FC2ブログ
2018/10/18

わからん? なぜに田口を替えたのか?



今日は、ギリギリ勝てたか?
と思えた。
田口強気の好投、ジョンソンノーノーかも知れない好投から、1点をもぎ取る。

それなのになぜ、
結果論ではないが、
なぜに、
好投田口を替えたのか?
高橋由伸監督の、真意が分からない。


勝ちを落とした巨人、

7回ウラ、
田口が出てこない事実に、場内が騒然となった。アナウンサーと解説者も唖然とした。
若い畠が出てきた。7回は無事だった。しかし、

8回ウラ、回またぎで畠投手、
2死から、
一つの四球の隙からひっくり返す広島
四球を選べる松山、盗塁する上本、引退を決めた新井の2塁打同点タイムリー、四球を選ぶ田中、
鮮やか左中間3ランホームランを打てる実は長距離打者の菊池、
なんちゅう鮮やか逆転劇


ピンチはあったが、きっちりと抑えた中崎

巨人1ー4広島


●もし、あのまま、
7回から、
田口で行って、逆転負けされても、文句は言えないし、言わないだろう。
田口でいくべきだった。
由伸監督の明らかな采配ミスである。
畠、上原に交替する科学的根拠がなかった。

🔷お立ち台に登った
抱き合った新井さん(みんながそう呼ぶ)と菊池選手は、大人と子どものようだった。
こんなに、違いがあったかと思って、調べたら、
新井さん(189センチー102キロ)、菊池(171センチー72キロ)である。
デカイお兄ちゃん新井さんは引退だが、チビッコの菊池は、ワールドクラシック野球では、守備力で、日本の忍者として恐れられているが、打撃では、実は四番を打てる長距離打者なのである。

巨人が敵う相手ではない。


2018/10/18

正論バカ、天邪鬼、強がり勝ち組ぶる松本人志の「死んだら負け」という主張




お言葉ですが、
松本人志氏に申し上げたい


1.自分のことと重ねていない。
「あなたの娘がそうなってしまって死に急いだら、同じことを言うのか?」
という反論の意見が、一番当たっているよ。


2.上から目線の松本だ
松本人志は、
「死んだら負け」の意見で、1人でも死ぬ人が減ったら、いいと主張しているが、浅い、浅はかすぎる。


3.松本はめんどうくせえと思っている。
松本はいつもそうだが、そもそもめんどくせえと思っている
だから、論争をしないで決めつける論理を言っている。


4.苦しんでいる人のきつさ、しんどさが一つもわかっていない、わかろうとしていない。
死線をさまよっているひとの
痛い気持ちをそもそもわかろうとしないから、話にならない。

●「死んだら負け」という風に毎日毎日思っているのは、実は、当の本人が、いちばん思っている、自覚している。
それが、
毎日毎時間つづくと、
生きている感覚がなくなる、生きていようと死んでもいいやと、その差がなくなってくる。
だから、
どっちでもよくなる。

つまり、負けでも勝ちでもどっちでも良い、負けは悔しいとか思えなくなる。


勝ち続けている、負けを認めようとしない人種の松本人志たちは、
軽く、
負けは、みじめだ、じゃあ、がんばれ、負けは負け組だ、

勝ち組はなんといっても、素晴らしい。だから、そうなれと言っているだけ。
自殺は負け組、
成功は勝ち組という決めつけを言っているだけ。



5.単純だから、連呼しているだけ
●松本は、ただ、開き直っているだけ。丁寧な論争は出来ないので、
バカのいっちょ覚えを、連呼しているだけ。


6.松本が負けである。
私から言わせれば、反論に対して、丁寧に意見が言えない松本人志氏は、負けである。
テレビのメディアを使って、
ふんだんに使って、自論を「バカ笑い」を含めて、展開するのは麻原彰晃に見える。
まともな正論を言いながらの頭の中で、
次のボケを考えているその芸人根性は、生きるか死ぬかで清廉に悩んでいるひとたちに、甚だ失礼である。
いわば、精神的に何万人も殺しているかもしれないテロリストである。



2018/10/18

やはり、広島は強かった。




巨人が逆立ちしても、、
勝てそうもないね。


広島野球は、全員野球で、波がありません。
巨人は大波小波で、一喜一憂です、
1回ウラ
タナキクマルで内野ゴロで、先制点。計ったように狂いが無い。

4回ウラ
鈴木誠也が、特大2ランホームラン、
7回ウラ、丸がソロホームランの駄目押しを打つ。

投手は、
大瀬良が、ぶれない、継投も間違いない。
たまらんわ。
巨人杉内いわく、
インコースの内角をついていたので、凡打を取った。

後半、
6回表、
チャンスボールのとき、
岡本が珍しく打ちそこねた。
内角を何度もえぐっていたので、体の開きが早くなり、好球を打ちあぐねた。
データ通りの計算だろう、
岡本はCSに入って、ずっと無安打、
巨人は、岡本は、自分を立て直せるだろうか?

答えは、
否である。
今、岡本を立ち直らせる打撃コーチは巨人には存在しない、あるとすれば、落合か長嶋茂雄終身名誉監督だけである。
岡本に過度の期待をかけずに、
他の打者たちに、狙い球を絞らせていくしかない。


第2戦の明日
広島に強い田口がおさえて、もしや勝ったとして、

第3戦目に、
菅野が、また、ふたたび、奇跡のノーノーを成し遂げて、
坂本もマギーも岡本も阿部も長野も、亀井も、陽岱鋼も、小林も、ホームランを
長岡の大花火のように打ちまくって、大勝できたとしても、
その先の展望が見えません。
成績は2勝2敗で、やっと、並びます。
でも、
広島は、データ分析して、巨人のホームランバッターの弱点をつきます。

怖いのは、ホームランの大砲ではなく、
マシンガンの炸裂と機動力です。
それが、巨人と広島の差です。


このあと、
巨人が、勝てる気がしてこない。
巨人にキセキがおきたとしても、それをひっくり返す超奇跡を起こすのが、
広島である。

広島というチームは、負ける気がしない。今年こそは、セ・リーグ優勝まちがい無しでしょう。
広島が、4連勝でいく可能性大である。