FC2ブログ
2018/11/20

巨人軍は小林キャノンを育てよ




巨人軍は、どうして小林キャノンを、育てようとしないのか?

1.かつて、
日本代表の捕手を務めた実力者、今でも充分にある。甲斐と同等に使える。

2,甲斐キャノンと、
匹敵するほど、強肩である。敵チームの俊足選手が、盗塁を諦めようとするほど、抑止力がある。

3.菅野の相棒
であり、ノーヒットノーランを何度もリードできる程、好リードができる。

4.なぜに、
宇佐美などの若手捕手を立てて、小林をいじめるのか。村田ヘッドコーチから
叱られる、仲が悪いと悪評を取るのか?誰が見ても、村田ヘッドの方が、無能である。

5.さらに、
次年度は、阿部が捕手回帰を宣言しつつ、西武から炭谷をとった?巨人首脳の捕手に対する育成方針が全くわからない。今年の日本シリーズは、ソフトバンクが優勝して、甲斐キャノンが、MVPをとった。それほど、保守の重要さ、強肩の重要性が示された年度はなかった。
なぜに、小林の最大長所の強権を生かさないのか????


6.小林の打撃力
は、4月まで、打率375の首位打者でもあった。
彼は打てないのではなく、打てるし、打ちやすい機会やバントの機会を十分に与えられれていない。


7.小林を、
いじめぬいて、他球団に移籍させるつもりなのか?本気で疑問に思う。原監督もそうなのか?
なぜに、阿部捕手回帰を承諾したのか?
阿部は、時々1塁、コーチ兼、代打専用が、当たり前の使い方だろう。
もう、太り過ぎた阿部がダイエットやワンばボールとの格闘を見たくない。小林専属の捕手コーチで充分である。合わせて、小林の打撃専属コーチをすればいいのだ。
阿部は、自分のことばかり考えている。もう、これ以上の伸びしろはない、数字はもう十分である。自分のことではなく、巨人軍全体のことを考えて欲しい。あとで、監督になる為の修業をして欲しい。
誰も、帰ってきた胡散臭い原監督で、優勝することを望んでいない。
2018/11/20

中島翔哉、ファーストタッチでゴール 4ー0キルギス




新生侍ブルー

先日のベネズエラ戦と、11人変えて、フレッシュなメンバー、
今日はいきなり、山中、左キックを抑えてシ慎重にミドルシュート決める。2分以内。
日本1ー0キルギス

2点目は、原口元気が、左に攻めて、ファウルをさそい、
フリーキックをもらい、自ら、左約25メートルを見事に決めて、
日本2ー0キルギス

後半、
流れはキルギス、
森保監督は、日本メンバーを変える、
大迫、吉田、柴崎、堂安、

縦パスをうけて、北川がヒールパス、それを見事に大迫が決める、半端ない。
日本3ー0キルギス

続けて、入った直後の中島翔哉が、南野→堂安のパスを、
ファーストタッチで、かるうく、ゴール
日本4ー0キルギス

せなかの新10番が光っていた。


この後も、南野たちも好調。南野の反転は流れるような動きだ。

🔷森保監督の、
コメントは、いつ聞いても爽やかになる。
サポーターや支援団体に対する感謝に溢れ、日本代表の全選手の細かいところをよく見てくれている。
だから、
交代してすぐに答えを出してくれる動きをする。
以前と比べて、選手それぞれのモチベーションがはるかに高い。


⚫️セルジオ越後なんて、下の下だ。
細かいところを知らないから、毒舌ではげましているつもりになっている。
日大元監督、栄、などと、同様だ。
今後、テレビに一切出して欲しくはない。
2018/11/20

デビルマンは、カッコ良かった




デビルマンは、
ヒーローの中でも、一番、、、、カッコよかった。
ビルの上に腰掛ける姿の、
あの背中に哀愁を帯びていた。

作詞は、あの阿久悠氏だったとは。



デビルマン


作詞:阿久悠 作曲:三沢郷


あれは誰だ 誰だ 誰だ
あれはデビル
デビルマン デビルマン


裏切り者の 名を受けて
すべてを捨てて たたかう男

デビルアローは 超音波
デビルイヤーは 地獄耳
デビルウィングは 空をとび
デビルビ-ムは 熱光線

悪魔の力 身につけた
正義のヒーロー
デビルマン デビルマン


はじめて知った人の愛
そのやさしさに めざめた男

デビルチョップは パンチ力
デビルキックは 破壊力
デビルアイなら 透視力
デビルカッターは 岩くだく

悪魔の力 身につけた
正義のヒーロー
デビルマン デビルマン
2018/11/20

丸が、⭕️を吊り上げているのか?




マネーゲーム

丸が、広島と再交渉、

でも、巨人ロッテも受け入れ、

巨人は、5年30億円、これでダメならプラス背番号8、それでもダメならプラス原ー広島入り

ロッテは、4年20億円


丸が釣り上げているのか?他球団が釣り上げているのか?


丸が、、、、◯を1桁2桁、吊り上げているのか?