FC2ブログ
2018/11/14

秋山ランニングホームランから、鮮やかな逆転勝ち





マエケンーー凱旋お帰りなさい


この日の広島、秋を通り越り、冬のよう、
マツダスタジアムは、ドームではないので、寒かった。
先発投手は、
メジャーマエケン 対 日本侍 大瀬良の
新旧エース対決だった。

さすがにどちらも好投した。


2点ビハインドからの、
一番バッター 秋山翔吾が、レフト左に打った、、、レフトはドーム天井男のソト外野手、大きく飛び込んだがキレていく当たりを取れず、
広島マツダスタジアムのファウルゾーンに転がった。
秋山は、、快速(足)飛ばして、ランニングホームラン
(これから、逆転劇が始まるとは誰も思わない。ー
からのー、、
反撃開始、

次、
最後の9回表、
田中カズキ、四球選んですかさず二盗を決める、
上林、センター前タイムリーで、
日本 2ー3メジャーの1点差。
會澤絶妙の送りバントで、上林2塁。
田中コウスケしぶくセンター前に打ち返し、、タイムリー。
日本 3ー3メジャーで、同点に追いつく。
田中広輔、果敢に二盗、メジャー捕手悪送球、ショートがそらし、田中は3塁へ。
1塁空いて、秋山翔吾を怖がって、申告(深刻)敬遠で、3塁1塁。

菊池忍者意表をつく2球目の神業のセーフティ逆転スクイズ〜、
日本 4ー3メジャー。
あわてた メジャーフィルダースチョイスで、秋山2塁、菊池1塁、
次、またもあわてたか?
メジャー捕手パスボールで、進塁ー秋山3塁➕菊池2塁
4番打者柳田、叩きつけてバウンドが高い間に、秋山ホームイン
日本 5ー3メジャー

あっという間に、一挙4点で、逆に2点のリードをつけた。
この回で、長打は一本もなく、
足と選球眼、絶妙なバント技術で、稼いだ4点だった。
稲葉監督してやったりだった。今回の侍ジャパンは、忍者が多い。
メジャーは、茫然自失だった。

山川死球、山田凡打ー当たっていない山川 と山田凡打が多いのが気になる。
(調子に、、乗っちゃってない。)


日本2点リードで、侍のクローザーが抑えて、

日本 5ー3メジャーオールスター
侍ジャパンの
逆転勝ち。


メジャーは、本気で悔しいだろう。