2017/04/30

なぜか?




なぜ、
沈黙は金で、

雄弁は銀なのか、

分からない。
2017/04/30

竜巻のような剛球





かつて、

こんな無茶苦茶なフォームの投手が居た。

プロ野球に入ってきた時に、
投手コーチや首脳陣から、指摘され、フォームを変えられようとした、

定石の理論から、何もかも外れていたからだ。
でも、彼はがんとして、何も聞かなかった。

自分を通し続けた。


先ず、大きく振りかぶって、大きな弓のように仰け反らせる、

そうして、
どうしたことか、打者に背を向けて、いったん、後ろに足を高くひねって、廻す。

どの漫画も描けなかったフォームだ。

大きくひねって、前に重心移動して、後ろから、剛球のドストレートが行く。
そして、
驚くことに、同じフォームで、すとんと落ちるフォークが行く。



竜巻、
トルネード投法と呼ばれるようになった。

日本の近鉄で大活躍して、
オールスターにも選ばれ、

そして海を渡った。

メジャーも同様に驚いたが、彼は成功した。

あらためて、投げる前の動作を画に描くと、こうなのだ。

まさしく、
下半身から、背筋のちからで、投げているのがわかる。
いつもいう、
スポーツ理論である。
尻がどでかく大きい、太腿が大きい、脹脛ははれているようだ。でも締まっているところはしまっている、
その下半身の力が背筋のせすじを通って、上半身につたわる。
彼の目立っているところは、、前半のトルネードだっただろうが、
最後は倒れるように、
打者に向かって、
投げていく。

これは打てんわ。



野茂英雄さんである。

2017/04/30

武蔵 「鵜の図」





武蔵「鵜図(うのず)」


凛とたち、、獲物をねらう、、 眼光や

(河川、湖沼にて、魚やドジョウやかえるたちをねらう,
もちろん、
鵜飼に飼われて、鮎などを狩る、ふっくらとした喉元にたくさんの魚を蓄える、
動物的には、ペリカンに近い、
水中でもがんがん泳ぐ。

その鵜の攻撃性を捉えて、鵜飼という職業が生まれ、観光に発展したのだと推察できる。)

2017/04/30

なあんも、、、ない





雲一つない、、、薄い青空


画を描くのに、つかれちまった


寫眞とって、ごまかした



こころのなかに、、、、、、、、、、、なああんもない。
ゴールデンうーいくなのになのに、、、、、、、、、なんも無い(哀しい笑い)


2017/04/30

奇跡ではない、羽生が「参りました」と言った





あの将棋の神

いわれた

羽生が、

「参りました。」
と言った。


中学生藤井四段にである。
5歳から始め、
ひらがなより、将棋の駒の漢字をおぼえた。

先日、プロになったばかりで、トッププロたちに6勝1敗に、勝ち続けた。勝利の内容はぶっちぎりの完勝らしい。(ひふみん、セッド)
ひふみん
とは、加藤一二三であり、中学生からプロになった元祖天才と言われている。

歯も抜けて、間も抜けている。

ひふみんの話ではない、

羽生と藤井の戦国時代になっていくのかの話である。
2017/04/30

解放歌のはげしさの表現は生き生きとしているのだ




日本はまだ、自国民をさべつしていることに気付いていない、
気付いていて、啓発しようとしているが、

知らんふりの態度が見える。

学校で言うと、
人権教育・同和教育という営みなのであるが、教師自身が、未だに、じぶんの問題としてはいない、
だから、
本腰でない、

従って、類する差別・・仲間はずし、・自殺・隠ぺい問題があとをたたない。

解放歌は、
難しい言葉がつづくか、拡張は高く、精神は高揚している、ひとつの解放文化ロックである。


今の時代なら、ラップ調でも歌えると思う。




「解放歌」 ※あゝ玉杯に花うけての節で

ああ解放の旗高く 水平線にひるがえり
光と使命をにない立つ 三百万の兄弟は
今や奴隷の鉄鎖断ち 自由のために闘かわん


我等はかつて炎天下 地に足灼きしハダシの子
惨虐の鞭ふるるとき 鮮血飾る荊棘(けいきょく)の
断頭台下露しげく 鬼哭啾々地は暗し


鬼神もおののく迫害や 天地も震う圧制に
魂砕き胸破り 恨みをこめて永(とこし)えの
墳墓にさらす屍の 上に築きし奴隷国


櫛風淋雨(しっぷうりんう)千余年 九天廻る太陽も
蒼穹(そうきゅう)さゆる月さえも 我等のために照らざりき
狂宴乱舞に散る花も 我等のために咲かざりき


ああ虐げに苦しめる 三百万の兄弟よ
踏みにじられしわが正義 奪い返すは今なるぞ
涙は憂いのためならず 決断立って武装せよ


一致団結死を契い 堂々正義の道ゆかん
行く手さえぎる者あらば 断々乎として破砕せよ
我等を阻む者あらば 一刀両断あらんのみ



ああ友愛の熱き血を 結ぶわれらが団結の
力はやがて憂いなき 全人類の祝福を
飾る未来の建設に 殉義の星と輝かん



オスカーの作品賞他を受賞した
『それでも夜は明ける』
をみながら、この『解放歌』の歌詞が脳裏にかけめぐった。

先日TVでみた『ミシシッピーバーニング』は南部出身の白人保安官がKKKと同じやり方で報復する話だった。

『それでも夜は明ける』は
差別迫害される当事者から徹底的に描かれている。

最後にカナダ人の大工に託した手紙により12年間にわたる奴隷から救われるのだが、
救われたのは彼だけであり、他の黒人は依然として奴隷のままなのである。

映画のエンドロールで
満席の客の半分が席を立ってしまった。
自己も同じ差別者として後味わるかったのだろうと思った。

差別のあくどさと犯罪性を思い知らせる意味で、こういう映画がもっともっと制作され公開されるべきだと思った。

===========

黒人差別という人種差別は、、日本の部落差別と、似ているようであるが、似て非なるものである。

前者の、人種間の上下関係は、アングロサクソンの白人を頂点として、明らかにピラミッド構造が出来上がり、
差別ではなく、区別である、
白人と黒人と有色人種は、明らかに違うから、われわれは区別していると、アメリカやイングランドのインテリたちが、
まことしやかに、
述べる。

簡単にいうと、「人間にある線引きをして、区別というのは、大きな概念から言うと、明確な差別である。

後者の
日本の部落問題は、
同じ日本人民族の中で、歴史上で、被差別状況においやられた地域のひとびと、祖先たちを、平成の21世紀の今でも、れっきとした差別をしていることである。

明確なのは、結婚差別だ、

日本人は、全体ととして、いまだに、学習不足であり、解放されていない、過去の歴史をまだにもひきずっているから、
天皇にお嫁入するときに、
雅子さんは、八代さかのぼって、調べられた。
身元調査である。

それが、
合格したら、今日の10時から、雅子さんを、「雅子様」と呼ばねばなりません。とNHKの女性キャスターが堂々と述べた。

日本のなかで、未だに、家柄や、お互いの職業や、父母たちのことにこだわる、

「両性の合意によってのみ」
という条文が、浮く。

まだまだ、家対家の結婚で有り、個人の人権なんてない。


2017/04/30

恨み節






夜中に目が覚めて、

やはり、ブログ依存症だった。

今はこれにすがるしか、術がないのだと思うと、哀しくなった。


「ありがとう」


って、

言える仲間が一人も居なくなった、、


ただの独りもだ、


落ち込むぜ。
被害妄想かもしれない、きっとそうだろう、世間から、見棄てられた、これを棄民という。



画ばかり描いているのは、、、そのためだ。

いつまで、
独り旅が続くのか、

もうけりをいいかげん、つけたい、幕引きをしたい。

.-------


トロトロろおー、、、熊日新聞配達の原付の独特音が、きこええきた。。。
カタンカタンと、
郵便受けに入れていく、

ご苦労様である。
でもながいこと、新聞をつぶさに、読んでいない、読み込む気持ちや意欲や普通の習慣を失った、
いきていく気持ちの意欲が、、

なくなるというのは、そういうことだ、、、

どうでもいいのだ、
つまり。

世間の嵐のような動きは、

福岡のライフル立てこもりも、
寂しいひとがおこしたことだろう、その対策はどうなっているのか、悪者をあげることだけをマスコミは取り上げ、文春砲などで、
ぶっぱなし、てめえらの不倫・矛盾はひたかくし。


馬鹿真面目と恥ずかしくも、宣伝している松本人志が、批判ワンマンショー・ワイドでないショーをいう、述べる、
えらそうに、

いつも上から目線で。

金権悪徳政治にたいしての、まともな批判や意見はいったことがない、
いつも、
ひとつ角度が違う毒舌をいうだけで、それだけで、キャスタボードを握ろうとしている。

坂上忍の方が真摯でまとだよ、

松本はいつも、言葉尻とつかまえ、ギャグや落ちや、すべらない話のネタばかり探している。狙っている。


松本は、笑いで誤魔化し、むなくそわるい、

反応の切り替えしの速さだけで、笑いを取っているが、次元が低い、ただの駄洒落とレベルが変わらない、

ひとの言葉のふんどしで、相撲を取っているだけである。
本来は、師匠クラスの大御所ではないが、
周囲は、イエスマンばかりだ、東野は、やはり第一のの子分に過ぎない。大きな動物のあごしたにまとわりつくコバンザメに過ぎない、えさをいつも貰っている。

馬鹿真面目とバイトするならタウンワークの連呼で、コマーシャル料を稼いでいる。
AUの方が、創意工夫が高い。

こいつらにも、
恨み節をうなってみたい。

2017/04/29

マギーのマウンド歩み寄りに感動した。




雄平のライト2ランで、
負けた??
(雄平は元、投手、打者に変更した、だから、外野からの返球はイチロークラスだ。もともと投手は一番センスがあるものが選ばれるから、打者としても凄いものを持っている。)

と思った。
(巨人0-2)ヤクルト
田口に代えた篠原が、見事に打たれた。


が、
8回表、
立岡が、奇跡的ヒットで、三遊間、
中井はしつこくなく、左中間にフライ、打率悪し、、打てないなら、送りバントでもせーよ。

頼りになる坂本主将はまた泳ぎながらも、バウンドをサードベースに当てる当たり、
そして、

四番阿部、

なんとかライト右に引っ張った。久々の打点だ。
巨人1-2ヤクルト

これで、
ライアン小川をおろした、完封される勢いでもあった。

続くマギーに期待したが、
中継ぎに抑えられた。
1点差まけかな??



巨人先発の田口左腕は好投していたが、
四球を連発していた、
7個。
マギーが、坂本よりも先に、マウンドの田口に声をかけに行っていた姿は、印象的だった。凄く真面目な選手だ、いいね!!
(日本語が出来なくてもいいのだ、リラックスとか、コンセントレーションとか、ツヨキとか言えればいいのだ)

逆転勝ちに期待するとすれば、
このマギーの1本が出るかもしれない。


解説の大久保は、
大体、死球1個で、1点取られると計算する、ベンチは。と言った。

今日は、ヤクルトが勝っていいんじゃないかな。
2017/04/29

武蔵も龍を描いていた





宮本武蔵の、
龍の図を まねしてみました。
下手なので、難しかったです。黒グレー白の濃淡がぜんぜん、表現できていないのです、がっくし。



武蔵の左利き説がありますが、
この画から考えると、右利きだと想えます、

でもまた、
二刀流を究めた彼は、両手利きになっていた、いやまた、二刀流の修行のために、両手を使って描いていたというなどの諸説があります。

彼ほどの技量なら、どちらの手でも足技でもなんでも良かったのではなかったのでしょうか、
大谷翔平を考えるとき、
二刀流をするから、
(意味が違う二刀流ではなく、右投げ左打ちで、足の開閉が右投げ右打ちより、捻りが調整されてくると、かつて、阪急の豪腕といわれた山口高志が言っていました。)
どちらも、伸びてきたのだという説があります。

もちろん、
誰もがそうなりえるかといえば、持っている素質論で、違うかもしれませんが、

可能性はみんなにあると想います。

ダルビッシュは、右投げですが、ときどき、バランスをとるために、左投げをします。左で140キロ出すのです。すげえーです。

2017/04/29

木剣を振り上げて





この
特大の木剣、持たれたことあるでしょうか?

巌流島の決闘にむかう船端で、櫂(かい)をけずって、
作ったとされる。


私は持っている。
今は素振りの練習用にスポーツ店に売ってある、四千円くらいであった。2割引きで買った。
ときどき、練習する。



この画のように、飛び上がったら、とてもじゃないが、振れない。
当然、重いのだ、
まともにあたったら、どこの箇所も、、、粉砕骨折だろう。


一節には、
宮本武蔵は180センチもある大男(当時の平均が150センチ台)であるから、ふれたのかもしれない、
それでm、豪腕のなかの剛腕であろう。


一振りで決めたのだろう、
そうでないと、
ばてて、戦えない。