FC2ブログ
2018/11/01

柳田バットは折れても心は折れずサヨナラホームランで王手



(こんなアッパースイング、日本人離れをしています。)


11時回っていた、
10回のウラ。
広島はクローザー、守護神の中崎の出番qだった。
1球目ー内角をえぐるストレートーボール、

2球目ー内角低め、スライダー123キロ。思い切りのフルスイング。
少し差し込まれたのか、バットの先っぽ。でも、テラス席(ラッキーゾーン)まで、飛び込んだ、気持ちで運んだ。

本人はお立ち台で、「うわあ、折れたあ、でもテラス見たら入ったので、びっくりした。」と言った。
バットが折れてもサヨナラホームランとか、、あんまり聞かへんなあ。

2割台で抑え込まれ、この日もノーヒットだった。

が、しかし、
千両役者は、
10回ウラで、一振りで仕事をはたした。

千賀 対 大瀬良の2度目の対決であった。
シーソーゲームのガップリ四つになっていた。
9回表、
田中がポテンヒット。菊池が見事に送り、
2死2塁、バッター丸の場面。
行ったと思われた当たり。丸のバット一閃の一振りに、敵も味方も、ヒヤリとした。
前進していたライトの上林が、一歩後ろに動き、走りながら抜けるであろう「見えないファインプレー」で捕った。
これが、甲斐キャノンに匹敵する守備の殊勲のお立ち台プレイであった。
上林は、流れを戻すバックホームの捕殺もしていた。


早く王手をした方のチームは、
優勝率84パーセントというデータがある。


今年は、
逆転の広島が優勝と思っていた、
復興の広島に優勝させたいとも、思っていた。

でもこれで、

ソフトバンク3勝ー広島1勝になった。
差が2つもあり、
広島には厳しくなったと言わざるを得ない。
でもでも、この広島は、84パーセントをひっくり返す「何か」を持っている。

広島ファン待望の丸に、2ランホームランが出た。


近年にない実力伯仲の日本シリーズだ。
あるラジオで、DJ要がもう一つ引き分けがあるとすれば、第8戦が広島であり、
1日休んで、第9戦がヤフオクドームに伸びると、
ヤフオクドームで、予定されていた日本代表ー韓国代表?との兼ね合いはどうなるのかと呟いていた。
2018/11/01

170センチの大型捕手 最強強肩(冷静な狂犬ー甲斐犬)




ギリギリアウトでは無く、

完全にアウトだ。

170センチ80キロの捕手だ。
高校生でも小さいほうだろう。

育成出身の、その甲斐が、送球したら、2塁ベースの右寄りに、1ミリも狂いがないくらい、正確無比に飛んでいく。
盗塁走者は、遥か手前だ、、、

リクエストの要求など、全く通じない「完全なアウト」だ。
敵も味方もみんながみんな、納得いくアウトだ。リプレイなどの映像など必要が無い。
360度全方位方向から、観られている、みんなが観ている、滑り込む前に、完全にアウトだ。
走者もほとんど呆れている。
為すすべがない。
天晴れだ。


こんな連続の完璧盗塁阻止は、日本プロ野球史上、見たことが無い。
走者も捕手も、どちらも、プロだ、普通はギリギリプレイのはずだが、こんな映像を見たことがないのだ。

全員が俊足を誇る広島を、完全にゼロに封じている。

地味だが華麗だ。
この流れを持って、広島の攻撃体制を止めて、
ソフトバンクが、下克上優勝するかもしれない。

後半、甲斐に、替えて、高谷を投入しているが、打撃の比較かもしれないが、甲斐のホームランも忘れがたい。

兎に角、
甲斐がMVPを奪って優勝をもぎとるかもしれません。


祝砲を、
柳田、デスパイネ、今宮健太、内川、松田が、上げてくれるだろう。

2018/11/01

渋ハロは、やめさせましょう




渋谷のハロウィンを、「渋ハロ」という。

主催者が存在せず、烏合の衆が、暴徒化する、、、このまま放置し続けると、テロ化するだろう。


池袋のハロウイン他、上手くいっている地域も多いという中、


渋ハロだけは、悪の権化になっている、
コインボックスに300円だけの使用料だけで、
初めて出会った見ず知らずの男どもに、飲食物を奢ってもらい一晩時を過ごす、愚かな女性が存在する。

本質は、淫売と何ら変わらない、
こういう男どもは、いつでも身体とセックスを狙っているオオカミに過ぎない。

強姦も輪姦の可能性が十分あり得る。

犯罪の一枚裏側の現象が、一晩中過ぎていく。

渋谷の街は、、ゴミだらけになる無法地帯である。

酔っ払った若者(馬鹿者)が、迷い込んだ軽トラックに乗り上がり、勝手に舞台として、踊りまくり、挙げ句の果てには、車をひっくり返し、横倒しにする、まさに群集心理の極致である。



ハロウインは、
本来、子どもの祭りだ。宗教的行事だ。

日本のハロウインは、
祭りでもない、
変身願望の仮面効果の馬鹿騒ぎである。

文化でもなんでもない。こんなのはおよそ、文化とはいえない。


オレンジのカボチャ商戦は、商業主義で、煽りまくるだろうが、

日本は、ますます、危険になる。誰も責任を取らない。