2017/09/06

交尾のとき、メスがオスを喰う


(画はおどろおどろしくなったのは、下記の理由だ。)


カマキリにおいて、
体の大きなメスが、小さなオスを喰う。
交尾の時に、喰う。
(目的は、やはり、種の保存なんだろうか?と考える)


共食いと交尾

  カマキリ類では、
同じ種類でも体の小さいオスが体の大きいメスに共食いされてしまう場合がある。

交尾の際も共食いが行われ、オスはメスに不用意に近づくと、
交尾前に食べられてしまうので、オスは慎重にメスに近づいて交尾まで持ち込む。

飼育環境下では交尾前に食べられてしまうこともあるが、
自然環境下では一般的に交尾の最中、メスはオスを頭から生殖器までむしゃむしゃと食べる(食べられないこともある)。


一般に報告されている共食いは、
飼育下で高密度に個体が存在したり餌が不足したりした場合のものであり、

このような人工的な飼育環境に一般的に起こる共食いと、
交尾時の共食いとが混同されがちである。

交尾時の共食いも、雌が自分より小さくて動くものを餌とする習性に従っているにすぎないと見られているが、詳しいことは未だ研究中である。


共食いをしやすいかどうかの傾向は、
種によって大きく異なる。
極端な種においてはオスはメスに頭部を食べられた刺激で精子をメスの体内に送り込むものがあるが、
ほとんどの種の雄は頭部や上半身を失っても交尾が可能なだけであり、
自ら進んで捕食されたりすることはない。

日本産のカマキリ類ではその傾向が弱く、自然状態でメスがオスを進んで共食いすることはあまり見られないとも言われる。ただし、秋が深まって捕食昆虫が少なくなると他の個体も重要な餌となってくる。



カマキリのオスは
生涯に複数回の交尾が可能なため、一匹のメスに食べられて自分の子孫の栄養となることが、自分の子孫をより多く残すために必ずしも有利となるわけではない。

オスがメスから逃げ切って別のメスと交尾することで、複数のメスからより多くの子孫を残すという戦略も有効である。
一方で、オスがメスに食べられた場合は、
その栄養でメスに食べられなかった場合よりも多くの子供が生まれることが分かっており、メスに食べられることで一匹のメスからより多くの子孫を残すという戦略も有効である。
2017/09/06

凛として




凛とした顔

目深にかぶった笠の中にかくした

乙女の眼。


闇の八尾に浮かび上がる。

闇の世界をえがくのはむずかしいですね。
あくがれのゴッホ画伯の「夜のカフェテリア」を、
観てみたが、
参考にはならなかった。

レベルが違う?
んなことはない、一流の名画に素直に学び、模写するのが上達の道だ。

ゴッホ先生も、日本の浮世絵を模写していた。

日本の浮世絵の質の高さは、
今まさに、見直されている。

2017/09/06

アンビリーバボ、宇佐美同点2ランと 寺内場外サヨナラ3ラン

(見てください、ひざ下のボールを、綺麗にすくいあげています、こんなバッティングありか?)

土壇場、9回ウラ、
長野が何とか粘って、センター前にタイムリーで、2点差で、
巨人 6-8中日。

そして、またも奇跡がうまれた、
宇佐美だ。

信じられないスイング、
なんだあれは、ライトフライか、ファウルフライだろう???

と、
誰しもが思った、だって、あんな漫画のような打ち方みたこともないもん。
解説者が、思わず言った。「ゴルフスイング」
でも、
理にかなっています、トップから、身体開かないで壁が動かず打っている。
だから、あれだけ、伸びたんでしょうが、

見たことはない。

守護神の中日の田嶋が、
茫然自失だった。田嶋は、一つも悪くはない、
あれは打てなくて、
三振するところ。

王でも長嶋でも、落合でも、打てない、松井でも打てない。
打てる可能性があるのは、イチローだけでしょう。








容赦ないつめたい秋雨の雨足が、
つよくなり、寺内のヘルメットは、濡れてカクテル光線で光っていた。

そして、
8-8のまま、

11回ウラ、
亀井長野がヒットで出て、すすみ、ランナー3塁2塁で、
宇佐美は三振で1死、

次のバッターは、寺内。
みんな、長打は期待してはいないが、タイムリーの可能性はある。
そして、今年は、意外性を発揮している。
粘ってねばって、第7球目。

内角に来た球を思い切り引っ張った、こんな打ち方ができた時の寺内の打球は伸びる、真芯に当たっていた。

打った瞬間、
それとわかった、
みんなにわかった、打球はぐんぐん、伸びて、
なんと、信州松本の球場の場外に消えた。

消えちまった。

巨人11-8中日

ホームには、ジャイアンツのシャワー軍団が待ち構えていた。

サイコウデース。

こういう伏兵がいっぱい現れてくると、ペナントレースは面白くなる。
主将坂本が不調なだけに、、
みんなでカバーしてほしい。




2017/09/06

石川さゆり、 風の盆恋歌


(未だ、 下絵です。)


石川さゆりの名曲

風の盆恋歌

作詞:なかにし礼、作曲:三木たかし、唄:石川さゆり



1 蚊帳(かや)の中から花を見る
  咲いてはかない酔芙容(すいふよう)
  若い日の美しい
  私を抱いて欲しかった
  しのび逢う恋 風の盆

2 私あなたの腕の中
  跳ねてはじけて鮎になる
  この命欲しいなら
  いつでも死んでみせますわ
  夜に泣いてる三味(しゃみ)の音

3 生きて添えない二人なら
  旅に出ましょう 幻の
  遅すぎた恋だから
  命をかけてくつがえす
  おわら恋歌 道連れに


二木さんブログより学びました。


《蛇足》
富山県のひなびた町・八尾(やつお)の伝統行事「おわら風の盆」を背景とした歌。


 昭和30年代ぐらいまでは、
ほとんど近隣の人たちしか知らないローカルな祭りで、見物人も大して多くなかったといいます。

 その頃までは、深夜家の中にいると、闇の中から胡弓・三味線・太鼓の音が次第に近づいてきて、人びとの踊る足音とともに家の前を通り過ぎ、次第に遠ざかってゆくという、幽艶な情趣に満ちた行事だったといいます。

 「おわら風の盆」
が全国に知られるようになった最大のきっかけは、高橋治の小説『風の盆恋歌』(昭和60年〈1985年〉刊)のようです。

 若い頃、
たがいに心を通わせながら結ばれることなく別れた男女が、20数年を経て再会し、愛をはぐくむという物語。

それぞれに家庭をもつ2人は、毎年「風の盆」の3日間だけ、密かに八尾で過ごします。

 不倫には違いありませんが、それだけでは片づけられない哀切な恋愛小説です。

 小説はベストセラーになり、
テレビドラマ・演劇化され、さらに平成元年(1989)に石川さゆりの同タイトルの歌が発表されると、「風の盆」は一躍ブームとなります。
 八尾は人口2万人ほどの町ですが、おわら風の盆が行われてきた地域は住民数千人ほど。そこに3日間で30万人前後の観光客が訪れるようになりました。


 祭りは盛り上がり、
観光業者は潤うようになりましたが、かつての素朴で静寂な雰囲気は失われてしまったと嘆く人もいます。

(他人事ですが、
そうだろうなあと思っていました。)