FC2ブログ
2019/04/04

平成最後のそんたく、しらばっくれ




蓮舫議員いわく、、

[そんたくというより、利益誘導、
税金は、ぜんぶ、自由民主党が、使っていいものだ。]

というおごりなのだ。


塚本国土交通省副大臣は、

そんたくをした。
といった。

興奮したから、いった。

辞任はしないー説明責任をはたすから。


🔶ーーーーーーーーー
平成最後の、、、そんたくばれて、、、、興奮したので




もう、まったくこの安部の政権は、この繰り返しばかりだ。

よく、こんな自由民主党に、投票ずるひとがいるなあ。
2019/04/04

やっと出た‼️キャプテン坂本勇人3ランホームラン




ルーキー高橋優貴の初船出を祝うように、、

1回ウラ
岡本和真左中間2ランホームラン

4回ウラ
坂本勇人左中間3ランホームラン


5回ウラ
岡本和真右中間ソロホームラン

亀井義行ライトスタンドソロホームラン

巨人8ー1阪神

ホームランが花火のように乱れ撃つのは、
良い事なのだが、

昔から言われている「巨人軍はホームランだけでしか得点が取れないという課題」
は残るのだ。


丸佳浩選手は、逆に、今日は、
3三振とブレーキだった。
まあ、そういう日もあるのかも。


6回ウラ
満塁になって、亀井内野ゴロで、追加1点。

巨人9ー1阪神

6回終了で、
ルーキー高橋優貴の出番は終わった、投球は良かったが、
バントで進塁の攻めは、下手だった。普通なら、罰金ものだ。

巨人の中継ぎは、大きな課題ありだが、先ず桜井はどうだろう。


8回ウラ
坂本ーセンターオーバーの2塁打。
丸佳浩ーショートボテボテ、丸、打った瞬間猛然と疾走、丸は足が速い。ショート投げられずに内野安打。
(この1本は大きい。)
岡本ー四球で、満塁
亀井ーフライアウト。1死。
中島ー押し出し四球で、1点追加。
田中俊太ー三振。2死。
大城ー内野フライ。チェンジ

巨人10ー1阪神

9回表
巨人の抑えはー大江左腕。
いきなり糸井初球を1塁線2塁打。
大山センターに抜けそうな当たりを坂本廻り込んで華麗なるスローでアウト。
中谷サードゴロ、中島とって、スロー、岡本こぼすエラー。芝生張替えのせいですか⁉️
エラー多いですよ。
糸原ー三振、2死。
北条ーピーゴロ、ゲームセット

巨人10ー1阪神

ベンチで、高橋優貴に、後藤コーチから、バントの指導あり。

🔶
高橋優貴ー初先発初勝利おめでとう、若いけど頼もしい先発が、一人誕生した。

高橋は、
ウインニングボールを、手にしながら、

「22年間、育てて下さった両親に、プレゼントしたいと思います。」

と、自分の親に、尊敬語を使う(ゆとりか?)世代のミスをしでかした。
他の企業なら、面接不合格だろう。
喋り方も、小学生が上だろう。


🔶
バントとコメントと、肝心な投球術を練習しておこう。
2019/04/04

丸は佐々木小次郎か‼️燕返し





燕(ツバメ)返しの業だった。

ツバメ返しというのは、佐々木小次郎がつかったとされる剣術、
一旦、上から下方向に斬った刀を返して、上方に切り上げる業である。

低く水平に飛んできた燕を斬る至難のわざとされる。

昨夜、
ー3回ウラ、丸は、ワンボールツーストライクと、追い込まれていた。
阪神青柳が、
投げたボールは低く、落ち気味にきた、見逃せば明らかなボールロー、

「追い込まれていたから」と語る丸は、
ダウンスイングで、明確にボールを捉えたあと、
スイングの段階で、右に高く切り上げて、フォロースルーを大きく描いた、
その時に、
自然に、右片手一本になった、
振り終わったら、確信したように、バットを放り投げ、ゆっくりと走り出した。
右中間へのホームランの確信があった。

原辰徳監督は、「低い、弾丸ライナー。」と呟き、感心した。

ボールは、右中間スタンド中段まで飛んだ、先制3ランだった。
2試合連続ホームランだった。


あっぱれ、燕返し2号‼️

あんな低い球をホームランにされるなら、、
投げる球はもう無い。


直後に、4番打者岡本和真が、
初球ソロホームラン開幕1号を、バックスクリーン右に叩き込んだ。
2019/04/04

巨人軍ドラ1ルーキー高橋優貴左腕の船出




オオワシのように、
大きく両手を広げて、沈み込み、大胸筋、全身で、
真っ向から投げ込む、
球持ちがよく、左腕がしなって遅れてくる。

ーー
今日の先発は、
巨人軍 2018年度ドラフト1位、ルーキー高橋優貴
オープン戦2試合登板、防御率2.79

良いところは、
度胸あり、速球あり、キレあり、決め球あり、前向き、積極的

今日は打たれても良いから、ズバズバといって欲しい。


🔶ーーーーーーーーーーーーーーー

髙橋 優貴(タカハシ ユウキ)背番号 12投手


生年月日(満年齢) 1997年2月1日(22歳) 出身地 茨城
身長/体重(血液型) 178cm/82kg(B型) 投打 左投げ左打ち
ドラフト年(順位) 2018年(1位) プロ通算年 1年

経歴 東海大菅生高-八戸学院大-巨人

主な獲得タイトル -
最速152キロのストレートを誇るドラフト1位左腕。
八戸学院大では通算301奪三振をマークし、多和田(現西武)の持つリーグ記録を更新した。
1年目から先発ローテーションに入り、新人王のタイトルを目指す。