FC2ブログ
2018/09/14

流石のダニエル・カーターはラグビーの天才だった




その地は、日本ラグビーの聖地〜秩父宮ラグビー場だった。

2018年 9月14日(金曜日)
トップリーグ
神戸製鋼 対 サントリー
デビュー戦になった。


ダンカーターは、全てにおいて、やはり、世界一のスーパースターだった。


ゴールキックは、珍しく珍しく、外したことは、自分自身も反省していたが、、愛嬌だろう。
他の大活躍で、充分カバーした。


世界一の得点王という見せ所は、
ここ一番、パスをした後、右のバックスをフォローしていってのリターンパスをもらって、自らにトライを獲ったところだった。

そして、

一番驚いたのは、、
ここというチャンスでの密集をぬいて、繋ぐスピード、オフロードパスを見せたところだ。
まるで、己は、バックスだが、大型フランカーのFWのような縦突進だったし、牛若丸が突然に武蔵坊弁慶に変貌して、チャンスメイクをしていた。これが、オールブラックスのスタンドオフなのだ。

また、デフェンス面においても、
随所に見せたタックルは、日本刀のような斬れ味だった。

これは、全体のラグビーの試合運びをよく知り抜いていると言うことだ。

最後の最後まで、交代せずに、みんなとゲームを楽しんだみたいだった。

あと、前方への味方が走りこんでちょうど受け取るキックパスなどは、キックの方角が予想できないようなこれも日本では見たことが無かったプレイだった。


3連覇をしているサントリーを、スタートでものの見事に粉砕した。
レジェンド神戸製鋼が蘇るだろう。



次の試合も本当に 楽しみだ。
次は、なき平尾誠二を上回るカットインからのトライ、巧みなサイドステップからのトライを決めてもらえること
を期待しています。実はこれが、ダニエルの魅力なのだ。

すべてにおいて、日本の子どもたちが、ダニエルのものまねをして、上手になっていくだろう。

2018/09/14

母親になった野獣





松本薫ーかつての金メダリスト


結婚して、妻になり、

出産して、母親になった。



なぜ、男と女はこうも違うのか?

男は父親になっても、簡単に続けられるが、女は違う、続けられない。


その現実の矛盾に、ぶつかる。

日本という男性社会は、とくに、
女性の努力に
あぐらかいて、
ふみつけて、勝手し放題に、男はわがままをしている。

家族を持った時には、女性に出産子育て家事その他を押し付けて、いばっている男ども。



出産後から、

柔道場に立ち向かう努力をつづける、

股関節周りの失われた筋力、バランス、体幹のなさの実感に驚きながら、
柔道場横の
教官室を授乳室にしながら、数時間おきに、泣き声が聞こえると、飛んでいく。



すごい現実の戦いだ。

少しずつ、自分の筋力と心技体を取り戻していく。

目指した大会に、準優勝を取り戻した。


もちろん、
2020の東京を、目指している。

こういう松本薫に、将来は、男女平等、子育ての大臣になって欲しい。
また、
「口先ばかりで何も実行出来ない弱虫の」鈴木大地長官より、パワハラセクハラを受けない男女平等のスポーツ界のありようを、目指したスポーツ長官になってほしい。



いや実は、
こういう ママさんアスリートが、特別美化にされて、大臣になれるのではなく、、
ふだんの、ちまたのお母さんたちにこそ、
「当たり前のすごさ」「つながっていく力」「助け合っていく力」があり、
現実の大臣、政治を任せられる現実をつくっていく必要があるのだと思う。

2018/09/14

大坂、スポンサー、半端ない‼️






大坂なおみ、、、大型スポンサー契約追加、続々。


アディダス9億円‼️にアップ。
ニッサン、GTRをポンとプレゼント、電気自動車もおまけ

シチズンやヨネックスなども、大坂なおみモデルを発売。
お互いにビジネスチャンス。


これからも、彼女のキャラクターのおかげで、
各種CM、マスコミ、ファッション、テレビ出演などなど、どんどん追いかけてくるでしょう。