FC2ブログ
2018/09/30

精彩がない逆転負け





黒後愛の顔が精彩がなかった。


バックアタックのタイミングが合わないことが、数回あった。


身体的故障が、どこかしらあると思われる。


そのせいかどうか、フルセットで、オランダに負けた。セット内で逆転負けしていた。
2018/09/30

宿敵オランダをぶち破れ‼️




平均身長189センチ、日本とは、10センチ以上、ちがう、
ジャンプ力、最高到達点もはるかに上。


1セット目、

スパイクレシーブなどが、よく、うまく上げていた。

日本は、数点もリードをしていたが、徐々に、終盤の22点目で追いつかれた、
そして、逆転された。

( 🔷 応援に来ている木村沙織のコメントする声は、少女っぽく、こんな可愛い声だったかと持ってしまった。)
2018/09/30

長野、執念のセンター返し 広島にサヨナラ勝ち / 背番号18が泣いていた





今日もまた、広島相手に、1点差、9回ウラ。広島は守護神中崎。ひげ面が憎い。

先頭バッター
坂本が、阿修羅の意地で、レフトに引っ張る。あまりにも当たりが強いので、シングルヒット。
続く田中バントモーションから、
粘ってねばって四球を選ぶ。ノーアウト2塁1塁。
3番マギーは、ライトに大きな犠牲フライ。
坂本が3塁に到達した。
解説者の篠塚は、
「力まず、先ず、3塁ランナーを返すことだけを考えて」。
と言っていた。
その通り、、、4番岡本が、カウント1-1から、シュートを叩きつけた。根性で、打球は、三遊間を抜いて、同点。4ー4。
広島は、
つづく阿部に対しては、敬遠気味に四球を与えて、満塁。
サードランナーを、田中俊から吉川大に交替させる。


いよいよ、逆転機には、
解説者の篠塚が、長野に対して、盛んに「あわてずに、落ち着いて」と何回も言った。(狙い球を絞って、打ち損じないでという意味だ)
内野手は、全員が前進していて、間を打球が抜けやすい。
カウントは、双方が粘って、フルカウントになっていた。
外角低めのスライダーを素直に打ち返した。

打ったあー、
長野のバット一閃!!
ピッチャー中崎の足元を抜いた、
執念のセンター返しで、、、代走吉川大が駆け抜けたーーサヨナラ勝ち。




巨人軍とみんなの牽引者、坂本隼人主将の勝ちたい思いがみんなに伝わっていた。

1日置いて、長野が再び水も滴るいい男になった。


ーーーーーーーーーーーー
東京ドームの巨人ファンに対して、高橋由伸監督の
挨拶と、全員のサインボールのプレゼントが終わったあと、

杉内俊哉の
引退式は、涙が止まらなかった。


障害を持ちながら、支えてくれたお姉ちゃんの存在。
杉内俊哉は、姉のこと語るとき、
何度も絶句した。
(障害の子を持つ家庭でないとわからないという思いだ。)


松坂世代のメンバーでもあるが、身体条件で恵まれてはいなかった。


ノーヒットノーランや、あと一球での完全試合の投球がわすれられない。
キレのあるストレートと、
チェンジアップと、
独特なコースのスライダー、魔球と呼ばれた。
すべて、同じフォームで投げ切れた。

坂本勇人は、対戦相手としtr向かい合った時に、「どうやって打てばいいのか、全くわからない。」とお手上げをした。


こんな左腕はもう二度、出ないだろう。


背番号18の背中が、、、、、霞んで見えなかった。