FC2ブログ
2018/10/13

巨人勝った、進撃の、エンドラン決まる。




当然、ヤクルトは、
ここ数年勝てなかったジャイアンツキラーの小川が先発。小川に対して、8連敗中だった。ライアン小川という異名である。

巨人先発は今村。

第1打席は、坂本勇人は、見逃した三振。しかし、
田中俊太の相性の良さが出た、
四球を選び、その初球目に、軽く盗塁をしてしまった、おそるべきルーキーだ。すかさず、マギーが右中間を超すあたり、簡単に1点ものだったが、ライトが補球するかのように見えて、
田中の判断だが、一旦ストップして、引き返そうとした分、遅れた、そして、3塁止まり。
ここで、
岡本が、犠牲フライを大きく打ち上げて先制した。
この辺が、岡本の非凡なところだ。
巨人1ー0ヤクルト


すぐに、ヤクルトに追いつかれたが、
巨人1ー1ヤクルト

坂本勇人キャプテンが、内角を2球攻められて、外角低めに落とす球を、身体を泳ぎごしになりながら、
レフトに強引に引っ張った。
このへんが、坂本主将の頼りになるところで、非凡のなかの非凡です。
巨人2ー1ヤクルト
で、1点リード。

先発左腕今村は、ガッチリ好投したー
バレンティンや山田らを抑えた。


5回2死から、
引き受けた上原は,魂の投球を続けて、フォークで落としまくり、ガッツポーズを繰り返した。
次の6回も頼まれ、引き受け、雑草魂で、巨人ナインと神宮球場の巨人ファンに完全に火をつけた。
流れが完全に変わった。

7回表
先頭の長野がヒットに出る。続く陽岱鋼の2球目にー
高橋由伸監督は、勝負をかけた。
伝家の宝刀というべきヒットエンドランである。(いや、巨人にはそんな武器はなかった)

陽岱鋼への2球目は、外角に落ちるカットボールをうまく掬い上げた。
勝負強い陽は、センター返しをして弾き返した。

長野はセカンドを蹴り、サードベースまで届く勢いだった。
決して足が速くはない長野は、
サードベースコーチが腕をぐるぐる回した。

長野は、躊躇なく、サードベースを蹴りあげ、まっしぐらに進み
本塁に突入した、セーフ。
巨人3ー1ヤクルト

巨人側はお祭り気分の3点目。
このヒットエンドランは、王者広島のような技であり、
金足農業高校のツーランスクイズのような完成度だった。

このあと、小林がバントで陽岱鋼を送る。ここで、小川がついに交代。
いけいけどんどんになった巨人は、亀井がポテンヒットで、1点追加で。
巨人4ー1ヤクルト.

あとは畠と山口が抑えた。
勝利投手は、上原だった。

明日は、
巨人菅野 対 ヤクルト原
であるが、

勝負はわからないとしかいえない。
雪辱に燃えているヤクルト打線はこわいでしょう。





2018/10/13

見せかけスクラム詐欺の大愚行




単なる誤魔化し、スクラム詐欺、21世紀の大愚行

2586人のギネス認定なんて、
嘘だ。


愛知県豊田市で、シネス認定を目指して、スクラムをく取り組みがあった。

1、
聞いて動画や画像を見て、直ぐに分かった。詐欺だ。
2、
詐欺の理由ー後ろの第3列は特に、両足が伸びきって、膝が充分に曲がっていない。
3、
第1、2列も同様で、前の人の腰と腰の間に、頭を突っ込んでいるだけで、スクラムとは言えない。
4、
こんなスクラム詐欺みたいないたちごっこをしていると、本当に怪我をしてしまう。経験者からすると腹が立ってくる。
5、
スクラムの怪我は頚椎の骨折であり、一生の不具者、寝たきりの身体障害者になる。
6、
だから、スクラム経験者やフォワード経験者、真剣にやる。真剣にやらないと、死者も出る可能性がある。
7、
従って、こんな見せかけで、数字上のギネス更新を狙っていたら、ただのバカ祭りである。
8、
世界ギネスが、こんなことに加担するんて地に落ちたもんだと思う。この数字更新を目指して、させれば、本当に身体障害者や、死者が出る。
9、
らぐびーの人寄せパンダとして、いつもー山下真司が呼ばれていたが、彼ほどパスやタックルやその他のプレイなど下手な役者も珍しい。下手すぎて、カッコつけているので危なくてしようがない。短いパスでも曲がるし、楕円ボールの中心線を意識していないし、ボールがふらふらする。彼はよっぽど運動神経が低いと思われる。ルールもよく理解していない。あれから、何十年も経つのに、ラグビーのことを分かっておられない。我らが尊敬する山口良治先生(元伏見工業高校ラグビー部)にいつも申し訳なく思う。
10、
ラグビーの本ちゃんの経験者みたいな人、(芸人でもいい、経験者なら、ふざけて笑いを取ろうとすると大怪我することを認識している) 上田、有田、中川家、サンドイッチマン、ジャルジャル 舘ひろし、、、、たちみたいなものにさせないと危なくてしようがない。今のNHKの「不惑のスクラム」のヤンチャーズのラグビーは、高橋克典たちに、努力の跡が見える。
あくまでも言うが、山下真司は、偽物である。

11、
ラグビーワールドカップのための隆盛には、本当の一流プレイヤー(諸外国も含めて)を集めて、本物志向でやるべきだ。
今回の豊田市のスクラムごっこは、大失敗だった。

2018/10/13

つええー、ソフトバンク、初回で決まりか



パ・リーグファーストステージ
(ヤフオク!ドーム)

ソフトバンク 対 日ハム

1回表
ミランダから、、日ハムの安打製造の近藤が先制ホームラン。

1回うら
日ハムのエース上沢から、上林2塁打、明石四球、中村ラインぎわでぼてぼてヒットでノーアウト満塁、柳田右にタイムリーで1点。
なおも続く満塁で、デスパイネがライトスタンドに、満塁ホームランで、大観衆大喜びの一挙合計5点で圧倒。
日ハム1ー5ソフトバンク

これで、きょうは決まりだと思う。
2018/10/13

史上最大の下克上なるか⁉️ 岡本150m弾で神宮球場を壊す。



(8番に近い投手をぶっ壊す予感です。)

(怪我から復活したキャプテン坂本勇人は、やってくれるでしょう。)


● 巨人岡本の練習は、ジィアンツ球場での特大150m弾だが、
神宮はそれよりコンパクトだから、ぶっ壊し、ライアン小川の連勝をぶっ倒す可能性はある。
 

 岡本の打球がグングン伸びる。
ガッシャーン!

その破壊音に誰もがバックスクリーン上部に目をやった。
推定150メートル弾が電光掲示板を直撃。練習中に球団スタッフがグラウンドに落ちた破片を清掃する異例の光景が見られた。

 「(飛距離は)風です。練習なので試合はまた別。試合で打てるように頑張ります」
と謙遜する青年シャイな岡本。
風でも、リアルな数字だ。大谷以上だ。

 期待値は増すばかりだ。
9日の阪神戦では自身初の2打席連弾で100打点に到達。

今季最終戦の最終打席で史上最年少22歳での「3割30本塁打100打点」を達成。チームをCS進出へと導いた。

 今季限りで辞任する指揮官が、その才能を開花させた。開幕から起用し、6月からは4番に据えた。岡本も期待に応え、チームで唯一、全143試合出場。

「初めて見たよ」。破壊弾を振り返った高橋監督は、
「4番としてチームの中心。シーズンと違った戦いでも力を出してほしい」と若き主砲に懸ける。


 
16年から8連敗中のライアン小川を想定し、
2日連続で高速マシンを設置。

打撃投手も通常より約1メートル近くから投げ、カットボールなどの対策も練った。
「トータルで勝ちたい。勝つことで次に進める」と高橋監督。


●逆に言えば、
小川を打てないと、勝てないし、岡本だけでは勝てない。坂本も、マギーも、ベテランのl阿部も、亀井も長野に、確実に打たないと、ヤクルトにズルズルに持っていかれそう。
阿部は最後の輝きを見せて欲しい。何度も死んだ身だ、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」である。

●本気の精神力と実力を見せれば、
怖いもの無しで、ヤクルトを喰い、広島でくらいつき、西武達の争いができる可能性はある。
いずれにしても、巨人の抑え投手の課題である。


●ヤクルトはまた、最近好調である。
トリプルを今年もとった山田や、バレンティンも、青木も、川端も、中村も巨人には勝負強い。
2018/10/13

岡本和眞を育てたもの、敵に塩を送った筒香



1,高橋由伸監督
高校からの4年目の若者に、四番打者を命じた。
もちろん、好不調の波があったが、一度も変えようとはしなかった。他に相応しい四番候補が居なかったのは事実だが、
由伸監督は、我慢し続けた。それで、3年間でわずか3本のホームランが33本になった。
3割(309)30本(33)100打点を、達成した。
勝負強くなったのは、事実だ。

2.松井秀喜臨時コーチ
松井コーチが指導したのは、1点。
「下半身だけを気にしろ、他は考えるな、下半身で打て。」
シンプルみたいが、一番大事なことを教えている。

3,二岡コーチ
「ミートの処まで、遠回りしすぎ、一番近い道をスイングせよ」
巨人に元々、所属した生え抜きのコーチ。
バットを前に倒しすぎで、力みもあるので、結局、バットが遠回りしすぎで、おそくなる、速球にも変化球にも差し込まれる。理由は
そういうスイングをしないと、遠くに飛ばないと思い込んでいた。
結局、ボールが遠くに飛ばない。飛ばなかった。

バットを軽く立てて、単純に、直線的にミートする。


4,筒香嘉智
🔷ーーーー

(巨人・岡本にアドバイス DeNA筒香が「敵に塩を贈る」理由 )
●岡本は、
しばらく、スランプに悩み、抜け出せずにいた。ーーー
、、、、、、、、
 32打席無安打となった
7月4日のDeNA戦。

この試合で筒香は岡本に、

「打てなくても、そのまま変えずにやればいい」

と助言したという。

話しかけられた岡本は面食らったというが、
この翌日、33打席ぶりのヒットを放ち、スランプから抜け出した。
筒香は「アドバイスってほどじゃないです」と謙遜するが、シーズン中にフォームやバットを替えないことで知られる打者だ。

 多くの者は不振になると、
コーチからフォームをイジられたり、気分転換に道具を替える。
「変えるな」と進言した筒香も、
「昔はいろんな人の言うことを聞いて、うまくいったこともあるし、いかなかったこともある。今でもそれの繰り返しです」と、試行錯誤の毎日だ。

 同じセ・リーグでシーズン中。

 「かつては練習中や塁上で相手チームの選手と話すのはタブーとされ、敵に助言するなんぞ、もってのほかだった」

 そう水を向けると、筒香はこう答えた。

 「チームの作戦に関わること、相手のボールがどうとか、言えない部分はもちろんあります。
でも、バッティングの感覚は“対相手”のことではない。『どんな感覚で打っていますか?』
と聞かれたら、隠さずに教えます。あくまで僕の中の感覚の話なので、聞かれたらすべて答えますよ」


といったそうな。

🔷ーーーーーー

●名人は名人を知る。
侍ジャパンの四番打者が、近未来の四番候補の素質を感じ、、、
奥義を伝授したといえよう。

●皮肉にも、
巨人と横浜の3位争いは、岡本の3打数2安打2ホームラン3打点で、
すがる阪神を突き放して、横浜の夢を砕いた。
そうして、巨人が、自力で、3位のクライマックス権利を勝ち取った。

横浜のラミレス監督は責任を感じて、引退を申し出たが、慰留された。
阪神金本監督は、最下位の責任で、辞任した。

巨人高橋由伸監督は、読売柳生一族の陰謀で、辞めさせられちまった。
微妙なワケのわからない期日に、

そして、グレーな腹黒い人が後任になった。

本題に戻して言えば、
この岡本和眞が、グレーさんに潰されないように願う次第です。



2018/10/13

人情って、、、、いいなああ。




探偵ナイトスクープというゆる〜い番組がある。


ある家族の話、
父母が離婚して、大阪に移り住んできた、子ども3人を女手ひとつで育てて来た。

母親は、、
いくつもかけもちで、仕事をしながら、朝真っ暗から、深夜遅くの帰宅で、あった。でも月に三度くらい、寝入った子どもたちを起こして、ラーメン屋に連れに行ってくれた。そうやって、子どもたちを懸命に育ててきた。


この近所にあった画竜軒というラーメン屋に家族が行って食べるのがほんとうに楽しみだった。

その母親は、ことし、ガン宣告され、あと半年から1年間の命だという。


「もう一度あのラーメンを食べてみたい、母親に食べさせてやりたい」と息子さんから、番組に依頼があった。


探偵員の漫才芸人スリムクラブの真栄田が、
その息子さんにきくと、
その画竜軒はつぶれていない、どこに行ったかわからない、
風のうわさに、北海道の旭川で、陶芸をされているというひとが、その人では無いかという話。。

飛行機で、飛ぶ。

旭川に辿り着き、陶芸の里という場所を見つける。

訪ねて行くと、
その元ラーメン屋の大将は、陶芸協会会長の早見さんだという。

早速、尋ね、事情を話して、依頼する。
早見さんは、自信がない出来ないとことわるのだが、奥さんが、人助けや行ってこいを背中を押す。



早見さんは、
大阪に飛び、元の製麺所や、材料のお店を歩き、集めて回る。


厨房をかり
ラーメン作りに取り掛かる。

息子さんは、妹さんと、母親を、知らないふりして、 案内して、ふいに、ラーメン屋に入る。

目の前にラーメンがあらわれたとき、その香りやコチジャンやコーンなどから、

「画龍軒のラーメンみたいだなあ」
と気づき、その時の大将だとわかり、
ラーメンが伸びるのに、母親は、大泣きしてしまう。

そして、息子さんの作戦だと気づき、みんなに、感謝しながら、
「わたし、がんばる、長生きをする」
と、闘病宣言をする。



この番組の
西田敏行局長は、
泣きながら、
「すばらしいなああ、」
「人情って、、いいなああ。」
と呟く。


これって素晴らしいなあ、これは映画化になるかも、映画になったら、おれ、あの画竜軒の大将の役をするよ。」
と言って、全員が爆笑した。



🔷人情と人情が、、鉄の鎖みたいに、、、
繋がって、、つながって、、涙になった。