2017/03/01

切り込み隊長山田、先頭打者ホームラン




山田哲人、

先頭打者ホームラン、左中間に叩き込む。
ワンストライクのあと、バット一閃、放物線のうっぷん晴らしで火をつけた。

エースと期待されている菅野はまずまずの好投。



その後、日本は、何とか加点している。

筒香も、死球すれすれの内角のあと、外角を柔軟にレフトにタイムリーを打って、
7-0。


古田敦也が、先日、解説していたが、
球の見送り方がいい、重心が動かない、ぶれない、どちらにでも打てる
松井以来のホームラン王と打点王だった、打率も大きかったので、実質三冠王が取れる実力になってきている、

野村克也も、右重心(うしろ)になったので安心してみられる。

もうすぐ、
筒香の、度肝抜く右か右中間に引っ張った大きな場外ホームランが見られるでしょう。

筒香は、続けて、安打しているが、
中田はまだまだ、波が大きい。(稲葉コーチも付きっ切りで指導しているが、頭ひねっている)


今日は勝てるだろうが、まだ安心材料が少ないような気がします。

2017/03/01

嘘の戦争は、国会も東アジアも




嘘の戦争、
最終決戦ー迫る。
草彅剛主演のドラマだが、

いまの現実も、こんなことが起きているよね。



狐とタヌキの化かし合い
日本国会における国会中継。

与党と野党のたたき合い、
お芝居だね、

でも松友劇は、園児も巻き込んで、大人のドロドロの、世界、
やれ、中国のどうのこうの、韓国がどうのこうの、歴史教科書がどうのこうのと、いたいけね幼児たちにしゃべらせながら、
学園の土地の代金が、マイナス8億円に急になる、

いわゆる、
嘘の戦争、

アメリカのトランプさんにゴマすりしながら、そんなことを平気でやる。


もう一つは、
マレーシア事件における、

北朝鮮が一番の大詐欺師だが、
中国、韓国、マレーシア、ベトナム、インドネシア、そして日本、アメリカ・・・

全世界的な「大嘘の戦争」

ドラマは、全10話前後でおわるが、

国会政治や、
東アジア情勢などは、

本質は、第3次世界大戦になっていっている。
2017/03/01

松友とアベソーリー




松友学園と、
安倍首相と、
安部さんの奥さんとの、

問題、報道は全世界に飛び、大問題になっていますね。

そして、必ず、基盤の問題は、
お金の問題なんですね。

政治とおかね、切っても切れませんね。


これは、言い逃れ出来ますかね?

選挙もいろいろ、影響が出てきますね。

2017/03/01

マカオでは殺すな。だから、マレーシアだったのか?




恐ろしい事件である。
亡命政権樹立の可能性や
脱北へのみせしめが、
本質だろう。

まだ、怖い時代である。


金正男(ジョンナム)氏(45)殺害事件で、

正恩氏が「(正男氏が住む)マカオでは殺すな」と指示していたとの見方を北朝鮮情報筋が読売新聞に語った。

 正男氏を保護下に置く中国を刺激しないためだという。犯行グループがマレーシアでの殺害を計画したのも、中国を意識したためだった可能性がある。

※ 北の国さんは
強いように見せて、中国を意識して、アメリカを睨んでいるんですね。
2017/03/01

求刑より軽かったのは?




裁判官は、
求刑17年より、
14年6カ月にした。

考慮すべき事情というのを、裁判官が述べた

反省の言葉を述べている
前科がない
父親が監督している
200万円を支払っている。

(驚くべき内容だ、
事件の内容、意味合い、深刻さ、被害、残酷さ、
裁判のときの、犯人の態度、暴言、威嚇、開き直り、-全然反省していないではないか?

犯行を犯す前に、ストーカーをしていること自体、前科ではないのか?
「本来、このケースは、警察がストーカーを未然に防いでいれば、起こりえなかった事件だ、動かない警察の責任は非常に重たい。」
わずか、200万円の慰謝料?2000万円払っても、2億円払っても、被害者の青春は蘇らない。金の額の問題ではない、
被害者は、一生、精神的に苦しみ続ける、自分を責めるのだ、

なんという解釈の
考慮すべき事情なのだ。)

模範囚の場合
刑期の約三分の2で、仮釈放で出てこられる。

従って、9年の可能性がある。

信じられない。

アメリカのデーブスペクターが言うには、
殺人未遂でも、
終身刑がある。

とのこと。


何回考えても、この裁判官はおかしい。
もし、自分の娘さんがおんなじ目に遭ったら、どんな被害者患者yになるのだろう。?

被害者側は、控訴する見込みだ。