FC2ブログ
2019/05/08

菅野も立ち上がりは不安定なのか? 巨人の奇跡の大逆転試合。1-5から8-5。





初回、、、
菅野から、3点もぎとった横浜。



🔶1回表ー巨人
山本ーセカンドゴロ
坂本ー空振り三振
センターへのヒット、ランナー1塁。
誘い出されて、走る、リクエストでセーフになる。
岡本ーライトフライ。岡本の迫力不足で、淡白な攻撃に終わる。これが、次の横浜打線を勢いづかせる。

1回ウラー横浜
神里ーレフト左に打つ。亀井そらして、3塁打にしてしまう。
宮崎ー初球を右に、1,2塁間抜く、タイムリーで1点。
ソトーセンターフライ。
筒香ーレフトフライ、
ロペスー2球目ど真ん中ストレート147キロを、軽く、レフトへの風にのせて運ぶ。2ランホームラン、菅野の被本塁打9本ーワースト1位。
巨人0ー3横浜
佐野ーライトへのヒット。
大和ーセカンドフライ。


🔶2回表ー巨人
亀井ーセンターオーバーの2塁打。
陽岱鋼ーセンターフライ。
マルティネスーサード後方にポテンヒットで、1点。
巨人1ー3横浜

🔶今日の菅野の調子はあまりよろしくない。
解説の槇原氏によると、身体が重そうに見える。こういう時に助けてあげるのは、打撃陣であり、クリンアップであり、一つの大きな守備力である。明るい選手が居ないか、元木コーチでも良い、宮本コーチでも良い。

🔶菅野智之の、バントが下手である、小林を送れなかった。
山本が繋いだが、今夜は、坂本がブレーキ。横浜のルーキー投手yhの大貫が堪えている。耐えている。
このまま、2点差で行きそう、最後は山崎という本物のクローザーがいるから。

🔵5回ウラー横浜
筒香ーサードの左抜くタイムリー、追加点
巨人1ー4横浜。


🔶6回表ー巨人
丸ーライトせんに痛烈な2塁打。
岡本ーセンター前にヒット。なぜか、本塁に帰れず。
亀井ー情けない三振。
陽岱鋼ーサードゴロで、ランナー丸アウト、岡本もどんくさな動きで、足おそく挟まれてアウト、ダブルプレー。岡本は走り込みしていないことがよくわかる。

🔵6回ウラー横浜
貴重な追加点。大きな1点が入る。
巨人1ー5横浜。


🔶6日(月曜日)の巨人の大量点はなんだったのか。
🔶今日は、負けだな、菅野でまた負けた。

ーーーーーーーーーーーーーー
🔶7回表ー巨人
(横浜投手は、三嶋
①マルティネスー空振り三振。
②小林→田中俊太、四球。ランナー1塁。
③菅野→大城、空振り三振、この辺で、2死。ほとんど絶望状態。このあと、大逆転のドラマがあるとは誰も思っていないだろう。
④山本8球目に四球を選ぶ。ランナー2塁1塁。
⑤坂本勇人ー2死から、ライトへのタイムリーヒット。連続出塁記録は切れそうだったがなんとか繋がった。あの王貞治さんと並んだ。
巨人2ー5横浜。

⑥丸ー四球えらんで満塁。
投手交代、国吉(槇原氏曰く、四球の心配があるから。出すなら一つ前だった。)
⑦岡本ーストレートの四球、岡本は打つ気なし、押し出し1点。
巨人3ー5横浜。

⑧亀井ー左中間に大きな当たり走者一掃で、追加3点逆転タイムリー2塁打で、大逆転。
巨人6ー5横浜。
菅野が、負け投手から、勝ち投手の権利獲得になって来た。
⑨陽→阿部ー四球。ランナー2塁1塁。

10重信ー2-2から、右中間へ2点タイムリー3ベースで、追加点2点。飛距離が伸びて来た、相当、走り込みや筋トレの練習している成果が見える。下半身が太く逞しくなって来た。
(ソフトバンクの今宮は、下半身を鍛えて来て、スイングのインパクトの瞬間、後ろの右太腿を左にぶつける用にしてすることで飛距離が伸びた。)オリックスの吉田もそうだが、チビッコが、長距離打者になる時代がやって来た。
巨人8ー5横浜。

11田中→中島、空振り三振、やっとチェンジ。4点差だったが、一挙7点というビッグイニングになった。


🔶私は、完全に、諦めていた。
巨人は、ほとんど負けていた試合をひっくり返した。
お立ち台は、亀井かな。1回のミスを見事に取り返した。


🔶救援陣は、田口、アダメス、クローザーを中川がシメタ。

こんな、
逆転勝ちは、三年に一度も無いのだろう。


菅野には、ホームランの反省をして、今後は、普通の勝ち方をしてほしい。


🔵いつも思うが、
横浜のラミレス監督は、負け試合でも、丁寧にコメントを出している。
いつも穏やかである、ナイスガイの紳士である。こういう人がスポーツ界のお手本である。
巨人ヤクルト時代は、ホームラン打ったあと、ギャグをいつ目示してくれた。サービス精神なのだが、監督になっても、変わらない。これは、中畑監督、長嶋監督から受け継いでいるのである。ー
2019/05/08

大谷翔平、、復帰おめでとうおめでとう㊗️🎉




復帰戦
エンゼルスータイガース


相手の投手は左。


第1打席
ー見送り三振
m

第2打席
ー内野ゴロで、ランナー生還して、打点1。


第3打席
ー空振り三振。


🔴
①よくいう試合勘が戻っていないような感じ。
②振り遅れている、特に高め。これまでこんな振り遅れのスイングは無かった、実際の試合のボールと、打撃練習のスイングは、同じ150キロでも違う、試合での他の多くの条件がからんだ場合、違ってきて、結果振り遅れてくるーこれが試合勘を取り戻すということ。
③ヘルメットがよく落ちた、重心が下がっている変化と、フェイスガードに対する不慣れから、重心の位置が定まっていない、
④内野ゴロで、打点がとれたことを、良しとして、自分を自分で褒めたい。
⑤左投手から、主にスライダーを立て続けに投げられた、経験値としていい。
⑥味方エンゼルスの先発は、ルーキーの右投手だが、好投して、エンゼルスが押し気味に試合を展開できたのは、とても、良かったことだった。だから、内野ゴロで打点をとれた。

●6回ウラになって、エンゼルス先発のキャニングが、連打を打たれて、2点取られて、
エンゼルス4ー2になった。
投手交代になった。キャニング→バード。
メジャーの試合は、前半、大量点で離されていても、後半から終盤、大逆転がよくありうる。
この試合も、だから、わからなくなってきた。

⑦願わくば、大谷翔平に、翔タイムが起きることだ。
一本でもヒットがあってきっかけをつくるキッカケになれば良い。


7回表ーエンゼルス
(相手投手が、左から右投手ヒメネスに交代)
フレッチャーー1死。
トラウトーレフトの左にライナーのヒットで2塁打。でチャンスメイク。

🔴大谷翔平ー
右投手で、スイングが変わって来た、やはり右投手が対処しやすいように見える、ヒットの予感、
サードの左にライナー痛烈、好守備に阻まれる、惜しい。抜けていたら、打点1で2塁打は間違い無かった。もう少し腰が入っていれば、サードの頭上を突き抜け、ホームランもいけたかも、まだ手探りの手打ちのコントロールが否めない。当てにいっていて、振り切っていない。
これが、試合勘所である。まあ、焦りまい。

解説の岩村氏が、「この打席で、体の開きが早くなるのが、止まっていました、この当たりが、良い結果に繋がる。」と言っていた。
シモンズー先程もショート後方のフライを後ろ向きに美技した。守備の名手、実はオランダ代表、ー内野フライで3死。チェンジ。

9回表ーエンゼルス
(再び左腕投手)
トラウトー四球をなんとか選んで大谷にまわす。
大谷しょうへいーなんとか選んで四球。
シモンズー三遊間抜く。俊足トラウト2塁から果敢に走っていく
、生還。これで3点差。
エンゼルス5ー2タイガース

3点差を守って勝てるか。

なんとか逃げ切った。ゲームセット

復帰の試合は、
大谷はノーヒットだが、打点1。
四球1、ヒット性の惜しい当たり1。

まあ、よしよし。
2019/05/08

村田再生工場ーー男村田打撃コーチのプロフェッショナルな仕事




村田再生工場ーー

2軍に落ちてきた外国人助っ人の、
ビヤヌエバとゲレーロに対して、


村田2軍打撃コーチが、面倒見始めた、

ビデオで、「相手の投手の直球に刺されている(押されている)感じ、、

逆に、相手投手が直球を投げた場合、怖いなあと思わせないといけない。・」

と、
元ホームラン王2回の、実績から、分析している、


これまで、
2軍から、山本、増田、重信を1軍に送り出している実績から、、、
自信を込めて、対応してくれる。