FC2ブログ
2018/07/13

オリックス京セラドーム5階席に叩き込む ホームランダービー、先ずは筒香 3分間×2で 23発



吉田も、2回ともフルスイングで10発以上うっていたが、
筒香が意地でも、抜き返した。
バッティング投手をつとめたロペスの投球が安定していて、リズムがあっていた。ロペスは、筒香の強打のポイントを十分熟知していて、淡々と投げ込んでいた。バッティング投手賞も30万円くらいあげたほうがいいのじゃないか。
何回も言ってきたが、巨人軍はなぜにこのロペスを手放したか?逃がした魚は大きすぎる。


 ★ 往年の王貞治選手は、休日出勤をしてくれた自分の巨人のバッティング投手に、陰ながら、色々なものを与え、賞金も奉仕していたことは、通なら知っているところだ。
王貞治氏の凄い処は、
ホームランを打った時も、凡打もうったときも、直ぐには帰らず、バッティングフォームを固めるために、素振りを欠かさなかったといわれている。頭が下がる。その姿勢がいま、博多のラーメン屋などで、お客さんなどにおごったり、選手たちの面倒をみていて、
福岡博多を一躍、野球どころにしている。
結婚も再婚をされて、充実しているところだろうと思える。
 しかしながら、次の歴史を忘れない、
一時期、ホークスが負けつづけたときに、バスを占拠されたり、生卵を投げつけられたりした王監督だった、あの世界のホームラン王の王監督にだ。気の短い博多っ子だったのだろうと思うが、「頼むから、辞めてくれー」という野次だった。今でもわすれない。あれは行きすぎだ、やりすぎだ、フーリガンだ、ホークスファンの傷害罪だと断定できる。

王は耐えた、耐え続けた、、、そして今のチームを後輩たちとつくっていった。


◆\\\\\\\\\\\\\\\

 今年からルールが変わり、
3分間の球数無制限で本数を競う。同点の場合、
1分間の延長。延長でも同本数の場合は投票数上位の選手が勝ち上がる。

優勝賞金100万円。

 この日、試合前に行われたホームランダービーではDeNA筒香が勝ち抜き、決勝に進出した。

【第1戦(13日)京セラドーム大阪】

(1回戦)オリックス吉田正尚(12本=投手はオリックス安達)-ヤクルト山田哲人(5本=投手は巨人坂本勇人)

(1回戦)日本ハム中田(2本=投手はオリックス清田ブルペン捕手)-DeNA筒香(9本=投手はDeNAロペス)

(準決勝)オリックス吉田正尚(10本=投手同じ)-DeNA筒香(14本=投手同じ)

   ◇   ◇   ◇

【第2戦前(14日)リブワーク藤崎台】

(1回戦)西武山川-広島鈴木

(1回戦)ソフトバンク柳田-ヤクルト・バレンティン

(準決勝)第1試合勝者-第2試合勝者

(決勝)DeNA筒香-第2戦準決勝勝者
2018/07/13

大谷翔平出番なし??




なぜ?
何かわけでも?
2018/07/13

人間としてゆるせない




人間として、、ゆるせない、

安倍晋三ーー赤坂自民亭

安倍昭恵ーー新興宗教、子どもサミット

★二人は夫婦らしい?
ボケとツッコミではなく、オオボケとコボケだ。だめだこりゃあ。

三選を目指しているから、身の程知らずというべきだろう。



2018/07/13

うみにたゆたい、、、、




グランブルーの海に、、、、、、、潜りたい。


🌟
深くても浅くてもいい、長くても長くなくてもいい、
自分が気持ち良ければ、、、、それでいい、つか、其れがいい。

気に入った温泉に永く浸かっているようなもんだー


優れたラガーマンも、広い芝生の上を、揺蕩うように走る。


◼️ーーーーーーーー

たゆた・う〔たゆたふ〕【揺=蕩う/猶=予う】の意味


[動ワ五(ハ四)]

1 ゆらゆらと揺れ動いて定まらない。「波間に小舟が―・う」

2 気持ちが定まらずためらう。心を決めかねる。

「強悪非道の曲物 (くせもの) も女と見て少し―・う内に」〈鉄腸・花間鶯〉


2018/07/13

クロアチアに優勝してほしい




イングランドをクロアチアがぶち破った。

ひとつの奇蹟かもしれない、

前半の序盤で、イングランドが得意のフリーキックを見事に、

決めたときには、もう勝負は決まったかに見えた、

後半も押し詰まって、
ゴール前にクロスが跳んできた時に、ヘディングでブロックしようとしたときに、長い足が出てきて、
シュートになった、
普通、相手の頭に足をあげたらいけないの危険防止のルールがある。

クロアチアが、追いついた。

延長になって、
そのクロアチアが決勝点を奪って勝った。

決勝戦は、
クロアチア対フランス
だ、

ユーゴ戦争などで、
貧苦にあえいだモドリッチたちが、サッカー少年小僧だった。

身体も170センチと大きくないが、(日本人のモデル像だ、ペレもマラドーナも大きくなかった)
今はレアルマドリードで、中心選手になっていて、次のバロンドールとまでいわれている。


判官贔屓ではないが、

クロアチアに、優勝してほしい。モドリッチに、MVPと合わせて、バロンドールをとらしてやりたい。
2018/07/13

観ない権利・無視する権利・忖度しない権利



★ マスコミ、テレビ、などなどで、観たくない、無視したい、当然忖度もしたくない、忖度しているやつらのことも考えたくないと思う


〇マツコ・デラックスを
ひとつも面白くないとおもう、いつも偉そうにしている彼(彼女)に周囲が従っていく様をみるのがしんどい。

〇和田アキ子を尊敬しない、
最近、言葉遣いが低調らしいのは批判票を気にしているだけで、その分酒の席でうっぷんがひどいのではないかと思う、そして和田アキ子がひどいというだけでテレビ出演をもらっているおこぼれ芸人の哀しさ

〇ビートたけしが面白くない、
「北の国から」の批判待つことも無く、ビートたけしの笑いや映画の質の低さを想っていたものは多いのじゃないかなと思う。


〇爆笑問題の笑いの質が低い、
つまらん、お前の話はつまらん、毒舌の質が低い、単なる悪口、即興でただいうだけ、

〇どこかの学長の
話題、記事、観たくない、ネットにも載せてほしくない

〇相撲協会はどんな問題でもうんざり、
新弟子検査に来ないし、気まぐれに休場するし、張り手などは適当だし、相も変わらず、上意下達だし、、、日大と同じじゃん、元北の富士の解説が、テレビキャスターにかみつき気味で傲慢不遜と感じる、


〇セルジオ越後を出してほしくない、
土台スポーツマンシップそのものを知らない、サッカーというものを知らない、なぜ、テレビ局が出すのかが、わからない、

〇張本勲を永久追放にしたい、
署名とって出来るもんならするけど、TBSがなぜ、いつまでたっても、サンモニに出演させているのかわからないし、スポーツ関係者が妙に忖度させられているのがみたくない、炎上商法の意味が分からない、


〇プレバトにおける、
東国原英夫について、地元宮崎新聞の俳句を盗作したのは、情けなかったね?あれが、盗作ではないなら、何が酷似か、何が盗作というような法廷問題になる。これまでも、そういう盗作をしていたのではないかと当然思われ、名人位はく奪だろうと思う。
6月7日放送の 東国原英夫氏 「梅雨明や  指名手配の 顔に×」
昨年6月宮崎日日新聞の文芸欄「梅雨寒や 指名手配の 顔に×」
※ 上記の二句について、「全く承知していなかったとはいえ、結果的には類似句となってしまったのは、私の至らなさ・責任だと思う」と釈明したが、
類似句になってしまうことが科学的にありえるのだろうかと思うし、真に盗作でないとするならば、(私の至らなさ・責任)と弁明しなくていい。不倫弁明ではなく、明確に反論すればいいだけのことである。
この句が発表された、当日は私もテレビを視聴していて、妙に唐突で動機の説明が雑で、なんで梅雨明けのあとに、指名手配のポスターを街角でみて、顔に×となっていたのが、感動するような詩作になるのだろうかと頭をひねっていた、
指名手配の寫眞なりの一枚二枚が、なにか、自分の歴史とクロスするいわれがあるのか、それにしても、おかしいなあと思っていたので、
この盗作疑惑のニュースが出たときに、なんだ、宮崎新聞にネタがあったのかと思った、それにしても安易な盗作だし、なんの捻りも工作もないし、それはばれるはと思った。

東国原英夫は潔いこともテレビでいうが、こういう行為が、もと県知事の業績をおとしているなとおもう。

ついでに、
梅沢冨美男の俳句は、はっきり言って質が低いのが多く、順位を付けると3位か4位ぐらいだと思われる、感覚だけで言って申し訳ないけど、

フジモンの俳句も時々は、視点が唐突し過ぎて、動機がうそっぽく、盗作の疑いありと思われる、

★、そして、まだまだ、盗作なのか、盗作気味なのか、疑わしいのはいっぱいあると感じるのは私だけだろうか???