FC2ブログ
2017/10/23

村田の勇気をみた




ボクシングの経験者の私から見た場合、
エンダムの有効打が、村田にあたったのは、わずか1発だったと確信する。

優勝インタビューも
一日経っての朝の番組にゲスト出演した時も、全然、顔にでこぼこがないし、ひとつもはれがなく、綺麗な顔だった。
こんなのは奇跡だろう。


エンダムは、なんと1回から、

クリンチをしてきた、


1回からクリンチをしてきたチャンピオンを初めてみた。


村田は、容赦なくたたきつけた、
クリンチをほどいて距離感をはかるのが、難しいのだが、そんなの構わず、右も左も降り続けた、
向こう見ずに打ったのではない、

あらゆる全方向を想定して、打ち続けた。
(その姿は、一乗寺下がり松における 二刀流を駆使する宮本武蔵の吉岡一門との決闘のごとしだった。七十人を斬り続けたさながら舞のようだった。)

いきなり右ストレート、左ボデイも有効打だし、
途中から左ジャブを連打したのも、明確に顔を捉えた、

相手のガードの上から打つ右フックなどは漫画のようにきまった、エンダムのえらいところはよく倒れなかったことだろう。

倒れることを見せたくなかったプライドがあり、
ギブアップ宣言をした。
男らしくねえなあと思った。

予想以上に、
村田がフルスロットル全開してきたので、身体がほんとうに、ぶっこわされるのだと思ったのだろう。

村田よ、おめでとう。
2017/10/23

多数決は、民主主義ではない





自公に入れるひと  しんじられない



丁寧に説明するよ   からのー解散



何を考えてるのか    与党好き選挙民



大物が   落ちたとたんに    比例あげ



小池さん  今あやまっても  もうおそい



山尾さん   いれるひとたち   なんでかなあ?