FC2ブログ
2020/05/30

美しく強かった






キングダムが、
ノーカットで、放映された。

噂通り、長澤まさみの楊端和さんは、


美しく、
綺麗で、
強靭だった。

キングダム、パート2の撮影が決まったそうで、楽しみだ。

2020/05/19

ひょっとして、ラグビーは、消え去るのか????????




ラグビーを、観たい、、、


ラグビーをしたい、個人自主トレだけでは、、、、辛い、しんどい、達成感が今ひとつ、、マスターベーションだ、



今後、

一番コンタクトが多い激しい、このスポーツは、

密集密接密閉の程度ーつまり三密状態がつよいこのスポーツは、

消え去るのか????????



過去、
元祖イングランドにおいては、ラグビー禁止令が出た歴史がある。
2020/05/13

笑って、ラグビーしたいです。




笑う男ー

本当は、ゲタゲタ笑います。

後輩の新潟工業高校ラグビー部に、300万円の芝生をポンと寄付しました。


綺麗な彼女が居ます。モテます。



ラグビーの試合をして、観客とワンティームになりたいです。


相撲の力士が亡くなったことは、ショックです。
彼は、
28歳で、
糖尿病を持っていました。

単純に、この若者のスポーツマンを、救えなかったのでしょうか????
と、痛切に思います。

両親や家族は、たまらんです。

何とか、ならんかったのか????

部屋の責任、先輩の責任、親方の責任、
相撲協会の全責任です。


医療逼迫の状況です。


相撲は、恐らくは、

三密の典型の競技です、どうにかならんかったのか。



2020/03/16

グーちゃん(具 智元)は可愛く強靭な右プロップー具で8強をもぎとったといっても過言ではない


(グーちゃんに、
似せて、鉛筆画を描いてみたが、なかなか難しい。眼はほとんど開いていなく、五木ひろし風である。)




笑わない男ー稲垣啓太(いながき けいた)
ほとんど笑顔の男ー具智元(グ・ ジウオン)
いつも泣き顔の男ー田中史明(たなか ふみあき)




愛称が
グーくんか、グーちゃん
こと

具 智元

日本代表の3番で、スクラムの要石をにぎった男、3番の具智元がいたから、スクラムが勝てて、予選試合が4勝をもぎとることが出来て、史上最強の世界8強を奪ることができたと過言ではない。

ラグビーワールカップ2019

基本情報
フルネーム
具 智元(Koo Ji-Won)

生年月日
1994年7月20日(25歳)

出身地
大韓民国 ソウル特別市

身長
1.84 m (6 ft 1⁄2 in)
体重
122 kg (19 st 3 lb)

学校
佐伯市立鶴谷中学校
日本文理大学附属高校

大学
拓殖大学

愛称
グーくん、デニさん


ラグビーユニオン経歴
ポジション
プロップ


代表
年■テンプレート
具 智元(ハングル:구지원、グ・ジウォン、1994年7月20日 - )は、トップリーグHonda Heatに所属するラグビー選手。


プロフィール[編集]
日本代表キャップは13。(2019年10月現在)
父親は、元ラグビー韓国代表の具東春(延世大学からホンダヒート)、兄は具智充(拓殖大学からホンダヒート)というラグビー一家。

ニュージーランドに留学した際に「デニー」の愛称が付けられ、中学と高校時代にも「デニー」の愛称で親しまれた[1][2]。
高校時代に高校日本代表、大学時代にU20日本代表に選ばれており、着実に各年代の日本代表に選出されてきた[3]。


略歴[編集]
小学6年生の時に[4]、ニュージーランドウェリントンへ留学[5]。
その後、大分県の公立中学(佐伯市立鶴谷中学校)に編入。
2013年、日本文理大学附属高校(大分県佐伯市)卒業後、拓殖大学に入る。
2016年、スーパーラグビーサンウルブズに選ばれた[6]。

2017年、拓殖大学卒業後、Honda Heatに加入[7]。
同年9月9日、行われたジャパンラグビートップチャレンジリーグマツダブルーズーマーズ戦にて、先発出場で公式戦初出場を果たす[8]。
また同年11月19日に行われたリポビタンDツアートンガ代表戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得した[9]。

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[10]。
W杯では開幕戦のロシア戦から準々決勝の南アフリカ戦まで日本代表の全5試合に出場した。

2019年12月、日本国籍取得[11][12]。


2020/03/14

地球人、心のスクラム組め、コロナに負けるなーーラグビー世界最高のアスリートより




黒衣軍団といわれるワンティームの背番号7


大怪我しても、

大量出血しても、、

止血して、

針で縫って、

テーピングして、
真白い包帯でぐるぐるにまいて、黒のビニールテープで上から巻いても、

赤いものが流れてくる。
(頭に巻いているものは、
赤、黒、赤、白のカラーになっているものが見えるが、実は、白いテーピング包帯と黒いビニルテープだけなのだ、黒の下の赤いものは、血液が降りてきて、真っ赤に染まっているものなのだ。-よく考えてみると、怖い、出血多量で、ぶっ倒れるのではないかと思える。しかし、この漢は、倒れないのだ。みんなを率いていくのだ。)


スポーツの中でも、一番、走ってしまう戦争みたいな戦いだから、
興奮して、
頭付近は、血が上り、
流血は止まらない、、

それでも、走る、
タックルする、
ジャッカルする、そうだ、世界一のジャッカルマンは、この漢だ。

キャプテンを長い間、引き受けていたー主将という資格はマオリ族を引いている条件があるという、
マオリ族を引く、白人だ。
世界最高の選手と言われて、ワールドカップでは、3度世界一をとった。
日本のワールドカップラグビーの決勝戦で、
闘った南アフリカ共和国対イングランドにおいて、

表彰式に、
優勝カップであるーウイリアム・エリスカップを持ってきてくれた。

世界一、素敵なアスリートだ。
ミスターラグビーだ。

オールブラックスの、リッチーマコウという名選手だ。
今はヘリコプターのパイロットをしている。
文字通り、
未だに、天空を縦横無尽に翔け回っている。

まさに、雲龍奔馬ー復活だ、
豪雨をつんざいて飛翔する昇龍であり、天空を駆け回る駿馬である。

かっこいいーーー。



どんな大怪我や、どんな困難にも負けないおとこだ。
彼にあやかって、
お互いの国々を論じたり、批判したりするのはやめて、

全世界の地球人、
みんなでワンティーム組んで、コロナウイルスと闘い続けたい。