FC2ブログ
2018/11/19

転倒直後、、、プログラム変更をしていた軍師




転倒直後、、、プログラム変更を、、、企画していた。



左足で滑りながら、、、、カウントしつつ、、、、位置を確認した



貴重な練習時間を費やし、、、勝つために練り直した



激痛の中、、、化け物じゃないか、、この男は



プログラム内容のレベルを落としていたとは言え、、、2位に30点差を付けていた



表彰台への赤絨毯を松葉杖で歩く男というアスリートは、、、未だ嘗て見たことがない。
2018/11/19

表彰台へ赤絨毯を松葉杖であるく男、羽生結弦



私のような素人と世界チャンピオンとの単純比較は失礼だが、、、

私もラグビーにおいて、左膝前十字靭帯を、伸ばしたり、切ったり、再建手術をして、チタン合金を未だに入れているが、
リハビリなど、
たまったもんではない、
未だに左膝は十分に折れず、正座ができない。
いまだに、トレーニングしないと真っ直ぐに歩けない。冬になると痛い。
若い頃に比べ、極端に足が遅くなった。



羽生結弦選手は、
練習中の事故の結果、
相当な重傷のまま、、、


よく、ジャンプなどができるもんだ、


痛み止めを打ったら、逆に無感覚に成らないのか?




やる気意欲メンタルだけで、飛んだり滑ったりしたのではなかろうが、、よく、優勝できたもんだ。


おそらく、
平昌オリンピックの、強行軍もあり、
その直前の怪我、足首の状態が、再発したのではないか?

それが、いわゆる「クセ」になっているとすれば、今後も大きな怪我や事故が考えられる。

従って、
ここ数年、こだわる大会などなどは、あろうが、約半年や、一年間以上、「治療とリハビリと強化」 に当てた方が、
今後の日本や世界の
フィギュアのためになるのではないかと危惧する。

羽生結弦という荒ぶる神を、おさめてほしい。