FC2ブログ
2018/09/28

「放物線見て入ると思った」長野サヨナラホームラン 菅野2連続完封




お立ち台での、
菅野の第一声は、「打った瞬間は見ていなかったんですけど、放物線を見て、入ると思いました。(笑い)」
と言い放った。
ーーーーー


いつも、思うが、
元阪神の赤星の解説は、、一球一球、分析が細かく、指摘が鋭い。
野球の勉強に非常に役に立つ。
単なる俊足の盗塁がうまく、守備も攻撃もレベルが高かった選手という訳ではない。〜心理分析が凄い。
こういう人に、巨人のコーチ指導者になってほしい。臨時コーチでも良い。


がっぷり四つ相撲の、
巨人菅野 対 横浜 東の力感溢るる投手戦だった。

どちらも散発のヒットは出るが、、決定打が出なかった。


菅野は、何かしら、股関節か足首か、違和感があるようだったが、完投をした。
横浜の東のほうが先におりていた。

9回裏になり、横浜投手は、3人目の砂田、
長野が2球目のドロンと落ちてきたフォークを、狙いすまして叩いた。
左中間に消えたサヨナラホームランだった。


東京ドームにおいて、この最終戦の前後、
二つのチームから愛された、村田修一の引退式があった、私自身は複雑だった。
なぜに、村田を放したのか?
村田は、2000本前だった。
侍ジャパンの四番打者の打った男だった。
1塁手で、5番を打てる男だった。順位が変わっていたかも知れない。
阿部は代打兼コーチでいい。