2017/03/15

筒香、カンチョウ吹き飛ばす、バックスクリーンホームラン。



カンチョウの悪戯がたたったか、中田腰痛で、休養の休場。(1打席なら、代打有りか?)

だから、
悶絶筒香が火を噴いた。



千賀、
立ち上がりのワンヒットに抑える。
ストレートとフォーク。

ヒットは出すが、点がお互いに入らない重い流れ。


6回ウラに、
みんなが、期待していた。
先頭バッター筒香、

二球目の高めをものの見事に、バックスクリーンに叩き込む。
打った瞬間、それと分かるという当たり。

ワオ―,
悪ガキ中田翔が、両手を挙げての大きな万歳。

1-0
これが口火となる。

続く、内川、渋く四球。
坂本、右中間にヒット。

盛り上がってきた。

鈴木当たらず。

松田、おとなしかったが、
左のフェンス直撃の当たり(ほとんどホームランのような)で、1点、坂本ホームイン。
これで、2-0。

次打者、小林、ぼてぼてのゴロがラッキーボーイだから、
1塁でセーフ、オーバーランしたが、オールセーフで、

3-0、
3塁2塁で、惜しいが、
山田は、敬遠、
東京ドーム場内、ブーイング。

でもこれは仕方がない。イスラエルも後がない。

これで、満塁。
続くは、守備では忍者だが、打撃は精彩を欠いていたが、1.2塁間を抜いて、タイムリー。

4-0。
もし菊池自身がセカンドだったら、ダブルプレーだろう。

これで、投手交代。
変わったイスラエル投手ー青木に内角死球で、押し出し追加点。
5-0.


流れというのは恐ろしい。

筒香に、打者一巡。
でも三振。
いいんじゃないか。

また投手交代。

続く、
7回は、平野が2塁打を浴びたが、
左の下手投げ、宮西が、火消をする。

ここまで、豪打のイスラエルを、わずか2安打に抑えている。

すげえー。

7回ウラ
6番バッター坂本、軽くヒット、
鈴木誠也、送りバント(いつか打ってくれるだろう)

解説者の古田敦也は、
「5点取ったあとでも、こういうバントが実は嫌なんです、相手にとって、結局、点数が入らなくても、守っている時間が長くなるから、嫌になる。、、、」

坂本は打撃も守備も華麗です。

===========

8回ウラ、

久々に青木2塁打、みんなが喜んでいる。
続く筒香は、敬遠四球。

内川、何と3塁線を鋭く速く抜くあたり、
2人返って、
7-0。

ダメ押しだ。
(中居正広が、「これで先発全員安打です。」とデータを言う。)
もう、10時は廻っていた。
開始時間が18時という意見もあり、せめて、17時半ぐらいにしないと、終電近くになる。


解説者の前田智徳(元・広島、熊本工業、天才と言われて怪我に何度も泣いた。)は、さかんに鈴木誠也の不調を、「若い、気負っていても仕方がない、今日は、ワンヒット出ていた。」
とかばっていた。
鈴木三振

その直後、
松田、初球をセンター前にヒットで、タイムリー

8-0。

中居正広が、
「これで、ランナーが2人返れば、コールド勝ちになりますよ。」

とまたも冷静にかたっていた。

ザ・ストッパーは、サブマリン脇田である。
イスラエル左バッター四球、
次打者センター前ポテンヒットで、2塁1塁、
すかさず、坂本が脇田のそばに寄ってくる。

ヒット打たれて、1点失う、イスラエルも必死なのだ。みんなアメリカ生まれの野球通だ。実力が高い。
点さがどんなに離れていようとも、決して諦めることがないという国。


さらに、タイムリー打たれ、
2点献上。
8-3。

もう、投手交代させたほうがいいのじゃないか。
センター浅いフライで、タッチアップ出来ず。
二死だ。

勝てば、準決勝進出。

最後の最後を締めくくるのは、何倍もの力が必要なのだという事だ。
脇田は、これまで、点数を取られたことは無かった。

最後は、空振り三振をとって。

見事、
全勝で、準決勝進出、アメリカに行くぞ。

お立ち台のヒーローは、千賀と筒香だった。
2017/03/15

WBC 今夜の予想 日本 6-5 イスラエル 今夜も死闘




淀みに浮かぶうたかたは、、、、、
かつ消え、かつ結び、

勝負は無常の世界であり、
非常の世界である。



戦前から、

「守り勝つ」

と小久保監督は言っていた。
諸外国への分析と対策が上手くっている方だろう。ギリギリで守り勝っていると言っていいい。


石川も菅野も派手に打たれたが、救援投手陣の力で乗り切っている。

打線も粘り強い、
日替わり定食みたいにヒーローが出る、

いい傾向だ。


今夜のイスラエルも超強豪だ。

最新の注意を払い、守り勝ってほしい。
山田が本調子を取り戻して来たら、本当に怖い存在だ。

がんばろう日本。