FC2ブログ
2018/11/30

移籍は選手の基本的権利だ





「昼寝して、、、サヨナラ本塁打、、丸の夢」


あの小笠原以来の、
大型FA遺跡になった。トレードマークの髭を剃って、巨人にやってきた。
そして、
3番に座り、優勝を勝ちとり、MVPに輝いた。


明確にいうと、
プロ野球選手は、自分のお金の評価額のために、

いのちをかけて、練習する。



僅か、
40歳前後には、引退してしまうプロスポーツだ。

怪我すりゃ、一巻の終わりだ。


阪神の藤川は、
今回の丸に関して、「評価してくれる所に行け、」
と短く言った。
そうでないと、メジャーレベルに追いついて行けない。


中畑は、
現実にいってお金です。
と言った。そうだと思う。


浅村は、
ソフトバンクのお金を蹴って、楽天を選んだ。
背景や理由は、まだわからないが、それ相応の理由があり、それも認められて欲しい。
価値観の違いがあるのだろう。


黒田は、
広島から、メジャーにいった、ドジャースの活躍を認められて、ヤンキースに移籍した。
額がはるかに低い日本の広島に戻るときに、世界がびっくりした。
「男気」という抽象的日本の概念に注目が集中した。


新井は、
広島から請われて、阪神に行った、そして、広島に戻った。
その新井が、今回の丸の巨人への移籍に関して、
「移籍はさみしいけどオレはお前の味方だから。ずっと応援してるから、頑張れ。」
と、直接、丸に言い切った。


日本は,
義理と人情の、浪花節社会で、移籍は否定されがちだが、
何が、悪いのだろう。

あくまでも、後ろ髪を引っ張るのは限度がある。

憲法で言うところの、基本的人権の尊重である。


移籍は、先輩野球選手や組合が勝ち取ってきた黄金の権利だ。

練習して活躍したら、認めてくれる所に、どんどん移って行くべきだ。



当たり前の論理だ。


それを否定したり、ネットで揶揄するのは、およそ、犯罪である。
そう言うのは、
言論の自由とはいえません。
炎上です。

単なる名誉毀損です。

2018/11/30

花丸という新しい船出の大航海


(三頭身で、侍ジャパンの3番入りをも、狙う。)



あらためて、巨人入りを表明した。


「一野球人として、

環境を変えて、、新しい船出をしてみたい。」

誰も傷つけたくない綺麗な言葉だが、、、配慮を徹底したことばと本音だろう。

特に広島ファンに感謝をあらわし、周囲に気遣いをチャンとしている賢い優れた選手だ。
広島ファンとしても、
育てた子どもが、大きく育って、メジャーに行くようなものだ。

誰よりも、丸の今後の成長を期待している。期待には応えたい。


それを、
破格の条件で、叶えられる。

東京という大フイールドで、暴れたい、

マツダスタジアムより、ホームになるドームの方がホームラン数が多くなると、自覚した。


そうして、

勝負師の「花丸」という俊敏な豪華船は、新しい大航海の好奇心をそそられた。

走攻守揃って、頭が大きく、内部の頭脳も切れる三頭身ドラえもん体型の使えるアスリートは、
最初から、フル回転で行く。

開幕戦は、皮肉にも、
広島 対 巨人
先発は、当然、大瀬良 対 菅野
です。

勝負は、もちろん、プロだから、ドライに行く。


3番丸
4番岡本
のフレッシュなコンビではじまる。

1番坂本、斬り込み隊長の主将、センターに抜けるヒット、

2番吉川バントを駆使しながら、大瀬良を動かし、四球を選ぶ。

3番丸、初球から、えぐる内角球を予想して、初球スリーランホームラン。この辺りが丸の非凡なる超能力だ。獲得した意味がある。高度のプロの闘いだ。最初から喧嘩腰の試合だ。3ー0

4番岡本、昨年に引き続き、松井臨時コーチに具体的なアドバイス、原監督からの指導、サードの守備指導を受けて、昨年にも増して、余裕がある岡本、じっくりといく狙いすましてレフトにソロホームランで、4ー0

、…………………

最後は、菅野炭谷の新コンビもあり、完投勝ち。

2018/11/30

赤から橙へ、ヘルメット換えちゃいました




早速、、、

ヘルメット換えちゃいました。

お世話になった赤ヘルから、
お世話になる黒と橙のヘルメット〜GIANT PRIDEに、巨人魂に向かって。
黒で、キリッとしまって似合いますね。
頭の大きさは、憧れの王貞治さん並みかも。
松井さんも負けていません。
2018/11/30

丸、熟慮の末 巨人に移籍決断〜これで花丸




11月中には発表したいと本人が言っていた約束を
守ってくれた。

巨人に決断した。


ついに動いた、
とうとう決心してくれた、、坂本龍馬が、徳川慶喜における大政奉還の大英断を、
泣いて喜び、
慶喜公に、一生を捧げるというような大袈裟の言葉があったように、

よくぞ、
決断してくれた。

恐らくは、3番候補、センター、背番号8となる予定だ。
移籍のニュースでは、1番のビッグニュースでしょう。

インターネット情報では、
広島、ロッテ、巨人の3球団の中では、いちばん可能性がないのが、実は巨人だった。

勝手な流言飛語を出していたは、誰だったのでしょう。

オリ西勇輝の一旦、阪神入団決定が、数時間後に取り消されたが、
そういうことがないようにしてもらいたい。
ずっと、
ニュースを見て来たが、
いつの何時の時点で、発表があったのかわからなかった。
一杯、応援した甲斐があった。


◆丸 佳浩(まる・よしひろ)
1989年(平元)4月11日生まれ、
千葉県出身の29歳。千葉経大付から、
07年高校生ドラフト3巡目で広島入り。
4年目の11年から1軍に定着して13年盗塁王、17年最多安打、18年最高出塁率のタイトルを獲得。

チームのリーグ3連覇に貢献し17、18年MVP。
ベストナイン4度、
ゴールデングラブ賞6度。
1メートル77、90キロ。
右投げ左打ち。
2018/11/29

丸ちゃん、気軽に、巨人に来てください




巨人へのやっかみで、

歓迎する選手はいないだとかなんだとか、、


そんなこたあー、あるわけ無い。


広島には、十分居たし、貢献したし、、

ロッテは、お友達気分を出しているだけで、、、仲良しごっこで、優勝など狙えない。



生活条件をめぐる奥様と御子息の進学のことについては、

東京以上に条件があるところはない。
ワールドカップラグビーもあるし、

東京オリンピックも、パラリンピックもある、


教育もスポーツも芸術も、
政治も治安も、なにもかにも、


ナイモノハナイ。
生まれた故郷の千葉県も、レインボーブリッジ越えれば、直ぐそこか?


丸佳浩選手自身も、
巨人軍に、本音は行きたい筈。
巨人のクリーアップを、打って、
タイトルもとりいの、
守備は上手いの、

ドームだから温かい。



後悔はさせません。

直ぐそこに、あなたの夢がある。
あとは掴むだけ。


2018/11/29

木村佳乃って、怖い⁈





「僕のヤバイ妻」

における、

木村佳乃
って、怖いですね。不気味です。

(● つい、こないだ知ったのです、必殺仕事人の同心渡辺小五郎役の当たり役、東山紀之さんの奥様みたいですが、此方のほうが、ほんとうの必殺みたいです。)


2018/11/29

本気で、靴職人なのか?花田優一さん、職人なのか、タレントなのか?




貴乃花と、河野景子さんの離婚について、


長男ー花田優一を、



報道陣が追いかけ回したり、

テレビで、連日報道したりするのは、



如何なものか?



●ただ、個人的に気になっていたのは、

靴職人として、自立したというなら、
スーツをバリッと着てきて、テレビに出演しているのは、如何なものかと思っていた。

スーツが、靴職人に不似合いと言っているわけではない。

職人としのアピールなのか、営業としてのアピールなのか?
どちらなのか、ハテナである。

それは、
親の七光りを、ただ、利用しているだけであり、

「自立」
していないということになるし、
後5年後、あと10年後、あと20年後は、どうしているのだろうと、逆に心配した。


売れない職人生活が嫌いになり、行方不明になっていたら、だれのせいですか?

どちらのせいにしても、花田優一さん本人のせいでしょう。


靴職人をなめてもらったら、困る。

日本の中に一人でも、「貴乃花の息子の靴」を求めていくる人がいるでしょうか?

あるとすれば、来るとすれば、タニマチの旦那衆や関係者、後援会の人々かもしれません。
それは義理ですか?

それは、継続しますか?

それは、嘘でしょう。

外国に行って、たかだか数年行って修行したとしても、すぐに、良い職人になれるのですか?


ひとは、本当にいい仕事にしか、お金は払いません。たとえ千円でも、何10万円でも。
だから、仕事は厳しいのです。
だから、お金をいただくというのはありがたいのです。
だから、職人というのは、価値が高いのです。


靴という文化は、
履いてよ良し、履き続けて良し、疲れない、型崩れしない、高いけど、長持ちするから、買いたい、、

となるのが、本質であろう。


長年、秋霜烈日のなか、寒風に吹き荒むなか、
街角で、
靴磨きをしている、高齢のおじちゃんおばちゃん、若い女性なども、

そのひとさまの足元における「靴の仕事」を職人として、ずっと、生きているのであろう。



🔶最後に、ひとつ、
花田優一さんが、靴を作っている映像は、まだ一度も見ていないが、どうなのでしょう。
仕事場の様子が無い、作業着がみえない、何故でしょう。
何か、恥ずかしいというような差別心がありませんか。無かったら堂々と見せてください。

ネット情報は、何割か差し引きますが、平気で嘘をつくタイプ、納品が遅れる、芸能事務所もかばいきれないなど、あんま評判は良いものでは無いですね。
全国の、ほんものの質実剛健の職人たちが嘆きますね。
2018/11/29

もう、、師走だねえ





しわす、なら、、手をたたこう、、、、
2018/11/29

いいおんなに、、、なった




市川実日子も、


小西真奈美も、


いいおんなに、、なったもんだね。


2018/11/29

もう、、、




年末ですね。

なぜ、段々早く感じるようになるのですか?


齢ですか、、