2018/02/28

良い唄です




KISS OF DEATH

NANAのときの、ロックを想い出す、


良い唄ですね。頑張れ 美嘉ちゃん
2018/02/27

ラフでも落書きでも




ラフスケッチでも、いいじゃないか
2018/02/27

いま一度、メダル至上主義を考え直したい




ここにきて、
今一度


メダル至上主義
メダルファースト
メダリストファーストは、どうにかしたいなあ。

スポーツは国民全体のものであるはずであるから
2018/02/26

パラリンピックは???

2018/02/25

奇跡であたりまえの金メダル





ヘルメットを被った高木菜那が、もののけ姫の仮面をかぶった決闘と重なった。


誰彼をマークしつつ、コバンザメの如くくらいつき、
トップギアで、アクセルを踏み出すポイントを間違えなかった、そのプラン通りの闘いをかちとった。
プラン通りを、実践する力があったからだ、

最後の百メートルのキレッキレの斬れ味は、いわば日本刀の瞬殺だった。

周りの敵を、一瞬にして斬って捨てた。
2018/02/25

良さを認め合うチームジャパン、いいねの百乗





そだねージャパン、、おめでとうー。

北海道弁ペースで、つまりマイペースで、

もぐもぐタイムしたり、

本橋麻里オーナーの、力強い支えもあったこと、
北海道民や日本国民に好かれていたことが、快挙につながりましたね。


スピードスケートは、
兄弟姉妹の確執は、今後もあっていて、いいと思う。
それがあったからこそ、お互いが伸びてきた。

低次元なところで妥協せずに、各自が才能を伸ばしていけば、
もっともっと、

ビッグになっていくでしょう。

2018/02/24

氷上のチェス、そだねージャパン勝つ

(画が間に合わねえ)


そだねージャパンも、銅メダル、

すげえー

スポーツ発祥国イングランドに勝った、なんて。
2018/02/24

チビッ子、やったー勝ったー、金メダルお姉ちゃん 強か高木菜那






チビッ子もののけ姫が、大金星を獲った。


へえーつ

すごい、すげえー、、

ずっとオランダのライバルのお尻について、ついてついて

ラスト1周を切った時に、オランダいにくっついていた、
これはパシュートの力だ、
高木菜那の後ろには、韓国の選手がくいついていた、

ラスト1周でも、
まだまだ我慢して、オランダについていた、そして、ラストのカーブからストレートに開けるときに、絶妙なタイミングのその瞬間、、、

間隙を縫って、インに入り、
全身をふるって、全速力で加速した、このスプリント力、韓国のキムも追いつけなかった。
画に描いたようなスパートだった。


韓国選手が直ぐに後ろに迫っていたが、
高木の加速についていけなかった。
ラストのアッパーカットのような切れ味だった。


したたか とは強かと書く。

すごいなあ、


「山椒は小粒でもぴりりと辛い」
「柔よく剛を制す」
155センチメートル
誰よりもチビッ子のお姉ちゃん高木菜那が、単独で金を獲った。
日本勢は、佐藤綾乃が敗れて、
唯一人だったが、開き直っていた、オランダ勢の二人をマークしていた。


女子マススケート初代チャンピオンという称号がついた。

これは、
あらためて考えると、
体力も気力も、知力も実力も必要になるという大変な種目になった。

おんなサムライである。

何回か、繰り返し、ビデオを観てみたが、

実は、準決勝からのシナリオが存在する。
高木菜那は、上手に賢く、
最初のトップを獲って、5ポイントをとって、
決勝進出を勝ち取り、あとは体力温存した。
だから、
第2章の決勝戦がみえてくるー
これほど、「起承転結のはっきりとした脚本」があり、
其れ通りに、
足を動かしていって、勝負をして、勝っちまったというレースだった。

凄いねえ。


あらためて、
一大会で、独りの女子選手が、金メダルを2個も獲ったのは、

夏冬通じて、
初めてという成績を、テレビ情報から教わった、---すんげえー。

2018/02/24

氷上の格闘技 不運か?実力か?闘争本能か?





女子マススタート
接触転倒、巻き込まれなどあるというゲーム、初めて見た。


第1組
高木菜那は、最初の方でかしこくポイントを取って、決勝進出した。

第2組
佐藤綾乃は、惜しくも、先頭の走者に、不運にも?巻き込まれて、転倒して負けました。
不運なのか、実力なのか、焦っていたという情報もありました。


高木菜那の決勝の健闘を祈る。
2018/02/23

天才数学者岡潔 ものがたり




※ 彼が居なかったら、
現代数学の3分の1は無かっただろうといわれる傑物が、日本にいた。


「天才を育てた女房~世界が認めた天才数学者とその妻の愛~」

を観ている。

佐々木蔵之介と天海祐希が好演している。

岡潔は、精神疾患の双極性障害だったとされている。
この病や障害を持って、

天才の偉業を成し遂げた人は、ゴッホや川端康成など、枚挙にいとまがない。

しかしながら、
昔も
今も、偏見と差別がある。

世界の数学会で、誰もが解けなかった難問の問題(三大問題)を解いたのである。

「眠らないで、数学の問題を解いていくシーンがある、]
躁の状態である、それがまた病気を進行させる。動き出した汽車は停まらないのである。

脳の病気である。
でも、生きる、生きていく。


戦争もあり、でも生きていく。