FC2ブログ
2018/09/08

俵に足がかかっています~ 期待しないぐらいが、、、丁度いい




今さら、ジタバタしても、
A級戦犯の筆頭には間違いありません。

ゲレーロが、復帰してきて、

9戦5発、

凄いですね。
昨年のキングの意地ですか、意地だけでは巨人ファンは納得しません、もっともっともっともっともっともっと打ってください。
6番打者ぐらいで、いいから、一発かましてください。


マギーと連れで、「キマグレ―ロ」卒業かな。

期待をすると、きまぐれ・期待外れになるからなあ。


まあ、
本当の貢献は、クライマックスシリーズに大活躍してくれるといいけどね。
もちろん、契約や首はかかっています。
2018/09/08

大谷翔平は、超能力者か?Xメンか






本拠地は、
ホワイトソックスのシカゴだった。


いったい、どうしたら、こんなことが起きるのだろうか????

ホワイトソックスのセンター(中堅手)は、確かに、大谷翔平のボールを掴み取っている。

アウトだ!!

と、
思えた次の瞬間、、、、このセンターの左腕左肘が、フェンスに当たって、2段階折れみたいになった、
その瞬間、

グラブごと、ボールが、フェンスの向こうに消えた。

でも、
普通は、グラブミットの奥深くに捕球した場合、反射的に外野手は、手首を曲げて、どんな衝撃があっても、
とりきるものだと思える。
グラブが、本番でもがれるということは、ほとんどありえない。


塀の向こうは、地元シカゴだから味方ばかりだ。
アナハイムではない、もちろんアナハイムでも、起こりえない物理的現象だ。


大谷翔平のホームランボールの勢いと角度が、「ひとつの奇蹟」を演じた。

★もし、たられば、
このセンターが、イチローだったら、獲りえただろうかというの愚問である。
イチローでも失敗するだろうし、壁に激突した衝撃で、グラブごと叩き落とされることが現実にあるのだ。

まるでマンガみたいだが、
マンガではない、
現実だ。

でも、やっぱり、スーパーマンのアニメか、スーパーサイヤ人か?Xメンの超能力だ。
2018/09/08

投打と包丁で、三刀流



「ローストポークと鮭のソテー 海藻類をそえて」を自炊している



大谷翔平のパワーの根源は、

自炊料理、「ローストポークと鮭のソテー 海藻類をそえて」(
指導はスポーツ料理研究家の村野明子さん(ヴィッセル神戸というサッカーのプロチームの料理家)
などなどです。

投打の二刀流に包丁をくわえて、
三刀流。

まあ、ぼちぼちでいいけど、

お嫁さんをすすめます。
2018/09/08

北海道にとどけ、3戦4発 有言実行の19号3ランホームラン、センターのグラブごと叩き落とす、日本人最多



一気に松井城島を抜いて、日本人に最多になった。

北海道にとどけ、3戦4発 有言実行の19号3ランホームラン、

センターのグラブごと叩き落とす。


日本人最多を越したが、
私が、少しおやっと思っていることは、これまで、ホームランは全て、明確な距離のあるホームランだった。
しかし、
ここ、2発は、飛距離が落ちて、スタンドギリギリだったからだ、、大なり小なり、右肘の影響があるとみた。

今季の試合を最後までやったとして、ある程度の記録はつくりあげるだろうが、
それより、一番大事なのは 、、
最悪に考えられる悪化の心配をするより 、、、右肘トミージョン手術に踏み切って、

早く治療して、はやく治して
早く復帰してほしい。
何の気兼ねも無く、打撃に投球に、走塁に全力を発揮してほしいと思うからだ。

無事これ名馬だ。


なんの為か???

それは、本来の目標の、二刀流達成のためであるー
日本も米国も、全世界も、その奇跡をみたいのだ、