2017/04/30

なぜか?




なぜ、
沈黙は金で、

雄弁は銀なのか、

分からない。
2017/04/30

竜巻のような剛球





かつて、

こんな無茶苦茶なフォームの投手が居た。

プロ野球に入ってきた時に、
投手コーチや首脳陣から、指摘され、フォームを変えられようとした、

定石の理論から、何もかも外れていたからだ。
でも、彼はがんとして、何も聞かなかった。

自分を通し続けた。


先ず、大きく振りかぶって、大きな弓のように仰け反らせる、

そうして、
どうしたことか、打者に背を向けて、いったん、後ろに足を高くひねって、廻す。

どの漫画も描けなかったフォームだ。

大きくひねって、前に重心移動して、後ろから、剛球のドストレートが行く。
そして、
驚くことに、同じフォームで、すとんと落ちるフォークが行く。



竜巻、
トルネード投法と呼ばれるようになった。

日本の近鉄で大活躍して、
オールスターにも選ばれ、

そして海を渡った。

メジャーも同様に驚いたが、彼は成功した。

あらためて、投げる前の動作を画に描くと、こうなのだ。

まさしく、
下半身から、背筋のちからで、投げているのがわかる。
いつもいう、
スポーツ理論である。
尻がどでかく大きい、太腿が大きい、脹脛ははれているようだ。でも締まっているところはしまっている、
その下半身の力が背筋のせすじを通って、上半身につたわる。
彼の目立っているところは、、前半のトルネードだっただろうが、
最後は倒れるように、
打者に向かって、
投げていく。

これは打てんわ。



野茂英雄さんである。

2017/04/30

武蔵 「鵜の図」





武蔵「鵜図(うのず)」


凛とたち、、獲物をねらう、、 眼光や

(河川、湖沼にて、魚やドジョウやかえるたちをねらう,
もちろん、
鵜飼に飼われて、鮎などを狩る、ふっくらとした喉元にたくさんの魚を蓄える、
動物的には、ペリカンに近い、
水中でもがんがん泳ぐ。

その鵜の攻撃性を捉えて、鵜飼という職業が生まれ、観光に発展したのだと推察できる。)

2017/04/30

なあんも、、、ない





雲一つない、、、薄い青空


画を描くのに、つかれちまった


寫眞とって、ごまかした



こころのなかに、、、、、、、、、、、なああんもない。
ゴールデンうーいくなのになのに、、、、、、、、、なんも無い(哀しい笑い)


2017/04/30

奇跡ではない、羽生が「参りました」と言った





あの将棋の神

いわれた

羽生が、

「参りました。」
と言った。


中学生藤井四段にである。
5歳から始め、
ひらがなより、将棋の駒の漢字をおぼえた。

先日、プロになったばかりで、トッププロたちに6勝1敗に、勝ち続けた。勝利の内容はぶっちぎりの完勝らしい。(ひふみん、セッド)
ひふみん
とは、加藤一二三であり、中学生からプロになった元祖天才と言われている。

歯も抜けて、間も抜けている。

ひふみんの話ではない、

羽生と藤井の戦国時代になっていくのかの話である。