FC2ブログ
2018/07/03

コンセントレーションの格差で負けた





悔しいなあ、
というより、なぜ???
2点先行でも、、、勝てないのか???

なぜに、逆転されたのか?



勝てそうな試合を落としてしまう日本と、

負けそうだった試合をひろうベルギーとの違い、

それは、コンセントレーションである。


「コンセントーション」
という、ここ一番のときの、高度な攻撃力と守備力の総合戦闘能力をいうが、

それらの差だった。

典型的な例はいちばんさいごに出た。

最終的には、
アディショナルタイムにおける、
本田のコーナーキックだった。
そのボールをキャッチしてからの一斉攻撃のスタートダッシュだった。
ベルギーGKは本田のキックのコースを読み切っていた。

そうして、
味方にハンドでゴロボールを出した。

ドリブルをわずか3回突いただけで、右サイドにふった。
右サイドに上がった選手は、ワンタッチで、
ルカクに通すようにして、
背中に迫る選手に、ていねいなクロスを送った。

90分間も吉田たちに封じ込められていたルカクは、
赤い悪魔だった、不敵にもにやりと笑い、芝居のようにスルーした。

3点目の決勝ゴールは、
右から来たボールを、22番の自分の利き足の左サイドで狙う難しいものだが、
これもまた、丁寧に決められた。ゴールにパスをした。


これらにかかった時間計測が、9秒台で、ウサイン・ボルトよりも速かったと報じられた。

日本が追いすがってきていて、シューターにタックルをして倒したが、一歩遅かった。

これが、
コンセントーションの格差である。

勝つか負けるかの差であり、
燕返しを返して、佐々木小次郎をぶったたいた宮本武蔵の境地である。

2018/07/03

喫煙権主張は、オオカミの侵害行為である




喫煙権は、オオカミの自由、
嫌煙権(いつでもどこでも地球のおいしい空気をいっぱいいっぱい吸える自由 )は、ウサギの自由

であるが、

オオカミが、喫煙家の自由を守れ、差別をするなと、うさぎたちと人間にいうことは、はなはだおかしい。


赤ちゃんや幼児のや妊婦の受動喫煙反対権は、基本的人権であり、生存権でもある。

また、


あらためていうと、

喫煙は、
人間がまきちらす、垂れ流す公害であり、小さな原子力発電所である。
小さな原子力発電所が、いっぱいいっぱい勝手に動いているが。

2018/07/03

日本奇跡を起こすか! 




奇跡か、神か!!

日本の翼が、赤い悪魔をたおす。


前半、
ルカクに何度もチャンスボールが入るが、ベルギーの思った攻撃は封じている。

粘り守り切って、

日本0-0ベルギー
信じられない0点だ。


後半になって、

後半3分)
日本カウンター攻撃、
乾粘って、柴崎へ、天才柴崎、長い―スルーパスを右に、韋駄天原口ががんがん走る。原口は一番足が速いのだ。
ペナルティーエリア内に入り、一回ストップしたが、思い切り右足を振り抜く、

入ったあ、左隅に、日本が先取点

日本1-0ベルギー

ベルギー、いらいらしながら、攻める。

後半7分)
日本ボールにいって、日本左側ストロングサイドで、乾が左45度から思い切り振り抜いてミドルシュート、右隅に突き刺さる。
ワールドクラスのスーパーゴールで、ベルギーの2mの長身GKでも、
届かなかった、リプレイでみてみたら、乾のシュートは無回転だった。

日本2-0ベルギー

このままでは、
ベルギーは終わらないだろうが、日本は120パーセントの実力以上を発揮している。

相変わらず、大迫のミスは半端ない、究極の場面で弱い。
あと1点で駄目押しだ、もっと自覚をもてよ、大迫。

アザール10番の炎の出るシュートは、右ポストに当たって、跳ね返った。

ベルギーのシュートミスは多くなってきた、
日本 7本 対 14本ベルギー(枠内は2本、確率が悪い、それだけ焦っている。)

吉田が、ルカクの頭も下のボールのキックも抑えている。

後半24分)
クリアーミスの浮いたボールが何本が空中を飛び、左にいったボールをベルギーが思い切ってヘディングシュート、ロビングのように円弧を描いて、右隅にふわりと入ってしまった。川島のジャンプも届かなかった。

日本2-1ベルギー
1点差に詰められた。


後半29分)

アザールから、ゴール前に上がったボールヘディングシュートされた。

日本2-2ベルギー

同点に詰められた。
振り出しに戻ったよりも、追い上げたベルギーの勢いが強い。

3点目を決めきれなかった日本、
特に大迫、大迫のミスは半端ない。良い処でいつも決められない、ポストプレイだけが褒められたらいい選手なのだろうか?応援して期待しているものは、全員がっかりしている。


日本が交代選手を出さないのは、
遅れているように見えるのは、西野監督の采配だろうが、このままでは、ミスではないだろうか。

ベルギーにおける
アザールの動きが目立つようになってきた、ボール回しがスムーズになってきた。

後半35分)
でやっと、何い?柴崎と山口が交代、原口と本田が交代。

柴崎がミスが多かった?何か故障か?

後半38分)
香川から走り込む本田へ、
本田シュート、左サイドネット、惜しい。

後半40分)
川島、2本セーブ。

死闘になってきた。

川島の必死のセーブ。

藍 対 赤の血みどろの死闘になってきた。

後半47分)
本田35mをフリーキックを無回転で、たたきこんだ。
枠内に飛んでいたが、2mのGKのキーパーにナイスセーブされた。
コーナーキックになって、このセンタリングを、GKがキャッチして、走って、近くの味方にゴロボールを出した。一斉に、カウンターで、キャッチした瞬間、走りだしていた。その点、日本は、一歩遅れた。

後半48分)
ベルギーの5人は、一斉に滑るようにして、走りだしていた。この辺の攻撃がベルギーの2年間負けていない実力であり、アディショナルタイムだという自覚と集中力である。
それに呼応する一歩遅れている日本が、世界基準より遅れている証拠なのである。

ラストの舞をみせんとする赤い悪魔のベルギーは、
最後の真ん中から、一旦、右にボールを出す、
そして右サイドからの確かなクロスのボールを、ルカクは吉田をひきずりながら、後ろに軽く、スルーパス、後ろから走り込んだ選手が軽く、正確に左サイドキックで決められた。
川島もゆさぶられて、最後は止めるのが難しかった。
アディショナルタイムだった。

日本2-3ベルギー
ベルギーの選手大喜び、


終わった、
負けた、

大逆転負け、
日本が負けてしまった。さすが、ベルギー国、2点いれられたあと、甦り、
よく、ゲームをひっくりかえした。
ベルギーの監督の凄さは、日本を評価していたが、
★直ぐに2人を導入したこと、
★その2人が見事にゴールを決めたこと

を産み出した手腕である。

  ベルギーは、普通は、星を落としてしまう展開だろうが、みごとに、3連続得点で、2-3で、大逆転でうっちゃりを返した。こんなチームがコンセントレーションのレベルが高いといわれる。
さすがの世界ランク3位だった。
さすがの優勝候補といわれるチームだ。
次の6日(金)に、ブラジルとどんな試合をするのか楽しみだ。

日本選手たちは、ぜんいん崩れ落ちた。ロシアの美しい芝生にうずくまった。

昌司は、両手でロシアの芝生の大地をなんどもなんども叩いていた。


★両手から勝利の美酒のさかずきがこぼれて割れた。
最後でさいごの西野采配は、せめられるだろう。

★なぜに、
2点をあげながら、勝てないのだろう。
セネガル戦もベルギー戦も、勝てる勝利の金星を逃してしまう力のなさにがっかりだ。

ベスト16の壁はまたしても、破れなかった。
これで日本代表のベテランは、何人も交替することになるだろう。
財産を受け継ぐためにも、
久保建英のような有能な若者をもっともっと入れて、交替させるべきだった。

★★想い出したことがある。
サッカーにおける、(2-0)の2点リードは、(1-0)よりも、一番危険ということわざ。
1-0は、必死でディフェンスしていき、しまっているが、
2-0は、油断してしまい、安心しているので、反撃をくらう、それが連続で油断をしてしまい、2-2になり、
そして、相手は勢いにのり、
決勝の1点を入れられて、2-3で負けるのだというサッカー科学がそのまま当てはまった
試合
だった。

その通りの結果だけに、驚いた。

★追い上げて追いつめたが、
最後に、ベルギー小便小僧ににげられちゃった。

★何度か言ったが、
ベルギーの再建策強化策を学べよ。
日本には、コンセプト統一がない。



2018/07/03

ネイマールの柔らかさがブラジル優勝を導くか




なんて、柔らかい???

ブラジル2-0メキシコ


やはり、ブラジルか?

ネイマールのここ一番のシュートやパスの瞬時の動きを観ていると、

猫のような柔らかさだ。
2階から背中のまま落としても、地上寸前で回転して着地してしまうようなあの信じられない身軽さ


柔よく剛を制す

だ。

柔と、スピードの緩急なのだ。ギアを入れてトップスピードになり、また緩める、
その動きに、相手はついていけず、置いてけぼりにされる。