FC2ブログ
2020/06/10

渡部建もよ、お前もか????





渡部建よ、、、、お前もか????


数人と不倫ー発覚
自粛へ 。。


あの秋田美人の誉れの高いー佐々木希さんという夢さんを持ちながら、
子どもを一子もちながら、、、、


浮気をするなんて、信じられない、アンビリバボ。



いや、
この浮気性については、
萎縮しても 、
記者会見をしても、

治らないのだ。


何故なら、
おそらく、セックス依存症だから。

つまり、脳の病気だから、不治の病である。
反省しても、深く反省しても、
いくら、謝罪しても、
謙虚に記者会見して、言葉を述べても、、

またまた、
繰り返してしまうー病気だから、

唯一、
離婚して、
男性のイチモツを切断しないと
改善はない 、、

過去の例から、すると、
石田純一、
タイガー、ウッズ、
田中哲司、
東出 、、、

その他、数多くの芸能人、有名人、政治家 、一般人、、、

数限りない。


「英雄色を好む」
という、ジコチュウな概念は、
特に

この人権の時代、男女平等の世紀には、通用しない。

渡部建の
復帰は、ないだろし、させてはならない。
いくら、才能があっても

それは、女たらしの武器なんだから 、否定されるべきだろう。

佐々木希さんとその子どもさんと、
アンジャッシュの相棒が、可哀想だ。


2020/04/29

沖縄観光は、棄民思想なのだ




沖縄、6万人が、1.5万人に減った。

よく、減らしてくれたと思うが、


それでも、
まだ行こう、逃げようとする人が居ることに、驚く。



もし、高齢者や基礎疾患をかかえる家庭が、自分の家として、
その家に、、、

感染者が、土足で入ってくるとしたら、どないやねん????



自分だけ楽しむジコチュウは、やめて欲しい。


それは、
太平洋戦争の末期におけるー沖縄決戦と、
酷似している。

もし、お互い感染したら、
自分だけ、本土に帰り、大きい手厚い治療を受ける、
沖縄の人は、かるく見棄てる。

すなわち、「棄民思想」なのである。

それは、つまり、沖縄を、未だに、
「日本ではない、外国なんだ、同じ民族ではない、日本人だけが助ければいいのだ。」という思想が、
そこには、
根強く残っている。

軽い観光気分のなかには、
意識しなくても、その棄民という潜在意識が眠っている。


恐ろしい事だ。

2020/04/06

錯乱(さくら・・ん?)と夢と妄想と、、、




こうやって、寝ていた、
俺をころしてくれーー、



救急車には運ばれ、
色々な検査をされて、

拘束帯にスパゲッティーにされた、
駐車をうたれ、
お尻からは、小便大便をとられ、


いわゆる

まっぷだかに、されていたらしい、

自分自身は、
意識がもうろうとして、

脳ももうろうとしていて、、、、

ようくも覚えていない。


これはいいわけでも何でもない、、、

事実だ。

ぐちゃぐちゃに、妄想と夢と錯覚、錯乱(さくら・ん)がさいていた
事実の中に、あとに、

看護師がああやったこうやったと言っていたが、それさえも覚えていない。


(その9-つづき)
2020/03/12

WHOが、パンデミックと発表。中国に忖度をしていたーはずかしい




WHO(世界保健機構)が、ようやっと、

「パンデミック」と発表。
(パンデミックとは、パン=「すべての」、デモスは=「ひとびと」という意味合い)
で、
世界中の人々に蔓延している状況である。

WHOは、中国にそんたくがあり、今まで発表を控えてきたときいたが、意味が分からない。
なんじゃあそりゃあ

と思う。

世界の一機関が、一国家に、そんたくしていてどうするのか、
平等でも公正でも、公平でもない、なんかお金でももらっているのかな???(WHOも悪よのうーでは困りますね。)

戦争的状態、病気が蔓延する状態の原因である。

今や、
ウイルステロが、世界中にばらまかれたという悪魔の進行形状態である。

そして、
A級戦犯の中国自身は、おさまっている、収束しつつあるというプロパガンダを出している。
日本のせいにしている非科学的な権力がまかりとおろうとしている。




信じられん。

★アメリカの俳優のトムハンクス夫妻も、
倦怠感と風邪気味だったが、、、検査して、二人とも、陽性だったらしい。お仲がよろしい濃厚接触者でしょう。(別にエイチな意味はない。)
トムハンクスは、「自分の健康に十分注意するように」と、
世界によびかけてくれた。

「007ノータイム・トゥ・ダイ」の最新作の
世界公開が延期「される模様。

直訳すると、「死にゆくまでの時間が無いらしい。」ーーまさに、パンデミックだ。
2020/03/05

入国制限措置発動か???





仕方がないことだろう。

また、
同じことが、他国への入国出国でいえる。

利害関係があると、
差別心がみえてくる。

イギリスにおいて、
日本人その他、中国人・アジア人に対して、露骨な差別発言が出てきた。


日頃は、
紳士的な、
友好的な顔をしているイングランド人も、白人の頂点に自ら位置している。

利害関係と感じた途端、差別してくる。
イングランド人には、
日本人、中国人、など、区別しようが無い。



差別という刃物は、
心と身体を突き刺し、切り裂いてくる。