2016/06/30

墨絵・水墨画・墨彩画の練習しました。




甦れ、火の国と水の国の渓谷美。

菊池の渓谷の恩恵も、

大阿蘇の大自然の水瓶から、もたらすもの。

負けんばい、熊本
がまだすばい、熊本
2016/06/30

龍美人   いこい旅館や   立湯ほっこり 






龍様も、 思わず立湯  竹つかみ


ほっこりと  春夏秋冬  美人湯に


もみじ在り   秋でなくても   紅をさし



ここも
全国秘湯名湯100選に選ばれている一品。

しかも、

女性に人気な、美人湯として有名。
女性だけに、立湯在り。

ふかさが深いのだ。


南小国黒川温泉のなかでも、何時間も時間をつぶせるところでもあり。

囲炉裏端ありて、一年中火が付いている薪に新しい薪をくべるよし。

50円玉で、茹で卵かぶりつき、塩つき、地ビール地サイダーでのどを潤す。


風評被害にめげずに、みなさん、頑張っています。


がまだすばい、黒川温泉。
2016/06/30

小池ラーメンは美味しくないぞ。口先ばかりだぞ  その5


池袋ハロウインコスプレ2015らしい、  


見ているこちらが恥ずかしくなる。

きもいだろう。

アンガールズ田中の物まねショーがまだ可愛らしい。

こんな厚顔無恥が、何の相談も無く、立候補を表明できる立場ってなんなの?



言ったもん勝ちなの?

この世は。


コスプレ好き、


魔法使いユリ―。(自分で演じておいて、恥ずかしいはないだろう。シャイなふりするな。シャチおばさん。)

今の安倍政権において、重要ポストには就けないので、、、

賞味期限が切れないうちに、、、(もう63歳ですから、女性の63歳はこのひとのばあい、老けていますような実感がする。)

自分を売り出した
のが、

本質です。はい。


どこかのチームの三軍に居るようなものが、いきなり、メジャーに行くと言って、名乗り出るようなもの。

(いうこときかなけりゃ、オン出てやるみたいな、)
ジコチュウな、

一方的な、

自分主義な、

後だしじゃんけんの前に、

先だしジャンケンをしたような、みんな困っています。
必殺仕掛人、策士。

賭けなのか?
はったりなのか?

内側に、
勝算はあるのか?
本気で勝てると思っているのか、
敗れてもメリットはあると思っているのか????

「単なるかまってちゃん」 なのか?

政界の渡り鳥、怪人二十面相・・・「小池にはまってさあ大変おばさん」

怪物、マスゾエ―ルが、落ちることを見越しに、満を持して、準備していた、妖怪七変化の小鳴き婆(ばばあ)の大妖怪。

いったい、彼女は、小泉チルドレンなのか、小沢チルドレンなのか



否、一匹狼のハイルヒットラー・独裁者なのか。

あなたは、環境大臣の時に、何をしましたか?何を言いましたか?



2016/06/30

なぜ、子泣き爺か?(小鳴きばばあ) 潰せ その4



小池にはまって、さあ、大変の本質。


民俗学者・柳田國男の著書『妖怪談義』に記述のある妖怪の一つで、本来は老人の姿だが、夜道で赤ん坊のような産声をあげるとされている[1]。

一般には、
泣いている子泣き爺を見つけた通行人が憐れんで抱き上げると、
体重が次第に重くなり、

手放そうとしてもしがみついて離れず、

遂には命を奪ってしまうとされている。

書籍によっては、子泣き爺は石のように重くなることで抱き上げた人間を押し潰すなどと記述されている
2016/06/30

小池にはまって,さあ、大変 都民迷惑  を潰せ  その3

「どんぐりころころ」

どんぐりころころ どんぶり感情(勘定)

小池にはまって さあ大変

わがまま出て来て 今日は(コンニチ、ハアー?)

18歳 ぼっちゃん一緒に 遊びましょう


どんぐりころころ よろこんで

しばらく一緒に 遊んだが

やっぱり自民が 恋しいと

泣いては都連を 困らせた



どんぐりころころ ないてたら

政界渡り鳥  とんできて

落ち目にくるんで おんぶして

いそいでおやまに つれてった(拉致ではないか?)

※=========================

「どんぐりころころ」
青木存義作詞・梁田貞作曲

どんぐりころころ どんぶりこ
お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
ぼっちゃん一緒に 遊びましょう

どんぐりころころ よろこんで
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が 恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた

原曲には三番の歌詞はありませんが、
朝日新聞(大阪・2002/03/20夕刊)の記事「あなたの謎とき隊」によりますと、
次のような作詞者不詳の三番の歌詞が歌われているようです。

どんぐりころころ ないてたら
なかよしこりすが とんできて
おちばにくるんで おんぶして
いそいでおやまに つれてった


保育士をしておられる花本さん(23)が、
子どもたちと歌っている「どんぐりころころ」の3番の歌詞は、
次のとおりです

どんぐりころころ ないてたら
やさしいハトさん とんできて
やままでおくって くれました
どんぐりおれいを いいました