FC2ブログ
2019/02/19

藤原恭大は非の打ち所がない




甲子園優勝校大阪桐蔭から、
ドラ1で、入団した藤原恭大(18)が、

本領発揮しだした。
フルスイングを、目標に、
当たらなくとも三振しても、振っても振っても、あたらなくて、
でも、フルスイングを崩さずに頑固に振ってきた。

それが当たりだした。

元中日の和田一浩が分析するに、
「高校出で、こんな選手は見たことがない、
非の打ち所がない。、、、、」
というパーフェクトさである。


合宿所の寮に、自己投資して、140万円かけた、
甲子園が終わり、高校ジャパンが終わり、自費で購入していた。

約40万円のテンピュールの電動リクライニングベッドに、
約100万円だという伊藤超短波の超音波治療器。
を、
自分の部屋に、入れて使っていることは、

前述した。

マイペースそのものは、自分の到達目標がしっかりとしているからだろう。
2019/02/18

早期スポーツ教育ー如何なものか⁉️




最速????7歳ー100走を13秒48秒、、


早期に鍛えすぎではなかろうか、

本人はアメリカンフットボールを楽しんでいるようだが、


色々なスポーツプラス文化系
などをやるべきだと思います。

例え、この7歳が、将来、10年後。ボルトの記録を破ろうとも、
それはそれで、それだけの話で、

万能だとして、その方法を拡大するのは、むしろ危険であろう。

大人や、
スポーツだけの価値観をこどもに押し付けては如何なものか????

2019/02/15

小林誠司、侍ジャパン再選出、吉川尚も岡本も田口も





甲斐キャノンに匹敵する強肩の力、

敵チームにおいて、捕手が小林だと、
そもそも、盗塁しようという意欲が萎えて、敢行しようとしない。

2017年の侍ジャパンでは、4割以上の最高打率を誇った。
3月のメキシコ戦では
活躍するだろう。

今年の巨人内では
小林の他に、炭谷、阿部、大城 、宇佐美と
競い合っている。
2019/02/12

別れるの、、? 星影のワルツ?




早くない?

(詳しい根拠は、表沙汰になるのか、分からないが、、、何かあったのね。)


🎵別れることは、、つらいけど、、

仕方がないんだ、、君のため、、、

別れに、、星影のワルツをうたおう、、、


もし、
サーシャベイジンコーチが、
敵方に就いたとしいたなら、、色々な意味で、、怖いと思うけどな。

(第2報)
●大坂なおみが独り立ちしたがっている
●ボレーやセカンドサーブの新しいコーチングを模索している。
●レジェンド(過去のグランドスラム優勝者など)級のコーチを求めていて、グランドスラムの戦い方を、より有利にしていきたい可能性もある。
●お金契約上の問題が破綻しているのかも。
●何か 、他に個人的な軋轢などで、関係が破綻したのかも。


何れにしても、
なるようにしかならないでしょう。

2019/02/10

尾畑さんは東京から大分に歩いて帰っている





東京から、大分へと歩いて帰っている。
約1100キロメートルだ。

気が遠くなる。


昨日は、
橋の下で、テントを張って、寝たという。
食べ物は、差し入れもお陰様でいっぱあるという。



この冬空のもとで。



何が、この人オバタハルオをして、世の中に警鐘をならしているのだろう。


この人は、スーパーボランティアと呼ばれるが、

残念なことに、
国会議員の中には、与党も野党も、ひとりもスーパーボランティアはいないような気がする。