2017/09/13

ドブネズミみたいに、美しくなりたい



(長澤まさみをあらためて、
右手の方から描いてみると、脚がながあーいことに気付いた、
ギターをかかえた大腿から膝までながーく伸びているのだ、身長は168センチの完全モデル体型で、父は元日本代表クラスのサッカー選手で、運動神経がよくて、リズム感良くて、
唄がうまい背景がわかった。女優の機転のよさもこの辺から来ていること間違いないですね。)

地べたに、
胡坐をかいて、ギターの弾き語りをやってみよう。



◆   ◆
私は、
ドブネズミが、大嫌いだった。
それは、観念論ではない、

小さいころ、三角町という港町に住んでいた、
海の干満の差で、魚をつれなくても、撮れる方法(しかけ)を学んだ。
簡単なのである。

海から、河口付近の汽水域において、やる。
少々、大きめの何かの空き缶を蓋を少しあけておいて、石ころか、海水を入れて重しにして、海底になる筈の処に、置いておくだけである。
すると、
いったん、満ち潮があり、引き潮が来た時に、いくと、立っている空き缶のなかに、けっこう大きなはぜ、キス、せいごやがらかぶなどが、獲れるのであった。
私は何度か、味を占めて、
あるとき、同じ仕掛けをしていったとき、倒れた空き缶を触ろうとした瞬間、右手の人差し指に激痛が走った、
なかに、
ネズミがいて、
私の指に、急激にかみついたのであった。(ネズミにとっては、窮鼠猫を噛むという緊急状態だったであろう。)

ショックだった、腰ぬかした、大泣きに泣いた。

それ以来、
ネズミや、ハツカネズミ、ハムスターや、うさぎなどや、リス類、こうもりなどは、つまり、その類は、大嫌いになった。ぬいぐるみなども嫌だった。
(トムとジェリーのジェリーも大嫌いで、ミッキーマウスも大嫌いだった。)


幼児恐怖体験が、今も、心の中、身体の感覚に残っている、

だから、このリンダリンダという歌を、
「ドブネーズミ。。。」
と、きくだけで、気色悪くなり、

触れようとも考えようともしなかった。

でも、この齢になって、
見直し始めた、
どれもこれも、
深いうたである。


ブルーハーツも忌野清志郎もすげーと再考して、再認識した。


============================


リンダリンダ

(ブルーハーツ)
作曲:甲本ヒロト
作詞:甲本ヒロト


ドブネズミみたいに美しくなりたい
写真には写らない美しさがあるから

リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ
もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら
そんな時はどうか愛の意味を知って下さい
リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ Oh

ドブネズミみたいに誰よりもやさしい
ドブネズミみたいに何よりもあたたかく

リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ
もしも僕がいつか君と出会い話し合うなら
そんな時はどうか愛の意味を知って下さい

愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしない
決して負けない強い力を僕は一つだけ持つ
リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ Oh

リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ Oh
リンダリンダ リンダリンダリンダ
リンダリンダ リンダリンダリンダ Oh

2017/09/13

富士峰に  満天の星  天の川





富士峰に    満天の星   天の川


不二のやま    天翔ける星    雪の華


雪か星     日乃本いちを    つつみこみ


ふじやまを    抱いて眠るは    大銀河


そばにいて    山・星要らぬ    貴方のみ


夜が来て    スタンドバイミー   唄います


ミジンコになって    アメイジンググレイス
2017/09/13

蛍火にうかぶ乳首がみえることって、何か問題?





尾野真千子は、もともと大胆である、
性格と人格なのだろう、高校生のときから、デビューしてきた。


普通の日本人の女優やタレントなら、
しない演技、
ヌードシーン、とりわけ、乳首などが見えるシーンに、どたばた大騒ぎする、
ネットが、
先にばたばたしながら、SNSなどで、流言飛語のように飛び交い、
何の責任もない、うわさが闊歩し始める。

リベンジポルノなどの土壌育成とおんなじである。

テレビや映画などの持つ芸術性や、追求したいテーマってなんなのかな?

時々思う。
脚本家や監督は何の作品をもって、訴えたいのかなと感じます。


昨日、9月12日深夜
放映された「うちのがやがすみません」で、ゲスト出演した
水原希子さんが、
言っていました。

ちっちゃなことなんか気にしない、へっちゃら、、、


モデルなんで、バックステージで着替えるんで、
乳首がみえることなんか、おしゃれのひとつと考えています。
世間の人がおどろくとか考えていない。

と述べていました。
彼女は父アメリカ人と母韓国人のハーフですが、
ふつうの日本人の狭い枠組みを、はずれているほど、スケールがでかい。
別に〇〇人などの出身や国籍などはどうでもいいが、日本人そのものが、スケールが小さいのではと何度も想う、
最近の不倫騒ぎなども、そのうちの一つである。

なにがおかしいのだろうと感じる。


今や日本では、
テレビではある種の規制などがあり、悪い意味でかたくなり、芸術性や文化性やリアル性などの追求をどこかにやっている。
2017/09/13

拝啓 井上雄彦先生、お願いいたします。





井上先生は、
ペンで漫画を描いているのではなく、
筆で、漫画を描いているのはしっています、人物や描写を生き生きとさせたいからですよね、とてつもない労力です。
よくわかります、
私も、時々、筆で描いたら、投げ出したくなるような根性が必要です。



バガボンドの連載のほうのお仕事、

たいへん、宜しくお願いします。

38号を待っています。

                 桜木花道と、その子分、のんきな雲龍奔馬
2017/09/13

なぜだろうの、不思議の日





昨日の不思議


昨日は、なぜか、PVがどんどんと上昇していった、

大した記事は、描いても書いてもいないのにと思っていた。

あんまり、
上がるので、それにつれて、記事をどんどん書くようになって、

相乗効果などで、昨日一日だけで、プラス2000PVも上がったのだ、



こんな日は、二度とないだろう。
(ゆりあんみたいに)
調子にのっちゃって。

だから、
調子に乗っちゃって、巨人も逆転する勢いがあった、
しかも、
四番の阿部がバントまでした。
それでも、決め手を欠き、勝利を逃した。
DNAは首位広島に勝っていただけに、勝負が微妙になってきた。