとつの奇跡である。
7回で交代するときは、スタンディングオーベーションの賞賛の大拍手と、
「何故代えるのか」というブーイングが、同時に巻き起こった。



打っては、2回に、ポテンヒットで、2点タイムリーヒットで、打点2で、マルチヒットでもあった。
マエケンが打って守ったその
2点だけの、

2ー0
で、勝ったのである。

つまり、
リアル二刀流である。


マエケンは、時々、ホームランも打つ、
長打力が、本当にあるのだ。
ーー

元々、投手は、打撃センスが一番良い選手から、選ばれることが多い。

マエケンしかり、
桑田しかり、
大谷翔平しかり、
イチロー先輩しかり、

🔶王貞治選手も、実は早稲田実業高校の優勝投手である。

🔶堀内恒夫も、1967年で10月10日広島戦において、
投げてはノーヒットノーラン達成して、打っては、3打席連続ホームランという伝説の記録を残した。
通算203勝をあげ、通算21本塁打を残した。

🔶金田正一の400勝投手も、よく代打で出場していた。投手として、通算最多本塁打記録を持っている。


🔵平成の怪物ー松坂大輔も、投手としても、打者としても、超一流である。


🔵マエケンは、
先発も、残して
中継ぎも、
抑えも、
出来うる有能な選手だ、チームの事情や要望によって、イエスでいく。

今後の大活躍が楽しみだ。



2019/05/16

(戦争で島をとりかえす)という国会議員




(丸山)戦争をして、島を取り返す、奪い返すーーー


🔶それを、ふつう、(侵略)と言います。


(丸山)酒を飲んでいましたからーー

🔶言い訳になりません。つか、酒は本音が出ますからね。


(丸山)議員は、辞めるつもりはありません。まっとうします。ーー


🔶それを決めるのは、私たち国民です。
国民の税金で議員の給料を払ってます。やめただけでは、終わりませんよ。

自分の自己主張や意見に、自信があるのなら、
ツイッターではなく、
堂々と記者会見をしてください。