2016/07/31

美形のシンゴジラはこいつだ。




また、

初球だった。

初球、同点ホームラン。

立ち上がりわずか1回の裏に、初球をフォークと読み切って、その落ち際を打つなんて言うのは、怪物のほかにない、

ああ、

形容詞が無かったのだった。

首位、ソフトバンクの独壇場だったパリーグ、

追いつかせてきた原動力は、

大谷翔平だろう。

いつのまにか、
4差3差の世界になってきた。


本日の試合、

いきなり、
初回に、
ソフトバンクに3点取られた。

先頭バッターも二番バッターも、ヒットで続き、1点を返した直後だった。

3番に座った、投手大谷翔平、(高校野球ではない、今日は指名打者だった。)
堂々の、
打った瞬間、それとわかるという当たり、直ぐに右手を高々と上げた。

あとで、
コメントした。

会心、初球フォークをねらっていた。

なんとまあ、

羽生の舞が野球界に降りてきたような美しさだ。

小康状態で同点が続いていたが、
日ハムが3点あげた、6-3.

このまま勝つだろう。、

もう一本ぐらい大谷は打つかもしれない。


阿修羅大谷が、ひょっとして、ソフトバンクをひっくり返すのかもしれない。柳田や松田や内川が目立たなくなってきた。

打者としても、
投手としても、

フル回転にならないと、逆転は出来ないかも知れない、怪我だけが心配だが、ひょっとしてひょっとして、ミラクル巨人よりもこちらの可能性の方が高い。

そして、大谷翔平が、MVPになって、

広島でもいい、巨人でもいい、
投打爆発して、投手で2勝、、打者で3本ホームランうって。

獅子奮迅の大活躍をして、
日本一になって、日本シリーズMVPになってほしい。

考えられない大きなゆめをいだかせる選手があらわれたもんだ。

奇跡はおこすためにある。

初球本塁打、
一度起きたことは二度起きる、二度起きたことは、三度起きる。次は奇跡完結。

2016/07/31

観音か、菩薩か、龍か






観音か、
菩薩か、

龍か、

龍の化身は、女体か。

性別を超えた美とは、何をかいわんや。



男体でも女体でも、中性でも何でもない、


すべて、形ではない、魂だ。


中味は、みんな骸骨や。

全部朽ち果ててしまう。

最後はみな土に還ってしまう。残るのは、魂の結果だ。

(一回消した記事だったが、可笑しいことに、墨彩画1位にずっとなっていた、矛盾でしょう。

それならばと、
藝術論争はしたくなかったので、

乳首を墨塗り教科書にして、控えめに、そっと出してみた。)


2016/07/31

シンゴジラか、夕焼けに、ひこうきぐも





シンゴジラの頭部か、

夕焼けに、飛行機雲


太った麒麟かメタボ馬か? ひこうき食べるシンゴジラ


みようによったら、なんでもみえるのね。
御ヒマな時には、 空を見上げよう、

上を向いて歩こう。

(リオデジャネイロは、スマホ歩きは超危ないです。スーパーバクテリアうようよの海も汚いんだそうです、よくオリンピックができますね。)
2016/07/31

くそみたいな人生だ



くらい、

しんどい、

重たい、

ねむりたい。。


もうやめたい、
もうあるくのを止めたい。

とめてくれ、



光か、

闇か、

白か、黒か、


わからない。

生きているのか、

死んでいるのか、

息しているだけなのか、

惰性で、めしくっているだけか。

始まりも結論も無い。


感謝も憎悪も無い、

希望も諦めも無い、、、、
2016/07/31

天下無双ってもんなんぞ、ない




武士の一分

なんてない。


もともと、百姓だが、ひゃくしょうもできねえ。


ただ、生きる、

敵の屍乗り越えていくしかない。進むしかない。

二刀流なんて、怖いからできた、身を守るしかねえから、やっただけだ。


かっこうもない、なんもない。