FC2ブログ
2018/11/03

Xメンは甲斐、西田、グラシアルだった。ソフトバンク下克上優勝 甲斐MVP






1回ウラ
自信と確信が有りました。

鬼の甲斐リクエストで、送球高くもタッチ認められて、アウトに変更、
もし、このアウトが最初の審判のジャッジどおり、セーフだったら、先制点が広島に入ったかも知れなくて、
流れを変えたかもしれません。

2回ウラ、
でも、またまた甲斐捕手は、
次も2連続刺す。


4回表に、
内川今日も素直に正確に犠打を決めて送った、さすがのレジェンドです、勝負所を心得ています。ー柳田3塁から、西田、渋く意表をつくスクイズで1点、工藤監督の奇策。
ソフトバンク1ー0広島

5回表に、
そろそろ合ってきたと予想していたグラシアルが打つことになる。
キューバのXメン、グラシアルが、ジョンソンから、「崩されたが、打った瞬間いったとオモッタ。」と、低めを掬い上げて、スタンド中段に大きなホームランで、2点目。

ソフトバンク2ー0広島

あとは、
武田が抑え、
仕事人香山が抑え

サファテに替わるクローザー森が、広島の逆転を信じた悲鳴に似た大声援のなか、、菊池、丸、誠也を完璧に抑え、

下克上優勝日本一成る。
ソフトバンク2連覇。
工藤監督、胴上げなんと、15度。
大監督になりつつある。

寒くなった広島マツダスタジアムの、広島の夢散る。


甲斐の強健に初の捕手守備に、MVP。
小さな大型捕手に栄冠。
2018/11/03

本当に蘇るのかいな????




使っては捨て、使ってはステ、ボロ雑巾のように捨てまくる球団?


四番打者岡本も、打てなくなると、阪神方面に売りに出されるという噂がちらほら。


なんか、監督に対して、よいしょ、イエスマンを集めたような芸能チームみたいな、、


「紳士たれ」という価値観を極端に押し付ける。


お金で、世の中欲しいものはなんでも買えると思っているチーム。


何か、すぐに買い物してきて、ろくに育てもせずに、優勝せいと命令する。


数ヶ年計画など存在しない。


新人監督も、当然、優勝イコール義務と支持する。


●熊本弁で、「やおいかん」と表現する。(ようと、うまくいかない という意味になる。
2018/11/03

赤白 対 漆黒の大喧嘩



(この画は、、具象画でもあるし、抽象画でもある、取っ組みあい、大喧嘩は、入り乱れる祭りのようでもある。)


(時間が進むにつれ、泳ぐように、、
漆黒の点が線になり、踊るように、その線が巨大な面として、拡大していった。)


(黒がジリジリと赤白のシマシマを切り裂いていった。
最後は、「黒澤明映画の乱」模様になっていった。)


2個目の、
ナンバー8のツイのトライのあとの.ラック突っ込みに頭にきたオールブラックスの面々と、
ジャパンの面々が、

赤と白の縞々と漆黒の巨大な壁が、、
掴み合いの大喧嘩になった。

漆黒の軍団を、
本気にさせたトライだった。


その後のNGのトライの後にも、、、
つまり、
前半の終了間際にもバックスがトライを奪った。

これで、3個目。

日本19点 対 38点オールブラックス

でも、ダブルスコアなのだ、
大激戦ではあるが、、、大健闘になっては
いけない。

日本のリーチマイケル主将は、、「世界一を倒す」という宣言を言っていた。

もし、
日本が勝てば、世界の奇蹟になる。


でもでも、
日本がいいプレーをすればするほど、
、、、

オールブラックスは、本領を発揮してくる。


もう、かなり前のワールドカップにおいて、
日本17ー145オールブラックス

という破格のスコアがあった。
日本という子ども相手に、真っ黒なライオンたちが蹴散らし、遊びのように、ハンドリングゲームをして見せた^_^。



後半、
NGのトライの後、
日本がキックパスで右隅に、
4個目のトライを奪った。
が、しかし、

ただひたすら、勝つことだけを目指して欲しい。
健闘、善戦は不要だ。


ジャパンも5個目のトライも繋ぎのプレイで奪うのだが、
本気の本気になっているNGは、まるでサッカーゲームのように、蹴りまくり、走りまくり、繋ぎまくって、、、

ダブルスコアの差は、
ジリジリと拡がっていった。

基本の走りというスケール、スピード、クオーリティが、違うのだ、そうして、その性質が修正しながら、高まっていくのだ、
だから、どんな繋ぎパスでもつないでくる。
線が繋がる。

つまり、、、、

だから、追いつけない。
2018/11/03

遅れてくるジョンソン魔球をどう叩くか




ジョンソン左腕攻略を、どうするか?
①遅れてくる変則左腕スリークオーターの魔球を、ベテランの右打者松田、内川の打撃力を信じて並べる。

②今こそ、松田内川のベテラン力、味のある右方向へのバッティングに期待する。1巡目から猛攻も予想される。松田内川の足も掻き回される。

③工藤監督は特徴のある左腕投手だった、ジョンソン攻略の具体的な手法は工藤監督が熟知している。それをベテラン達を中心に、左打者にも期待する。工藤監督自身もタイムリーを打って日本一を勝ちとった左打者としての野球の天才である。彼が、選手たちを「君付け」して、敬語で大事に表現しているリスペクト精神には、感動すら覚える。こういう監督は此れまで居なかった。広島緒方監督も素晴らしい指導者である。甲斐キャノンに対して盗塁成功ではなく、エンドランの具体策がどうなるかが問題だ。

④ここ一番の代打は、やはりデスパイネの右打者である。足の故障はなんら関係ない。クライマックスシリーズからの、ホームラン数が物語っている。デスパイネは、右、真ん中、左の全方向に打てる。一発が出る。センター返しの打撃はタイムリーの1級品だ。

⑤グラシアルも鬱憤がたまって、そろそろ一発が出る。
左に引っ張らなくても良い。右にジャストミートすれば飛んでいく。

⑥中村、上林、明石の左打者のバット回旋力は、ボールが背中から来ても、バット一閃でホームランになりうる。

⓻剛速球投手バンデンハークも、ジョンソンに対して、対抗して、雪辱に燃えている。


(打順案)
1.松田(右)
2.内川(右)
3.グラシアル(右)
4.柳田
5.中村
6.上林
7.明石
8.甲斐(右)
9.バンデンハーク(右)