FC2ブログ
2019/03/31

やっと丸がタイムリー2塁打、最後は9回吉川尚決勝タイムリー2塁打




丸の当たりは、2塁の畠を返す、真芯でとらえた大きな右中間フェンス直撃(東京ドームなら、軽くホームランでした。4/2火曜日の伝統の巨人阪神戦に御願いします。)の初タイムリー2塁打で、
3ー2と勝ち越した、

が、

8回に、
粘りのさすがの広島に、3ー3と同点に追いつかれた。

降り出しに戻り、
勝負は、9回になり、広島は実績のある守護神の中崎が出てきた。
ビヤヌエバが、サードファンブルエラー出塁、
小林バント失敗、捕手悪送球でエラー出塁、
(広島において、2連続エラー出塁などとは、これまで無かったことだ。広島の連続ミスはありえない。
長野ヒットのあとのダブルプレイも、広島にしては珍しい。
巨人が勝てたことは広島のミスが原因と言っても、過言ではない。)

亀井セーフティバント失敗、1アウトで送れず。
1死2塁1塁で、吉川の決勝2塁打タイムリーで、2点リード。
巨人5ー3広島

坂本三遊間抜いて、1点追加。
巨人6ー3広島

やっと、勝った、

何年振りか、広島スタジアムにおいて、2勝1敗勝ち越したのは?

最後の吉川尚の決勝タイムリーは、左打者独特の切れていく当たり、広島レフト長野の頭を越す劇的な伸び方だった。
長野は、味方に誤っていたが、どんな外野手でも、頭上を抜かれていた。

何とか、
救援陣で逃げ切れたが、坂本、丸、岡本に本来の鋭い当たりがなく、他の選手も波が荒く、巨人には不安材料だらけだ。バント失敗も目立つ。

リリーフ陣の中川は、
フォーム改造で、左腕の横から遅れてきて、球持ちがよく、独特な球質になったことが、儲けものであり、

巨人勝ち越しの勝因は、畠の好投だ。


まだまだ、
ひと回りの3試合✖️5チーム=15試合経ないと、何も判断はできないと言えるが、
1試合1試合の積み重ねが重要なことに違いない。
2019/03/30

サイン盗みは、全校やっているんじゃないですか⁉️





高校野球における、サイン盗みの反則性


①サイン盗みは大なり小なり、各校実施していたのは、伝わってきた。


②背景は、「勝つ為なら手段を選ばず」が横行していたのだなあと思える。


③以前から、特に少年野球の中で、野次怒号(バッターへの悪口雑言、傷つける言葉を言って、動揺させ、打撃を失敗に導く)をメチャクチャに言っていた。
子どもが言うということは、それらの指導者が言わせていた。



ーーー

🔶高野連は、逃げないで、うやむやにしないで、表向きに明確にしてほしいなと思う。

特に学校スポーツにおける高校野球は、教育なのか、単なる手段なのか。

あらためて、勝つための手段は、何をしても良いのか。
2019/03/30

ゲレーロは、上出来だ。



丸において、
まだ、ヒットは出ないが、左腕床田から、ボールを見極めて、四球を2個えらんだ。
バットをピクリともせず、
見送った。昨日でも、実はその選球眼のシーンはあったが、
球審は、広島びいきであった。

それが、2個とも、点にからんだ。丸の大きな武器のひとつに、四球リーグ最多ー選球眼がある。
四球の場合は、守備陣や首脳陣がイライラするので、、、
時には、
ヒットよりも毒気効果がある。

めずらしく、、

ゲレーロ2点タイムリーを2発。
ホームラン打たなくてもいいから、タイムリー打ってくれればいい。
(実は、好調の背景に、ゲレーロファミリーが応援に広島に来ているらしい、
というニュースが入ってきた。いいことだ、好調を続けてほしい。)

巨人4ー1広島

7回表
丸2、チャンスありで、レフトに大きなフライがあったが、ヒットにならず、
初安打はならなかった。

巨人投手陣の課題は、
中継ぎ、抑えがの実力不足である。

7回うら
巨人は、吉川光夫をたてたが、野間にフェンス直撃3塁打を打たれた。
内野ゴロの間に、簡単に1点とられた。
巨人4ー2広島の2点差。

そして、次の代打にも打たれて、カリブの怪物バティスタを迎えた。

巨人は、後半弱いし、逆に広島は後半も前半も強い。
相も変わらず、
不安クラブ(ファン倶楽部)である。なんかこう、スカッとしたいなあ。
2019/03/30

恐るべし、西川龍馬。見渡す限り真っ赤な広島スタジアム




巨人ー広島 第2回戦

1回表
吉川尚ー左に打って、3塁線を抜いた。
2塁打と思ったら、吉川は1塁で、なんと止まっていた。

レフトの西川龍馬が、早くカバーして、送球を内野に戻していた。凄い。吉川の打球をあらかじめ
予測していた。まるで内野手のような守備位置修正の西川だ。
恐るべき外野手だ。

次の坂本がらしくない併殺打を打たされ、ツーアウト。

丸も、三振2とられ、3人で終わった。
広島の床田という若い左腕も、おそるべし。ベテランのようなピッチングを展開している。

1回ウラ

吉川が珍しいエラーをした。
投手のヤングマンも落ち着かない。


独特なムードになる見渡す限り真っ赤な広島スタジアムに、広島ナインはのびのびして、巨人ナインは浮き足立っている。
完全アウエイである。
東京ドームは、オレンジ一色には、なりえない。

今日も、、巨人は広島に勝てないのか。

2019/03/30

なめてんのかー中田翔バット一閃 開幕サヨナラ満塁ホームラン、なぜ2連続申告敬遠か考えよう



オリックス対日本ハム

オリックスのリードで始まったが、3ー3に追いついて、
10回ウラになっていた。
投手は岩本輝ー右投げ

9番打者ー中島卓也2塁打、
1番打者ー浅間犠打で送る、ランナー3塁、
2番打者ー西川遥輝、申告敬遠
3番打者ー近藤健介、2安打を打っていたし、前打席、初球を2点タイムリーを打たれていたし、日ハムの全3打点をあげていた実績だったからか、中田翔がノーヒットだったことが原因か、
連続申告敬遠で、満塁策をとった。
(恐らくは、別になめている訳ではない、数字上のデータからすると、どこの球団の監督も 近藤敬遠策で、中田翔勝負の策をとったであろうと思われる。
この場合、中田のような派手なホームランが怖いのではなく、打率のいい近藤のシングルタイムリーのサヨナラ1点の方角
がこわいのであって、1点でいいのである。)

4番打者ー中田翔 、

さあ、
元々
侍ジャパンの4番打者をはっていた男、プライドの塊ー
「なめてんのか。」
とエキサイトした
中田翔、燃えないはずはない

5球目のど真ん中ストレート147キロを、
バット一閃。失投ではないのか
北海道ドームスタジアムに叩き込んだ‼️

開幕サヨナラ満塁ホームラン

オリックス3ー7日本ハム

昔の昭和のような豪快な映画の結末だった。
がしかし、
中田翔くんの場合、満塁ホームランで、喜ばず、貴景勝の口上ではないが、
「勝って驕らず、負けてくさらず」であり、
大事なことは、なぜに、2連続申告敬遠されたのかを、とくと自己反省してほしい。
そして、あらためて、感謝と思いやりを常に持ってほしい。


そうでないと、今一度、伸びて行かない。
2019/03/29

負けました、丸4三振、合澤の悪魔的なリード




希望的観測、期待を越えて、、

やはり、
巨人は、広島に弱いのか。


菅野と大瀬良は、対等に投げているように見えた、


が、っしかし、

菅野は力んで投げていた。
その力みの分、高めの失投を、野間にソロホームランを打たれた。

大瀬良は、、、2段モーションを習得して、ゆったりとマイペースで投げていた。
その2段モーションに対して、巨人打線は、、
吉川尚以外は合っていなかった。

特に、、丸は、4打席連続4三振、
大瀬良は、、絶妙だったが、合澤のリードが悪魔的に凄かった。

丸の特長分析した結果だろうーー球審のジャッジも味方につけていた。
でも、
丸自身は頷きながら、大城捕手にアドバイスをもとめていたので、
次の機会はどうにかしてくれるだろう。


投手戦の1点差でいって、最後は5点差になっていた。
それにしても、宮國は守備が下手やねえ、吉川がファインプレイして捕った球を捕球できないとは、
何年たっても役に立たない投手だ。
勝負の分かれ目はここだった。
広島には、ミスしたとたん、食い付かれてしまう。


広島野球の底力をみた。
明日は、どうであろう。

2019/03/29

稀代の天才ラガーマン 平尾誠二は、映画俳優みたいだった




ワールドカップラグビー日本を、


天国から見守っているよ、、、、
2019/03/29

坂本勇人,、牽引の船出



巨人菅野ー広島大瀬良のエース対決

1回表
吉川尚ーいきなり、初球を引っ張り、2塁打。3盗をうかがい、大瀬良をゆさぶる。
坂本勇人ーライトへ先制2ランホームラン。今年は右にも打てるのよ。内角球は元々、強い。
巨人2ー0広島

4回表
丸佳浩ー素直にセンター前ヒット。
岡本和真ー大瀬良は、初球を内角球びびって、外から入った、それを読んでいて、岡本ハードヒット、右中間に2ランホームラン。
巨人4ー0広島


4回うら
鈴木反撃のソロホームラン。
巨人4ー1広島


7回表
丸佳浩ー右に、引っ張りソロホームラン。広島ファン礼儀正しく、拍手で迎える。余裕だ。
巨人5ー1広島。

8回うら
菊池ー引っ張って3塁打撃。
移籍してきた代打長野、右に流し打ってライトホームラン。チャンスに強い。当然、丸の時より、やんやの大喝采。広島追い上げムード。
巨人5ー3広島
2点差、面白くなってきた。

9回表
陽岱鋼ーバックスクリーン横に叩き込む。
巨人6ー3広島


9回うら
大江ー先頭打者に四球与えて叱られる、
クックに交代、クックがおさえて、勝つ。

お立ち台
ー坂本勇人。
2019/03/28

新「砂の器」を観てみた、、。




新作「砂の器」
を観てみた。

キャスト(2019年版)
編集
今西 栄太郎:東山紀之(警視庁捜査一課刑事)
和賀 英良:中島健人(天才作曲家)
本浦 千代吉:柄本明(本浦秀夫の父)
成瀬 梨絵子:土屋太鳳(バーテンダー、和賀の愛人)[21]
田所 佐知子:桜井日奈子(和賀の婚約者)
吉村 弘:野村周平(渋谷西警察署の若手刑事)
早坂 琴美:黒木瞳(和賀が所属するマネジメント会社社長)
三木 謙一:高嶋政伸(児童養護施設の職員)
岡本 多恵:泉ピン子(児童養護施設の元職員)
田所 重喜:北大路欣也(文部科学大臣、田所佐知子の父)


スタッフ(2019年版)
編集
脚本:小峯裕之
演出:河毛俊作
プロデューサー:後藤博幸(フジテレビ)、荒井俊雄(フジテレビ)
制作著作:フジテレビ



名作なのだろうが、現代風に、脚本が変えられていた。

まあ、仕方がないだろう。


🔶原作では、
天才ピアニストがー我の出自をかくすために殺人をおかしてしまう動機付けを、
ハンセン病にしていた。

今回は、主人公の家族の兄が、幼女連続殺人事件をしていた、それに伴う迫害に対して、自己防衛的に父が殺人をおこしてしまうという過去をかくすためだった。

元犯罪者やその家族にたいしては、
半永久的に、差別と偏見がつきまとう。

どんなに綺麗事を言っても、現在も現実にある。

社会的にも法律的にも、、救うものがないと、差別と偏見は、、続いていく。
それらを、
解決していこうとする政治的な努力が、、確実に足りない。

2019/03/28

熊本西全力の闘い、、、、





熊本西、よく、2点も獲った。



21世紀枠が、、智弁和歌山高校とぶち当たる。

十両以下が、横綱級に勝負を挑むようなものだ、


選出前に、
事故で、球友がなくなった。
学校関係者も保護者も必死だっただろう。


エースでキャプテンで四番打者の選手も意地と誇りをかけて挑んだ。


負けて大泣きすることもある。


青春の1ページの紙片には、
そういうことがある。


幸せ者だ。

🔶ーーーーーーーーー

今大会、ナンバーワンと言われる
星稜高校の、奥川は、
1試合目ー17三振ー勝ち
2試合目ー10三振ー負け


一喜一憂すな、、、
肩を壊さずに済んだとすれば良い、君には、甲子園より先に大きな空が広がっている。


しかしながら、
星稜高校の奥川が、

習志野高校のサイン盗みの疑いで、負けたのなら、
悔やんでも悔やみきれないだろう。

当時の四人の審判団も、
審判協会も、
高野連も、

いつも曖昧な判断しか示さず、
いつも、明確な判断ができない。

結果、、、
卑怯なチームが勝ち進むことが、 まかりとおっている。



どうして、いつもこんなんなのだろう。

習志野高校に、明確な答弁をしてもらいたい。