2018/06/17

楕円球  たどり着いたらいつも雨降り土砂降り  雷墜つ




★ 高校時代、、
なぜかこの唄をよくうたっていたなあ。
吠えていたなあ、
作詞作曲者の吉田拓郎より、モップスの方の印象がつよいのは、なぜだろう。

生徒の有志で、ラグビー同好会が結成され、自主的に練習を始めた。
ラグビーの指導書を読みながら、スクラムを組んだり、タックルの練習をした。
同好会は、職員会議に4回かけられたが、指導者不在ということで、認めずということになった、部員はちりぢりになった。
やけくそで、
ボクシングを始めた、突っ張りのヤンキーが、私を呼ぶ呼び名に、君をつけるようになった。おかしかった。
減量をした、試合に出た、負けた。
高三の夏になり、病弱になっていた父が自分の誕生日に49歳の若さで亡くなった。
荒れた、
大学進学を一時期、諦めた、
でも、母がヨイトマケの唄のように、私を支えてくれた。--


大学に入ったら、
絶対にラグビーをしてやろうと心に誓った。


大学に入って、
本格的にラグビーを始めた。
火曜日に入学して、入部を申し込み、土曜日には、初の練習試合に出場させてもらった。
嬉しかった。
もうすぐでトライという場面でスキが出た、腹部に激しいタックルを浴びて、息が止まった、
そうは問屋が卸さなかった。


高校からのラグビー経験者はより優位という「嘘っぱち」に負けたくないため、

誰よりも、
少しでも多く、練習した。
練習の虫になり、のち鬼になった。

雨が強雨になって、練習中止になると、他の部員や先輩たちは喜んで「半チャンつもるぞお」「パチンコ行くぞお」などと言いながら帰っていった。
すれ違いざまに、私は着替えて、
雨の中のグランドに飛び出した。

周囲の大学生たちは、酒タバコ麻雀パチンコ女遊び男遊び、、コンパコンパだった。私は、一切眼中に無かった。
楕円球だけが、友達だった。


芝生の少ないグラウンドで、走った、
走りまくった、走る練習をいろいろとカンガエタ。
タイヤ引きをかんがえた
、近くの自転車屋からチュウブをもらい、ガソリンスタンドに頼んで、大中小のタイヤも手に入れた。
タイヤ引きを1本から引きずってダッシュする練習をはじめた。初めから、ダッシュは出来なかった。引きずり歩くが精一杯だった。10mも行けなかった。
そうして、
だんだんと伸ばしていった。
最終は10本のタイヤを引きずりながら、100mダッシュを10本往復連続出来るようになった。
自慢じゃ無いが、
走り込みを強調する張本勲よりも走った。
走り込んだ時には信じられないくらいのコンセントレーションが出来た。ゲーム中、流れるように走りタックルし、ジャッカルをして、トライができた。



ボールを蹴りまくった。
一時期は、千本も蹴った。
千本は、わずか二回しか達成できなかった。
666本の記録と記憶とともに、グラウンドに倒れ、朝まで気づかなかったことがあった。馬鹿だろうと思う。
気絶は二度した。


雨が土砂降りになったときもあった、かまわずけりこんだ。
もともと、全天候型スポーツで、発祥地イングランドはいつも雨降りだ。何故に休むのか。

ゴールキックは、
10本中8本ポールに当てられるようなコントロールがついた。
失敗キックをスパイクのなかの見えない親指と人差し指の、微妙な上げ下げで、操作し、支配した。
50mのキックも入れることができた。

筋トレもしまくった。
バーベルを上げ続けた。
1日に2リットルも牛乳雪印アカディ(お腹下さないように)をほおばりながら、練習しまくった。
脚が変わった、下半身がかわった、お尻がしまった、上半身がかわった。
コンタクトするときに、怖いものがなくなった。
大学の裏手の小高い山を繰り返し上った、途中にある急坂の坂道ダッシュを来る日も来る日やり続けた。
ときどき、
倒れて眠った。


足が速くなった。
100走で優勝して、砲丸投げは準優勝した。
右フランカーのフォワードだったが、バックスよりもトライ数が多かった。1試合に5トライをとることがあった。それでも不満足だった。
フランカーだから、徹底的にタックルの練習もしまくった。タックルバッグにぶち当たり続けた。首に回りの僧帽筋が成層火山みたいになった。



後年、
キックは県ナンバーワンといわれ、国体選手に選抜された。
「黒い弾丸」
という異名で呼ばれた。




疲れ果てていることは
誰にもかくせはしないだろう
ところがおいらは何のために
こんなに疲れてしまったのか
今日という日が そんなにも大きな
いちにちとは思わないが
それでもやっぱり 考えてしまう
ああ このけだるさは何だ



いつかはどこかへ 落ち着こうと
心の置き場をさがすだけ
たどり着いたら いつも雨降り
そんなことのくり返し

やっとこれでおいらの旅も
終わったのかと思ったら
いつものことではあるけれど
ああ ここもやっぱり どしゃ降りさ

心の中に傘をさして
裸足で歩いている自分がみえる



人の言葉が 右の耳から
左の耳へと 通りすぎる
それほど 頭の中は
からっぽになっちまってる

今日は何故か おだやかで
知らん顔してる自分がみえる
2018/06/09

日本、イタリアに完勝





ワールドカップラグビージャパンまで、あと1年。

きょうは、大分スタジアムで、完勝

日本34-17イタリア

のダブルスコアだった。

点差も肉迫するシーンもあったが、後半突き放した。
田村のキックパス、からの~トライ
また、
田村のゴロキックを松嶋拾ってトライ。

田村のゴールキックは殆ど完璧に決まっていた。
イタリアは、6か国対抗ラグビーに出ているチームだが、
後半ばてあがっていた。

福岡けんきの駿足が目立っていた。
姫野とマーフィーとリーチの突進やタックルが目立っていた。この3人がフル回転したら、世界に通用する。


ちなみに、
サッカーチームは、
日本 0-2スイス
であり、
完敗していた。
内容的にもボールを一切取れず、圧倒的に差があった。日本が決定力がないなどの問題ではない、なさけなーーい。
2017/12/04

ダン・カーター様が神戸製鋼にやってくる





うれしやうれしや、

たのしやたのしや、


神戸製鋼をえらんでくれたーダン・カーターさま。


MZの天才と呼ばれ、最高の記録をたたきだした。
彼の左は、鳥肌が立つ。


今は亡き
平尾誠二がかつて居た、
日本ラグビーを革命的に牽引していた、おしくも彼はもうこのグランドには居ない

が、魂や、ラグビーを楽しもうとしたプレイ精神は残っている。
世界一でもあるNZから、
その創造力と想像力をもってきて来日してくれたー
神戸製鋼に再度優勝を期待する
2017/11/27

キャプテンのキャプテンシー




1・
キャプテンリーチマイケルは、
トンガ戦では、
見事な2トライ目を奪った。

そして、トンガ戦もフランス戦も、

獅子奮迅の大車輪の活躍をしまくった。


2.

また、
フランス戦で、特筆すべきは、

大金星、零したが。堀江が奇跡の発掘人だということだった。

対フランス戦において、

元々、定評があった元キャプテン堀江が
示現流の一太刀の鋭さを見せた。


最初の堀江のトライは、バックス以上またはそれ並みのものだった、

コースどり、
スピード、
キャッチング、
低さ、
力強さ、
ボールダウン、
素早さ、

総合力で、完成品で、一級品で、

味方の闘争心にさらに火を付けた。


3、奇跡のタップパスの田村
 この堀江に、最終的にナイスパスを、瞬間のタップパスを送ったのは、10番田村だった。
タップパスというものは、
つかんで素早くパスをするのではなく、
片手で頬を引っ叩くように、方向を変えるだけである。(バレーに例えるなら、セッターからのクイックパスであるし、サッカーでいうなら、かかとのキックパスみたいなもんである。

なぜなら、
レシーブでつかんでいたら、敵のマークからまともにタックルを受け、
キラーパスをおくれなかったという超難度の高度なプレイだった。
エディ―ジョーンズも、、「田村は天才だ」と語っていた。

しかしながら、
このパーフェクトな田村がこの日は、珍しく、キックミスが多かった。


最終的に惜しかったね。
2017/09/29

出陣する




雲ひとつも無い蒼空ほど、
にくらしいものはない、こころのなかに、ぐさりぐさり入ってくる、空にも地上にも、逃げ場所、隠れ場所がなくなって、うろうろする、
何が、
いい天気ですね
だ、

炎天下も冬将軍も、哀しくってしょうがない。わけなんかない、、、
情に竿さしこんで、はまってとれない自分の感性がおどろおどろしい、、、



自分の頭の上の、窓枠から、出られない。

出たくてもでられない、、、、
行きたい南の海にいけない、、、
スキューバダイビングのゆめもとんだ、、、


たどりついたら、いつも雨降り、
雨降りの中、スパイクはいて、数時間、練習や試合をしたことがあるか、身体を貫き通して、心の中まで冷えてくる。目標があるときは、いいさ、
なくしちまったら、最初からさむい。
こころのなかが雨降りで、寒すぎる。
指が悴むけど、根性精神力でこなせという日本軍ゼロ戦特攻精神。
精神力ではない、確かな練習力だ、俺は、自慢じゃないが、ノッコンを一回もしていない。地獄の黙示録みたいに、どろたんぼから這い上がり、ゾンビのように、ハンドリングしてまわった、すべて、戦術に活かしきった。



汚れちまった悲しみ、なんてない、そんなん、天才ぶった詩人ぶったわむれごとだ。贅沢者が。



冷えた弁当がおいしくない、いや、正確に言うと、おいしさの尺度がない、温めてもなんも感じない、何を食べても、美味しいも不味いもない、
ただ、流し込んでいるだけ、
目隠しをして、食しているようなもの、何をどのように食べようとしているのか、認識が出来ない、


つまらないうわごとを、
ただ散文にならべても、何の気力もわかない、かつて、俺はそうではなかった、希望と展望に燃えて、歩いて、走って、トライをしまくった。


いつから、
こうなったのだろう。


タイムマシンに乗りたい、
素敵な選タクシーの竹野内豊ドライバーに、お願いして、50年前に戻してほしい、お金は出世払いで返す。
ただの妄想に過ぎないことが、絶望に絶望をよぶ。

命は要らないなら、
北朝鮮に行って、
刺し違えようとも、
拉致事件の被害者を救い出す、

ミサイルを止める。
ミジンコみたいに小さくなって、独裁者の内臓に出陣する。


抽象的すぎて、わからねえだと、
あったりまえだのクラッカーだ、
わかってたまるか、自分だって、自分の感情の超高速スピードに追い付けないんだから、、、、

いつも、頭の中が進行形で、ぐるぐると廻っているんだから。