FC2ブログ
2018/10/11

火の鳥ジャパンの起こす奇跡と一つのミス



( スターウオーズのパドメ姫は、シムラケン姫か?)


日本女子バレーは、
10日(水曜日)
今大会の優勝候補と言われて来たセルビアに、3ー1と、逆転した。
今回、1セットも落としていなかったセルビアから、3つとって、勝ったのだから、アンビリーバボだ。


11日(木曜日)
今日も、往年の王者とされて来たブラジルに、
2ー0と、リードしている。


中田久美監督のそばにいると、何だか勝てそうな気がしてくるから、不思議だ。
こういう人を名監督というのだ。


今日もスパイクレシーブが好調で、
奥村が顔面レシーブした。顔面でも逃げずにあげるという気合、根性だ。
そういう日本のミラクルに対して、
ブラジルは、イライラして、信じられないミスが連続している。

もし、日本が3ー0で勝つと、日本は1位通過する。

無茶苦茶に凄い。


3セットのマッチポイントになって、
手こずる展開が始まった。
なぜに、内瀬戸の軟打などを、選択したのか、エースの古賀でなせに行かなかったのか?点差もあったからの判断か?
非常に悔やまれる。
そして、追いつかれて、ひっくり返された。

再び、古賀でマッチポイント。
ガライも、根性見せて、同点から、
ブラジルにひっくり返された。

ここは、珍しい中田監督の采配ミスだ。
ブラジルが息を吹き返すかも知れない。

セット
日本2ー1ブラジル
になり、

ブラジルが復活した、サーブも良くなって、取られた。

セット
日本2ー2ブラジル
のフルセットになった。

ブラジル8ー7日本になり、
古賀に替えて、またもや内瀬戸を入れた。
内瀬戸レシーブミス、、、、


ブラジルの強打や意欲が復活して、
マッチポイントを握られた、

こんな逆転も珍しい。

日本2ー3ブラジル
の、
大逆転負けだった。

勝てていた試合を落としてしまった、
手のひらから、勝利がこぼれた。

内瀬戸は外そう。ーーー


🔷後味の悪い逆転負けになっちまった。
選手か監督か、戦犯探しをしたくなった。




2018/10/11

貴乃花よ、、お前もか?




貴乃花よ、、、お前もか?

また、
いまどき、人騒がせなことをするおひとだ。

馳浩議員に挨拶に行った、いったのは事実。
か。
裏で、安倍晋三とつながっているのではないかという噂。




おそらくそうでしょう。
全国参議院議員選挙で、人気投票ごっこをして、目立ちたいのか、
いずれは、スポーツ庁長官になって、

相撲協会の上に立ち君臨されるおつもりか。


与野党どちらが、わからないが、

不倫、開き直り交際宣言をした今井絵理子議員も、
馳浩も、
ヤンキー似非先生も、
谷議員にしても、

何れにしても、
本気な政治家には見えない。


こんなひとたちに一票を投じるひとの気が知れない。
また、
それらのバブルのような人気票を利用しようとする政党幹部の矜持が分からない。

本気の政治家は、やはり、居ないのか?
2018/10/11

レオン2も、ルーシー2も。




レオンのマチルダ役は、ナタリーポートマンだった。
可愛くて、綺麗だった。

あのマチルダが成長して、スターウオーズの姫になっていた、マチルダが大人の女性の殺し屋になって、レオン2(マチルダ2)を作って欲しい。


ルーシーも面白い、
平凡な女性であったルーシーがあるきっかけで、
韓国マフィアに捕まり、下腹部にあるクスリをいれられる。
CPH4という赤ちゃんが育つ時の薬が体内で覚醒し、機能的に核爆発して、自分の能力を100パーセント使用する限界を超えて、超人になっていく。そして、自分も他人も機械も万物をのっとてしまった。

最後はスーパーコンピューターに入り込み、共に昇華した。
生死や神を乗り越えた位置まで昇り上がった。
「いつでもそばにいるよ」
というメールが来た。

神をも超えたルーシー2が、さらには、どんな活躍をするのかも面白そうだ。観てみたい。


2つともの作品やニキータ、アサシンなどは、最も凶暴なバイオレンス映画で、有名なリュックベンソン監督だ。
今、
セクハラで訴えられているが。。。。

さもありなんと思える。

リュックベンソン監督は、歴代の主演女優をものにした。
古い言葉で言えば言えば、「英雄、色を好む」である。
性暴力は充分あり得る。

スポーツ指導者が、エースの女性アスリートをものにして、
結婚したという例は、枚挙にいとまがない。現実に、身近に多くある例だ。
性欲には限りがないので、犠牲者一人二人では無い。私が出た大学内でも現存した。

これは、性暴力なのか?真っ直ぐな恋愛なのか?
具体的には男尊女卑で、おとこが力任せにおんなを押さえ込み一本した実例が多いと言える。


でも、
このリュックベンソン監督も、アメリカの最高判事も、罪を逃れる公算が大きいのではないか。
と思う。