2016/11/30

夢を叶えるぞ。






イングランドの北海の海で鍛えた、ものほんのダッフルコートを着込みまして、、

毛糸の帽子を耳まで、被り倒して、

ストーブ列車舞い散る雪の中を、

豪雪の、雪国で、吉幾三聴いて、三味線訊いて、

いかをあぶって、


美味しい、冷酒と熱燗とぬるかんも、吞んで呑んで、呑まれて、のんで、


一寝入りして、

また呑んで、

妻と手を握る。

妻の大好きな白ワインをわざわざ、持ってきた、ワイングラスに注いで上げることです。

長男と長女たちにもです。
長女は呑めるたちなので、わたしと呑み勝負、
長男は、全然飲めないので、カルピスの1,5リットルボトルをわたしとく。

周囲のお客様たちには、九州のあご出しを土産に配る、そしてお返しの日本酒をもらう。それが日本人だ。

それが、勝手なぼくの、一つの夢です。
2016/11/29

ストーブ列車で、いっぱい吞みたいなああ




いかあぶり、 冷酒飲んで  ストーブ列車

お酒はぬるめの(熱)燗がいい、

肴はあぶった烏賊でいい

女は無口でなくていい


男も饒舌歓迎だ。