FC2ブログ
2019/02/28

米朝会談は、米朝怪談⁉️




御言葉ですが、、、、

米朝会談は、
米朝怪談、
米朝階段、

ですか❣️

核兵器はもっていいとか、許すとか、
無茶苦茶な会話をしていましたね。

今回は、
物別れか、猿芝居か、狂言か、


一旦、、別れて、
後で、何処かからの謎の闇の支援もあり、、
[漁夫の利]
を数倍の高額で売って、


司法取引か、
四方取引をして、

仲良くなって、
結局は、
どんでん返しで、

ノーベル平和賞を取るための、、伏線か⁉️
2019/02/28

坂本勇人主将に期待する




あらためて、
坂本勇人のキャプテンシーに期待する。

今季は、1番吉川尚、2番丸、3番坂本、4番岡本と、5番ゲレーロ、6番ビヤヌエバ
日本人から、外国人助っ人につなぐまでの、
超重量級強力打線、大量得点の大きな「鍵」を握っている。
右打ちも、より上手くなり、打率も上がるだろう。
相手投手からすると、どこも、手を抜けない。


守備も、
ショートで、大事な要である。田中菊池クラスの守備力だ。吉川尚がどこまで伸びるかだ。

今年こそ、優勝したいと公言をはばからない。
セ・リーグを制覇して、日本一まで、奪還すべきだ。


大阪のリトルでは、
田中マー君とバッテリーを組んで居た。
当時は、体格が大きい田中が捕手で、
坂本が投手だった。

おそらくどちらも二刀流の素質を持っている。


坂本が、首位打者か打点王をとり、
丸が、 打点王か首位打者で、
岡本が、ホームラン王
をとりきる三羽ガラスとして、宣言してほしい。


攻走守の大活躍で、
坂本勇人が、MVPを獲得する。

菅野智之が、20勝を越えると、菅野がMVPである。

2019/02/28

なでしこJAPAN苦戦



2019年6月のワールドカップを前にして

なでしこJAPAN苦戦か

日本 0 対 1 アメリカ

横山右からシュート、クロスバーたたく。
今一つ精度欠く日本の攻撃。
一転して、
アメリカの怒濤の攻撃。豊かなスピードに、日本ついていけず、
アメリカ鋭いシュートのマシンガン乱射。
サイドえぐられて、折り返しを、ラビノーが丁寧に決める。

その後、(日本 0対1 アメリカ)

アメリカの多彩な攻撃に、
防戦一方か、
日本の攻勢攻撃が見えない、シュートチャンスがでてこない。

やはり、速いモーガンの脅威。
前回、日本相手にハットトリックをあげたモーガンは、日々成長している、持ち前のスピードある攻撃力に加えて、
ポストプレイ、パス、ボールキープ力ーつまり完全な攻撃の起点になっている。
2019/02/27

宝の持ち腐れー侍ジャパンなのに小林2軍危機⁉️





なぜか?


セイジキャノンがありながら、

小林の打力を上げきれない巨人首脳。
( メタクソ、小林の悪口を言っていた村田ヘッドコーチは、もう居ないはずだ。)


きょうは、原辰徳監督自身の直接指導があったが、如何でしたか、
もっともっと直接指導してほしい。

ネットやユーチューブで、
小林ー広島移籍の
こういう噂が出るのはなぜか。

少し前から、
広島に移籍のような噂話が出てきた。
広島県広陵高校出身、あの野村とバッテリーを組んで準優勝だった。

もし、
小林が、広島に行ったら、小林は激変して上手くなるだろう。

ーーという事は、
巨人軍の捕手育成が、土台、なっていないということだ。


なぜに、炭谷を取ったのか疑問視する声が大きい。
まら、なぜに、阿部を捕手に戻すのかーわからん。
そして、大城の打撃を買っているというが、時々、ホームランを打つだけだ。


なぜに、
甲斐キャノンのように、強権の捕手を、本気で育てようとしないんかい????

2019/02/27

岩隈が、ブルペンに。





ブルペンに、、、やってきた。
岩隈が、
キャッチボールを始めた。


やがて、、、
キャッチャー阿部を座らせ、投げ始めた。

ざわざわ、、

原辰徳監督が来て、一旦座り、阿部が座ったら、原監督が立ち始めた。


球筋を見ていた、

隣は、元 権藤名コーチがネクタイ姿で、同席していた。
権藤さんの一言一言には、重みがあるよ。


豪華メンバーである。
元WBC優勝メンバーである。

絵になるねえ。
楽しみだねえ。


選手寿命をこんなに伸ばしたのは、
イチローや、
サッカーのキングカズの功績であり、実績である。
ストレッチや筋トレなどのスポーツ科学の重責である。

アスリートの寿命が延びてきた。


左腕刀根も見に来た、
菅野も見にきた、ーリスペクトの眼である。

超一流の仕草には、見ているだけで、こちらが上手になる、学ぶものがある。




2019/02/27

現代のヒットラーのトランプ




世界中が、
この (現代のヒットラーという)トランプという裸の王様にふりまわされている。


このトランプを、ノーベル平和賞に推薦しているのが安倍晋三首相である。
実は、、安倍晋三の真の目的は、
トランプからのお返しで、自分自身がノーベル平和賞をもらうことをねらっている。かの先輩の佐藤栄作以来の栄誉と名誉が目的なのである。


中国はいつでも漁夫の利を狙い、
ロシアもおこぼれを預かり、最強逆転と二頭目の秋田犬をねらっている。

北朝鮮という格好の餌をみんながいいように、利用し、
自国ファースト
をねらっている。

今や、
冷戦の中の、だまった戦争中である。
第三次世界大戦はー実は進行中である。

色々なプログラムが、もうすでにコンピューターやAIに組み込まれている。


2019/02/27

大谷翔平には焦らせないようにしましょう




復帰は、焦らなくても、、五月でいいんじゃ。
焦っているのは、大谷翔平ではなく、
ファンの人々と、大谷便乗商法企業と、マスコミですね。

じっくりと待ちましょう。


鯉のぼりの季節です、、
日本は十連休です、、

わくわくどきどきです。


大谷翔平の課題は、
チームに迷惑をかけているという認識から放れることことと、
食生活と、
筋トレ体幹と、
嫁取りと、
英会話、

です。


🔶復帰を、あせらせることは、
引いては、投球復帰にも影響して、すべてが遅延することになります。

ボチボチで行きましょう。