2017/06/01

アーメン




よくもまあ、
こんな迫害、惨殺があったものだと思う。
片手にくいを1本か2本ずつ、足元に、1本打ち込む。

なんで、そんなことまでしなくてはいけなかったのか、よくわからない。

心の中にも、
くいが何本もささるときがある、身体は生きていても、死んでいるのと同じだ。
両手を合わせて、合掌したい。


アーメンとは、


アーメン(amen/〈ヘブライ〉'āmēn)



[感]キリスト教で、祈り・賛美歌などの最後に唱える言葉。

まことに、確かに、そうなりますように、の意。エイメン。
2017/05/31

阿吽の呼吸






阿形から、吽形。

人生は、「あっ」という間に過ぎて、「うん」と言っておわる。
2017/05/31

何にもしていない




イエス・キリストの
十字架の磔の画で、、、、


どきりとしたアングルがあった。

この見下ろした角度である。
いつかは描こうとおもっていた角度だったが、勇気がいった。いちばん痛くて、惨い気持ちがするからである。



数年前、クリスチャンになった。
なったが、

自分の為にも、
ひとの為にも、何にもしていない。
なんにもしていないから、

何の御加護も受けていないのかもしれない。




でも、

自分の担ぐ十字架の重さが、年々重くなっている。どこかに逃げ出したいが、逃げ切れない、あとから、あとから追いかけてくるようだ、

十字架
を背負って、丘も坂も越えることができない。


何にもできていないから、
手を合わせているだけだ。無力を感じることがただ、きつい。
2017/05/02

達磨さんも、戦争反対




手も足も出ない達磨さんなら、、、


頭だけつかって、

戦争に加担しないことだ。


何もしないことが、何かをすることだ、



結局は、
戦争に勝った負けたは、無い。

勝ちが良くて、負けがわるいということはない。


せんそうしたところは、ぜんいんまけだ。
2017/04/30

なぜか?




なぜ、
沈黙は金で、

雄弁は銀なのか、

分からない。