2017/03/21

襤褸は着てても、




ぼろは着てても  こころの錦

どんな花より 綺麗だぜ

若いときゃ 二度ない

どんとやれ 男なら

人のやれない ことをやれ




天守閣の二つの鯱は、
真っ逆さまに落ち、
瓦は雪崩のように剥げ落ちた、 柔肌を剝き出しにした、



わずか二カ月で、天守閣の屋根に雑草が生えた、
(しかし、
これは加藤清正の知恵であり、
瓦の重すぎる重量を自らにそぎ落とす、安全装置だったということを訊いた、)


熊本県民は、
被災の心身に、何度か誇りを持ち直すことで耐えようとした。


この写真は、規制線が少しゆるめられ、加藤神社の最短距離まで歩いていった、思い切って、観にいって、(月面まで撮るという)ニコンの83倍で、地震二か月後に撮ってみた。先端がぶれにぶれた。

痛々しかった、
熊本のお城のすがたより、
自分の心の方が、


でも、
唇を噛みしめて、撮り、自分の再建と同じだと、決心して、歩んだ、
もうすぐ一年である、未だ時々、余震がある。


ボロボロに落ちても、
こころの錦、
熊本県代表の水前寺清子が励ましていた唄のすがたがそこにあった。


ひとのやれない復興をやれ、
熊本城再建は、復興熊本のシンボルだ。






2017/03/21

喧嘩上等より 認可適当


(※温泉の温度は適当でいいか、熱めがいいかぬるめでいいか、ぬるすぎると風邪ひきます。)



喧嘩上等 より  認可適当


出ましたー常套句、  記憶に御座いません


500億円でも 記憶になく、一任していたもん


奥様らしいですね、ああ、あのひとのことは全然知りません、、、


2017/03/21

20?年かな





鯱(しゃちほこ)の   母川回帰  待ち遠し


銀杏城  生きとらにゃん  拝むまで


はっくしょん   瓦震って   軽なった


四百年   未来の予言    清正公(せいしょこ)さん


エコノ知恵   土木の天才    建築も


過去と現在(いま)   未来永劫    肥後の知恵
2017/03/21

世界一弱い国、かりあげはだかの王様




世界一似合わない刈り上げ君。



バカな国

はだかの王様の国、


正男の執行役の北朝鮮の四人は、もう消されたと、吹聴し自慢する国、


アホか?

??????

世界一弱くて人権のない国、
強がって、ミサイル連発、

危険な兵器ばかりつくって、


張りぼてのビルばかり、


人心は、雪崩のようにはなれ、
高官、側近たちをミンチにしないと気が済まない、

もうそれに、

高官たちは辟易している、、、、、、



いつ、



クーデターが起きても不思議ではない。

2017/03/21

見苦しかった老害 石原慎太郎




老害 石原慎太郎

地に落ちたり


脳梗塞のせい、
年齢のせい、

忘れたという立派な理由のせい、


感じも平仮名も忘れた、
(作家というプライドだけが、しがみついていたが、言葉を忘れてもワープロがあれば出来るのか?
ゴーストライターを雇うか、
彼の作品は、一つも面白いと思ったことがないが)

顎は達者らしかったが、

下記のくりかえし

知らない、
一任していた


の逃げ回り、


このひとは、
どこの馬の骨かわからないところ
(あえて、差別語で表現しました。日本においては、武士も豪族も公家も皇室も武力で支配したけものであり、自分たちでは米つくりなどしなくて、支配の構造を作り続けてきた搾取層です。あえて、尊敬はしません、きちんと侮蔑しています。系図などをもっている奴らは、人でなしです。)
の武士なのか?

そのお武士として見苦しかった、
腹切りのものでもなかった、市中引き回しの上、遠島を申し付ける、
だろう(尖閣列島の何処かの無人島で、独りぼっちで、日本本土を死守しなさい。)


歴代知事は、ほんとうになさけないのですね。