FC2ブログ
2018/10/16

南野3試合連続、大迫半端ないゴール、堂安初、南野2点目ー合計4ー3ウルグアイ




世界ランキング5位の
ウルグアイに勝てたら、、ホンモノだ

前半ー10分
中島から縦パスを受けて、南野ゴール(3試合連続)
日本1ー0ウルグアイ

ウルグアイゴール
日本1ー1ウルグアイ


前半ー36分、大迫ゴール

日本2ー1 ウルグアイ


今、前半43分

日本 2ー1 ウルグアイ

ーーーーーーーー

後半はウルグアイは、いきなり、レアルマドリードのメンバーを投入してきた。

怒濤のように攻めてきた。遠くあの日の、日本海海戦のように世界のバルチック艦隊から、一斉砲撃の艦砲射撃が続いた。
何本も大きいみずばしらがたった。

(後半もかいていたが、
編修できずにねていた。)



とにかく、
最後の結果はランキング5位に勝った、、

奇跡だ。
それほど凄い。

艦砲射撃の大きな大砲のひとつ、
あの勇者カバーニは、コンドルのように悠然と日本ゴール近くをまっていた、不気味だった。
反撃は、そのカバーニの位置と粘りで押し込んだ。
日本2--2ウルグアイ
動転の喉元に食らい付かれた。


ところが、
その大きなコンドルに対して、動きの速い零戦のようにヤタガラスは、飛び回った。
動きが速い、ターンが小気味良い、小さい日本人は切り返しがはやい。ノートラップで、ワンタッチで繋いでゆく。身体がウルグアイの方向にむいていく。

今日のやたがらすは飛び廻り方が違う。
ジャイアントきリング
右から攻め上がり、二十歳の堂安が、酒井とワンツーで抜き上がり、左足で強烈なシュートをぶちこんだ。
日本3--2ウルグアイ
再びみたび、1点差をつけた。

中島が、マシンがんのようにシュートを撃ちまくった。
ウルグアイの艦砲射撃に対抗して、みんながシュートをたたきこむ。

ベテラン長友は、相手のバカにしたコンタクトプレイに、スーパーさいやじんの闘いでディフェンスする、倒れない。


焦るウルグアイを、
おいてけぼりにして、またも攻め上がり、堂安が中央から、シュート。
こぼれ球を、ちゃんと詰めていた南野がシュート。決まった。
日本4--2ウルグアイ

またもや、2点差。
最終は、ウルグアイが3点目を追い上げて、


日本が、辛くも逃げ切った。。。


凄いなあ、ジャパン。
ヤタガラスが、、、ジャイアントキリングをやってのけた。
2018/10/16

希子ちゃんは、、希望の子




頑張れ絵、、、希子ちゃん、


応援してるぞ〜
2018/10/16

なぜ、FA行使しないか?その訳は。




中田翔、、、、FA行使せず、、、売れのこり


波がある、、、時々打つが、、、安定無し


(安定感がないのは、
何か具体的な理由あり、期待するとき、打てないし、打たないし、忘れた頃に、地震と中田がやってくる、、
名前こそ、翔だが、イッツ、ノット ショータイムである。
顔は怖そうだし、、
頑固そうだし、、コーチの言うこと聞かなさそうだし、、、
FA市場や、メルカリでも、いかにも売れなさそう。
清宮の方が将来性あり。)

2018/10/16

デスパイネ もう3発ーシリーズ男間違いなし。




三つとも、失投だと思います。
日ハムの捕手というか、投手というか、甘いのではないですか。

解説者は、
みんな同じ高めですよ。
と言った。

1戦目ー1回ウラ
外角高めかボール〜満塁ホームランを右に。これで、試合は決まった。

2戦目ー負け。デスパイネ2塁打の1安打。

3戦目ー4回ウラ
真ん中高めをバックスクリーンに叩き込む。

ーーーー6回ウラ
内角高めを今度はレフトスタンドに引っ張り放り込む。

シリーズ男間違いなし。打率545、本塁打3点。


「デスパ、いいね」
です。

●西武は実は、防御率が1番悪いのです。だから、ソフトバンクの投手が鍵です。
その上での打撃戦が楽しみですね。柳田の復調が大事です。