FC2ブログ
2017/03/31

マイコラス よく投げました。





今日のお立ち台は、

阿部、坂本、マイコラスでした。

2点追いつかれそうになった時の、坂本勇人の右中間へのホームランは大きかったですね。(これは、まさしく右に引っ張るというホームランともいいます。)

突き放しましたね、
追う相手は、精神的にがくっと来て、今日はだめかなあとあきらめさせることなんですね。

坂本キャプテンは、安定感が出てきました。

ショート凡フライを、相手の走塁の様子をみての、
わざと
捕らずに、ダブルプレイにしたのは、圧巻でした。

WBCの強豪のどこかのチームがやっていましたね。
直ぐに学んで、出来るのは、優れている証拠です。

亀井も村田も出ていないんですよ。勿体無いですね。村田は元々、4番バッターですよ。
中井の守備は、課題です~練習しましょう。
優れたセカンドはあまた大勢います。
岡本も最初のゲレーロのフライは捕れたのでは?交代選手はいっぱいいます。陽岱鋼も居ます。



明日の
先発は、
巨人ー田口麗斗 対 バルデス(左)ー中日

です。
田口は左腕だから、定石でいうと、ゲレーロや平田に注意しましょう。
でも、
左の大島洋平や、新人の京田陽太は、マークしましょう。京田の足です。超速いです。

攻撃としては、
左腕バルデスに対して、中井、坂本、マギー、長野、岡本の右打者、がんがん行きましょう。岡本君、狙い球を絞りましょう。
2連勝していくと、乗ってきます。



スタートダッシュは、最初の一回りの15試合で、10勝5敗以上でいくことです。
2017/03/31

阿部さん、最高です!





忘れていたわけじゃないが、阿部だった。

いきなりのホームラン。
中井のヒットが生きて、2ランでスタート。

初球、大野左腕のするどい内角に、ぴくりともしなかった阿部の立ち姿。悠然と見送った。
私は、正直
「んん?  いいね、最初の初球で、打者の状態が分かる、これは調子いい証拠だな。。」

と感じた。
2ストライクと追い込まれていたが、泰然自若の様子だった。

決め球の外角を少し泳ぐようにしたが、片手一本でスタンドに運んで見せた。(数年続けてこの当たりが失速していた。)

解説の原辰徳は、
思わず、
ツイスト(右と左の腰の捻りで回転するいった意味らしい、高等な技術だ)
と言った、
「自然体の構えがいいですね。良い時の阿部ですね。力みが無い。」
とも、言った。

2打席目も、初球を当たり前のように叩いて、センター前で、1点加点。
独りで3打点。

マギーもレフトオーバーを打って、1打点。(4-0)

中日も反撃して、2点をを返す。

しかし、

坂本勇人が、右中間に、2点ホームランを打ち返した。(6-2)

原解説者は、
これも高等技術だ、最後に右ひざと右足首でもう一度押し込む、蹴るという感じだ。

と言った。
試合開始前に、「坂本も身体が、一回り大きくなって、成長していた」と原さんは言っていた。(パワーがついてきているという意味だ。)

坂本も、
右打者で、首位打者を獲った大物である。右は左より不利である。
内角打ちはほとんど天才だが、右への押し込みホームランが出てくると、三冠王も見えてくる。すげえー。
2017/03/31

開幕、始まります


(画と本文は、なんらの関係もありません)


いよいよ、プロ野球開幕戦。

巨人 対 中日

先発 マイコラス 対 大野雄大(左腕)
エース格で言ったら、巨人は菅野だったはずだが、WBCの活躍によって、心身の疲労が残った。

抑えた方がいいだろう。

スタメンは、
1、中井大介 セカンド
2、立岡宗一郎 センター
3、坂本勇人 ショート
4、阿部慎之助 ファースト
5、マギー サード
6、長野久義 ライト
7、岡本和真 レフト
8、小林誠司 キャッチャー
9、マイコラス ピッチャー


ずばり、希望を込めて
予想
巨人 5 対 1 中日

活躍する選手ー中井、坂本、マギー、岡本(1本ずつホームランを打つかもしれない)


本来なら、中日左腕の大野を巨人は苦手にしている、
だけど、
もうここいらで、
対策を立ているはずだ、

今年こそは、
覇者奪還の気持ちが強いだろう。

気負いすぎたら、
逆のスコアで中日が、勝つだろう。

始球式では、
空手の型の世界一の清水希容が、演武を魅せてくれた、
そして、

肝心の始球式は、マウンドのはるか前から投げたにも関わらず、届かず、ぼてぼてで、
思わず、
グラブで顔を覆った。
まあ、いいんじゃないか。

ここで一句、
始球式  強くてきれいで  フォークボール

さあ、始まった。
マイコラスは上々の立ち上がり、

巨人の攻撃、
切り込み隊長の先頭バッター中井が、初球をクリーンヒット。


いいね!