2017/06/07

神様





神様、


巨人を御助けください。


・・・・・・・。
2017/06/06

山高神大桜を甦らせた花咲かおじさん




日本三大桜に

山高神大桜(山梨県)がある。


樹齢は、2千年を超えると言われていたが、ピンチになっていた。



現代の花咲かおじさんといわれる、一人の樹木医和田博幸が、地域の人々と協力して、甦らせた。

人間の愛情や協力が必要なんだといっていた。


※  資料  =============
  山梨県武川町山高の実相寺境内にあり、
野生のエドヒガンザクラで、

推定樹齢は1800年とも2000年とも言われ、その風格には驚かされます。

樹高10.3m、目通り幹周10mほどもあり、

日本で最古・最大の巨樹として、
大正時代に日本最初の国指定天然記念物となりました。

伝説では、神話の武将日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の折に植えたと言われ、
名前の由来になってるのだとか。
また13世紀ごろ、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれています。

「新日本名木百選」にも選定されており、
満開の頃に並ぶ出店では、地元の味に一息つきながらゆったりと観賞することができます。
2017/05/25

また、勝った




藤井聡太四段が、102手で、また勝った。
19連勝だ。

角行の大駒を、相手の香車にとらせて、
その尻から、桂馬を打ち、王手するような計画的な大技を披露することを、

周囲の先輩たちが解説していた。

竜王戦のトーナメントにも出場できる機会が近づいているらしい、
末恐ろしいと、何人も言っている。
2017/04/26

彫りが深い、くせが凄い





どこぞの、誰だか、知りません。


なんて、彫りが深いのでしょうか?

エイジアンピーポー(アジア人)と、全然違うよね。
顔面部の、
骨格が違うのでしょうね、

どうでもいいですが、
整った顔の画や美術品などは、この辺のギリシア系顔だちをモデルにしていますよね。


サングラスが、きっとお似合いでしょう。
2017/04/25

お通、綺麗な瞳




「武シャン、、、、」

と、

済んだ瞳で呼びかけるお通の想い。

宮本武蔵ー吉川英治現作においての創作の架空の人物であるとも言われているが、
実在のモデルや、
それに近いひとは居たでしょう。

吉川英治文学は、殺伐たる、武蔵の一生に、女性のそんざい、絆をくっつけて、

人間らしさを追求したと言っていい。

さて、
画だが、

パッチリまん丸お目目が大きい、大きすぎるのではないか、
瞳が、

そして、
その中の黒目がまた、大きすぎるのだが、漫画でデフォルメだと想えばなんのことは、ない。

最近でいう、
カラコン(カラーコンタクトみないなものである。