FC2ブログ
2018/11/09

パワーにパワーで勝つ、見たか❗️元祖アッパースイングー侍ジャパン柳田逆転サヨナラバックスクリーン2ランホームランぶち込む







メジャー 対 侍ジャパン

6ー4
と、2点リードされての、ビハインド。
9回ウラ、土壇場。

9回裏日本の攻撃
1 9回裏 日本攻撃:1番 山田
2 投手マキューに代わってイエーツがマウンドにあがる 守備交代:センターピラー 守備変更:アクーニャJr.センター→レフト
3 山田: 8球粘るも内角低めの落ちる球に空振り三振 1アウト

4 菊池→代打:上林
5 上林: センターへのヒットを放つ 1塁
6 秋山: 空振り三振に倒れるもスタートを切っていた一塁走者上林が盗塁成功 2アウト2塁

7 4番山川→代打:會澤
8 會澤: ランナー2塁の0-1からセンターへのタイムリーヒット 日5-6M 1塁
9 1塁會澤→代走:源田

10 柳田: 1-0からセンターへの2ランホームランで日本逆転サヨナラ勝ち! 日7-6M ゲームセット
11 試合終了

土壇場の崖っぷち、
侍は、
もう徳俵に足がかかっていた、がしかし、

相撲でいう、うっちゃりでした。

柳田が、ビッグフライで、バックスクリーンに逆転サヨナラを叩き込みました。日本シリーズのソフトバンクの流れが、来てます。4番は、山川ではなく、柳田と思います。


奇蹟は起きるのではなく、起こすものです。
2018/11/09

緑の黒髪を描いてくれないか、、井上雄彦先生、描く描く詐欺にならないように



宮本武蔵の最後のたたかいと、生きざま、お通との行方

井上雄彦先生、、
描いてくださーーい。



お通さんは、
緑(碧)の黒髪だったのか?

緑の黒髪とは、、、
「黒いつやのあるみずみずしい女性の髪」
のことですが、
語源を探ると、やはり、中国にいくのです。



緑の黒髪の語源は、

陸游の詩「秋興」(※1)

成都城中 秋夜長く、燈籠の蝋紙 空堂を明(て)らす。

高梧 月 白くして 飛鵲(ひじゃく)繞(めぐ)り、衰草 露 濕りて 寒螿(かんしょう)啼く。

堂上の書生 読書を罷(や)め、眠らんと欲するも 未だ眠らず 偏(ひと)えに断腸す。

起き行きて 百匝(ひゃくそう) 幾(いくたび)か 歎息し、一夕 綠髮 秋霜と成る。

の最後の部分、
「一夕 綠髮 秋霜と成る」、

意味は
「一夜でみずみずしい黒髪が白くなる」

だそうです。(※2)


緑は秋霜に対になる語、「(春の新芽のように)若くみずみずしい」という意味のようです。


日本では
「みずみずしい黒髪」を表現するのに、
「緑髪」を訓読し「みどりの黒髪」と呼ぶようになったそうです。(※3)



2018/11/09

ええかげんに始めてくれませんか




漫画家井上雄彦氏には、、、「武士の一分」は無いのだろう。

まだに、

バガボンドは、再開しないのか????


井上雄彦は、ほんとうに動かないのか?



宮本武蔵は、剣を大上段に振りかぶったまま、、、おろしどころが見つからない、、



全国あまた多くの、世界中のファンが期待しつつ、、呆れている。
こんな連載中断の記録は、
ギネス級の最悪記録だろう。


もうしないもう出来ないのなら、ギブアップの宣言をして欲しい。
宮本タケゾウは、、この後、どこに行ったか知らない、、と発表するか、

誰か、つづきを描いてくれる人を募集したら、、、、、、、どうでしょう。