FC2ブログ
2018/11/30

移籍は選手の基本的権利だ





「昼寝して、、、サヨナラ本塁打、、丸の夢」


あの小笠原以来の、
大型FA遺跡になった。トレードマークの髭を剃って、巨人にやってきた。
そして、
3番に座り、優勝を勝ちとり、MVPに輝いた。


明確にいうと、
プロ野球選手は、自分のお金の評価額のために、

いのちをかけて、練習する。



僅か、
40歳前後には、引退してしまうプロスポーツだ。

怪我すりゃ、一巻の終わりだ。


阪神の藤川は、
今回の丸に関して、「評価してくれる所に行け、」
と短く言った。
そうでないと、メジャーレベルに追いついて行けない。


中畑は、
現実にいってお金です。
と言った。そうだと思う。


浅村は、
ソフトバンクのお金を蹴って、楽天を選んだ。
背景や理由は、まだわからないが、それ相応の理由があり、それも認められて欲しい。
価値観の違いがあるのだろう。


黒田は、
広島から、メジャーにいった、ドジャースの活躍を認められて、ヤンキースに移籍した。
額がはるかに低い日本の広島に戻るときに、世界がびっくりした。
「男気」という抽象的日本の概念に注目が集中した。


新井は、
広島から請われて、阪神に行った、そして、広島に戻った。
その新井が、今回の丸の巨人への移籍に関して、
「移籍はさみしいけどオレはお前の味方だから。ずっと応援してるから、頑張れ。」
と、直接、丸に言い切った。


日本は,
義理と人情の、浪花節社会で、移籍は否定されがちだが、
何が、悪いのだろう。

あくまでも、後ろ髪を引っ張るのは限度がある。

憲法で言うところの、基本的人権の尊重である。


移籍は、先輩野球選手や組合が勝ち取ってきた黄金の権利だ。

練習して活躍したら、認めてくれる所に、どんどん移って行くべきだ。



当たり前の論理だ。


それを否定したり、ネットで揶揄するのは、およそ、犯罪である。
そう言うのは、
言論の自由とはいえません。
炎上です。

単なる名誉毀損です。

2018/11/30

花丸という新しい船出の大航海


(三頭身で、侍ジャパンの3番入りをも、狙う。)



あらためて、巨人入りを表明した。


「一野球人として、

環境を変えて、、新しい船出をしてみたい。」

誰も傷つけたくない綺麗な言葉だが、、、配慮を徹底したことばと本音だろう。

特に広島ファンに感謝をあらわし、周囲に気遣いをチャンとしている賢い優れた選手だ。
広島ファンとしても、
育てた子どもが、大きく育って、メジャーに行くようなものだ。

誰よりも、丸の今後の成長を期待している。期待には応えたい。


それを、
破格の条件で、叶えられる。

東京という大フイールドで、暴れたい、

マツダスタジアムより、ホームになるドームの方がホームラン数が多くなると、自覚した。


そうして、

勝負師の「花丸」という俊敏な豪華船は、新しい大航海の好奇心をそそられた。

走攻守揃って、頭が大きく、内部の頭脳も切れる三頭身ドラえもん体型の使えるアスリートは、
最初から、フル回転で行く。

開幕戦は、皮肉にも、
広島 対 巨人
先発は、当然、大瀬良 対 菅野
です。

勝負は、もちろん、プロだから、ドライに行く。


3番丸
4番岡本
のフレッシュなコンビではじまる。

1番坂本、斬り込み隊長の主将、センターに抜けるヒット、

2番吉川バントを駆使しながら、大瀬良を動かし、四球を選ぶ。

3番丸、初球から、えぐる内角球を予想して、初球スリーランホームラン。この辺りが丸の非凡なる超能力だ。獲得した意味がある。高度のプロの闘いだ。最初から喧嘩腰の試合だ。3ー0

4番岡本、昨年に引き続き、松井臨時コーチに具体的なアドバイス、原監督からの指導、サードの守備指導を受けて、昨年にも増して、余裕がある岡本、じっくりといく狙いすましてレフトにソロホームランで、4ー0

、…………………

最後は、菅野炭谷の新コンビもあり、完投勝ち。

2018/11/30

赤から橙へ、ヘルメット換えちゃいました




早速、、、

ヘルメット換えちゃいました。

お世話になった赤ヘルから、
お世話になる黒と橙のヘルメット〜GIANT PRIDEに、巨人魂に向かって。
黒で、キリッとしまって似合いますね。
頭の大きさは、憧れの王貞治さん並みかも。
松井さんも負けていません。
2018/11/30

丸、熟慮の末 巨人に移籍決断〜これで花丸




11月中には発表したいと本人が言っていた約束を
守ってくれた。

巨人に決断した。


ついに動いた、
とうとう決心してくれた、、坂本龍馬が、徳川慶喜における大政奉還の大英断を、
泣いて喜び、
慶喜公に、一生を捧げるというような大袈裟の言葉があったように、

よくぞ、
決断してくれた。

恐らくは、3番候補、センター、背番号8となる予定だ。
移籍のニュースでは、1番のビッグニュースでしょう。

インターネット情報では、
広島、ロッテ、巨人の3球団の中では、いちばん可能性がないのが、実は巨人だった。

勝手な流言飛語を出していたは、誰だったのでしょう。

オリ西勇輝の一旦、阪神入団決定が、数時間後に取り消されたが、
そういうことがないようにしてもらいたい。
ずっと、
ニュースを見て来たが、
いつの何時の時点で、発表があったのかわからなかった。
一杯、応援した甲斐があった。


◆丸 佳浩(まる・よしひろ)
1989年(平元)4月11日生まれ、
千葉県出身の29歳。千葉経大付から、
07年高校生ドラフト3巡目で広島入り。
4年目の11年から1軍に定着して13年盗塁王、17年最多安打、18年最高出塁率のタイトルを獲得。

チームのリーグ3連覇に貢献し17、18年MVP。
ベストナイン4度、
ゴールデングラブ賞6度。
1メートル77、90キロ。
右投げ左打ち。